吉田山田が人気ブロガーてんちむと対談、才能見抜く / 2010年06月18日(金)
 男性デュオの吉田山田が、人気ブロガー「てんちむ」と対談を行った。その様子は携帯用に設けられた特設サイト内で配信されている。

 吉田山田は、吉田結威さんと山田義孝さんそれぞれの苗字を活動名としている男性デュオ。TBS系テレビ「王様のブランチ」の生出演がきっかけとなり、10代の中高生を中心に支持率が上昇。セカンドシングル「ツボミ」の着うたは、レコチョクランキングで最高4位を記録している。また、山田さんの「スカート男子」を代表するような奇抜なファッションにも注目が集まっている。

 今回の企画はTBS系テレビ「笑撃!ワンフレーズ」の7月・8月度エンディングテーマで6月30日発売のシングル「夏のペダル」を記念して実施されたもの。同曲のタイトルに合わせて「夏」をテーマに対談はスタート。互いに初対面であるにもかかわらず、終始爆笑あり、ハイタッチありと大盛り上がり。吉田さんは、てんちむに「歌詞を書く素質も絶対にあると思う」と述べるなど、才能を見抜いた様子だった。

【6月17日21時46分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000090-scn-ent
 
   
Posted at 03:04/ この記事のURL
裸眼で3D体験、ニンテンドー3DS を米国で公開 / 2010年06月18日(金)
任天堂は、専用のメガネ無しで3D映像のゲームができ、ニンテンドー「DS」シリーズの後継機となる新ゲーム機『ニンテンドー3DS』を、米国ロサンゼルスで開催中の世界最大のビデオゲーム展示会「E3ショー」で初公開した。

画像4枚:ニンテンドー3DSとE3会場の様子

ニンテンドー3DSを一般に公開したのは初めて。3DSは、裸眼で3D映像を体験できる。また、ニンテンドーDSシリーズから採用したタッチスクリーンやマイク入力に加え、アナログ入力可能なスライドパッド、モーションセンサー、ジャイロセンサー、カメラによる画像認識などを組み合わせた。通信機能も強化、スリープ中に他のニンテンドー3DSやWi-Fiアクセスポイントと自動で通信し、同時に複数のゲームの「すれちがい通信」を可能にする。

3DSは、2011年3月末までに世界の主要市場で発売する予定を公表している。発売日と価格は、販売各地域で後日公表される。

《レスポンス 編集部》

【6月16日19時6分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000030-rps-game
 
   
Posted at 03:02/ この記事のURL
スペイン国債に圧力-独国債とのスプレッド2.24ポイントとユーロ導入以来最大 / 2010年06月18日(金)
 多額の財政赤字を抱えるスペインが支援を受けるとの報道で金融市場の緊張が高まった。17日に行われる最大35億ユーロの同国長期国債入札を前に懸念す べき展開となった。

 国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)、それに米財務省が2500億ユーロのスペイン向け流動性供与の準備をしている、とのスペイン紙エル・エコノミスタの報道で、16日のスペイン国債のドイツ国債に対する利回りスプレッドはユーロ導入以来最大に拡がった。

 スペインの政府、銀行、企業はここ数週間、2けた台の財政赤字と20%の失業率、長期の景気低迷に投資家のいら立ちが強まる中で、資金調達にますます困難を来している。

 国債の利回りスプレッドの上昇は総額25億~35億ユーロ、満期2020年4月と41年7月の国債の発行を計画しているスペインにとって幸先が良くない。この国債入札は、7月の160億ユーロの国債償還を前にした重要な試金石となる。

 スペイン国債の利回りは前日の4.78%から4.89%に上昇。ドイツ国債に対する利回りスプレッドは0.14ポイント拡大し2.24ポイントとなった。15日に上伸していたユーロの為替レートは反落、IBEX35株価指数は9665.3と、0.8%下げた。

 ロンドンのコメルツバンクのストラテジスト、デービッド・シュノーツ氏は「救済策など最近のニュースが供給増と相まって利回りスプレッドを広げているようだ」とし、一部の投資家はこうした要因から、17日の入札で模様眺めに出るかもしれないと述べた。

 スペイン政府は18日にマドリードでサパテロ首相とストロスカーンIMF専務理事の記者会見が開かれると発表した。政府当局者は、同専務理事のマドリード訪問は経済に関する全般的な協議のためだと述べ、何らかの金融支援パッケージを検討中だとの報道を否定した。

「欧州ソブリン危機」の6月17日10時38分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000011-wsj-bus_all
 
   
Posted at 03:01/ この記事のURL
ルノー カングービポップ 日本公開…使い方は直感で / 2010年06月18日(金)
ルノージャポンは17日、ルノー『カングービボップ』を報道関係者に公開し、導入概要を発表した。

[関連写真]

カングービボップは2007年の東京モーターショーに出品された『カングーコンパクトコンセプト』をベースに開発されたもので、概要、現行『カングー』の全長を大幅に短くしたものである。

最大の特徴はリア周りである。まずテールゲートは通常のカングーとは異なる横ヒンジドアとなり、リアウインドウは全て下がってテールゲートに収納されるようになっている。また、ルーフの後ろ3分の1が前方にスライドして広大なオープンエア空間を作り出すスライディングリアグラスルーフが装着されている。後部座席は独立2座で取り外し可能。ルノージャポン広報室の佐藤渉さんは「リアシートを倒すと、カングーの荷室(リアシートは起こした状態)よりも広くなるのです」という。

そして、佐藤さんは「我々がこういう使い方が出来ますよと提案するより、ユーザーが直感で遊んでもらえたら」と話す。

導入スケジュールは7月中旬に正式発表、9月初旬より販売開始。その発表時には限定車も同時に発表し、そのモデルのみ予約受付を行うという。ちなみにカングービボップは、フランス本国以外で購入できるのは日本だけである。

●標準車
1.6リットル/5MT/右ハンドル/EPS(横滑り防止装置)搭載
ボディカラー3色:レッド+シルバー、ホワイト+シルバー、ブラック+シルバー
シートカラー:レッド+ダークブラウンのツートンカラー
●限定車(各色15台)
1.6リットル/5MT/右ハンドル/EPS搭載
ボディカラー2色:オレンジ+シルバー、ホワイト+シルバー
シートカラー:ブルー+オレンジ+ライトグレーの専用色

《レスポンス 内田俊一》

【6月17日21時50分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000038-rps-ind
 
   
Posted at 02:59/ この記事のURL
韓国男性のがん死亡率、OECDで最高水準 / 2010年06月18日(金)
【ソウル17日聯合ニュース】韓国人男性のがん死亡率が依然として世界最高水準であることが分かった。
 保健福祉部は17日、経済協力開発機構(OECD)が隔年で30加盟国を対象に保健医療状況を調査し発表する「OECD Health at a Glance 2009」を韓国語に要約し、発刊した。
 それによると、2007年の期待寿命は79.4歳で、OECD平均の79.1歳より高かった。1960年と比べると、10年以上延びた。
 今後生きられる期間を表す期待余命は65歳の女性が20.5歳で、OECD平均20.2歳を上回ったが、65歳の男性は16.3歳でOECD平均16.9歳に及ばなかった。
 こうした男女の差はがん死亡率とも関係がある。女性のがん死亡率は95人でOECD平均の126人より低いが、男性のがん死亡率はOECD平均212人を大きく上回る242人で、4番目に高い。これは韓国男性の高い喫煙率や飲酒率、健康管理を重視しない風潮、精神的ストレスのためと分析される。
 男性の肺がん死亡率も65人で、OECD平均55人より高く、脳卒中死亡率も男性が97人、女性64人で、OECD平均(男性60人、女性48人)を上回った。韓国人全体のがん死亡率は154人で、OECD平均162人より低かった。
 しかし、交通事故死亡率は人口10万人当たり16.1人で、メキシコ(18人)、ポルドガル(17.4人)に次いで3番目に高かった。OECD平均は9.6人。
 「自殺大国」という汚名は今回の資料でも確認された。人口10万人当たり自殺死亡率は21.5人で、OECD加盟国のうち最高だった。ハンガリーが21人、日本が19人、フィンランドが18人で、OECD平均は11.1人だった。1990年から2006年まで自殺死亡率が172%上昇し、メキシコ(43%)や日本(32%)を大きく上回った。OECD全体では20%下落した。
 一方、韓国人の1人当たりの医療費(2007年基準)は1688ドル(約15万4148円)で、OECD加盟国のうち24番目に低かった。OECD平均は2984ドル。国民総生産(GDP)に占める国民医療費の割合もOECD平均8.9%を大きく下回る6.8%と、OECD加盟国のうち26番目だった。家計消費に占める医療費の割合も10.5%で、OECD平均12.9%より低かった。
 ただ、1997年から2007年までの1人当たり実質医療費増加率は8.7%で、OECD加盟国のうち最も高かった。OECD平均(4.1%)を上回る増加率は、健康保険の財政悪化要因となっている。GDPに占める薬剤費の割合も1.7%で、OECDで9番目に高く、健康保険の財政悪化を招いている。
 このほか、1990年から2007年までの医師の増加率は年平均4.5%で最も高かった。OECD平均は2%。ただ、2007年ベースで人口1000人当たりの医師の数は1.7人で、トルコの1.5人を除くとOECD加盟国のうち最も少ない。OECD平均は3.1人で、依然として適正な数に達していない。
 人口1000人当たりの看護師の数もOECD平均9.6人の半数にも及ばない4.2人にとどまったほか、薬剤師の数もOECD平均76人を下回る65人だった。
 一方、医療設備は世界最高水準だった。人口100万人当たりのMRI(磁気共鳴画像装置)の数は16台でOECD平均11台より多く、コンピューター断層撮影(CT)スキャナーも37.1台で、OECD平均22.8台より多かった。救急患者用の治療用病床も人口1000人当たり7.1床と、日本(8.2床)に次いで2番目に多かった。OECD平均は3.8床だった。
japanese@yna.co.kr 6月17日21時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000031-yonh-kr
 
   
Posted at 02:57/ この記事のURL
ダイヤモンドダイニング、大門にわら焼き居酒屋−新築ビル1棟利用で /東京 / 2010年06月18日(金)
 ダイヤモンドダイニング(港区東新橋1)は6月16日、大門交差点近くのビル1階〜3階に、わら焼き専門の土佐料理居酒屋「わらやき屋 龍馬の塔」(浜松町2、TEL 03-5408-3220)をオープンした。(新橋経済新聞)

 場所は居酒屋「秋田屋」の並びで、地上3階建ての新築ビルを1棟丸ごと使用する。同店は同社が計画を進めている「土佐十景」プロジェクトの第8段。同企画は、同社代表取締役社長の松村厚久さんが高知出身であることから、故郷の活性化も睨んで2008年11月に開始。「3年間で10店舗」を目標に掲げる。

 出店先の浜松町201ビルは、建設段階から同店仕様にカスタマイズされた賃貸物件。ビルのオーナーも四国出身のため意気投合、更地から同店のために新築してくれたという。居抜き物件を利用した展開を行う同社では例のないケースとなった。延床面積は71坪、席数は1階=56席、2階=48席、3階=30席。

 同店の目玉は、オープンキッチン形式で「迫力ある火柱が豪快」(同社広報・重田委久子さん)という1階の焼き場「藁(わら)焼きカウンター」。燃焼温度が800度〜900度になるため、素材のうま味が引き立つという。昨年六本木にオープンした「わらやき屋」が好評のため、今回もわら焼きの焼き場を設けた。

 メニューは、「かつをの藁焼き塩たたき」(1,380円)、「帆立の藁焼き柚子塩バター」(680円)、「烏賊の藁焼き肝醤油で」(680円)、「カマンベールチーズの藁焼きフォンデュ」(750円)などのわら焼きメニューのほか、「四万十海老の唐揚げ」(750円)、「青さ海苔の天婦羅」(580円)、「鰹と酒盗のホクホクコロッケ」(650円)、「酒盗茶漬け」(380円)など、土佐の食材や郷土料理が約100種並ぶ。

 ドリンクメニューは約90種。日本酒は「酔鯨」「四万十川」「土佐鶴」など、高知県内18の蔵元から厳選した地酒を常備(490円〜)。焼酎は高知県産30種(480円〜)。うち土佐焼酎は「ダバダ火振り」(粟/520円)、「竜馬」(麦)、「龍馬」(芋)など6銘柄。「美丈夫ゆず」(600円)、「さっぱり味 文旦のお酒」(600円)など、土佐名物の果実の酒も揃う。

 「場所柄、宴会需要が多く見込まれるので、2階・3階は掘り座敷にし、宴会対応にした。六本木店で人気のわら焼きはやはり好評。チーズでも何でもわら焼きにして出している」と重田さん。

 営業時間は、月曜・火曜=17時〜23時30分、水曜〜金曜=17時〜翌4時、土曜・日曜・祝日=16時〜23時。

【6月18日1時55分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100618-00000002-minkei-l13
 
   
Posted at 02:56/ この記事のURL
VDIの活用でWindows 7へのアップグレードが容易に / 2010年06月18日(金)
 Windows XPのサポート終了が近づく中、多くの企業がWindows 7へのアップグレードを検討している。しかし、Windows XPからWindows 7に移行するのは決して容易なことではない。

 移行ツールがなく、ハードウェア要件が高くなることが、簡単なあるいは迅速な移行を妨げている。さらに、ネットワーク管理者はWindows 7を業務アプリケーションとともに展開し、予算を超過することなくエンドユーザーに良好なパフォーマンスを提供する方法を見いださなければならない。

 このため管理者は、デスクトップOSとアプリケーションをエンドユーザーに提供するさまざまな方法を検討しなければならなくなっている。そうした方法の1つである仮想デスクトップインフラ(VDI)は、「OSをそっくり入れ替える」という発想を超えたOSアップグレードの選択肢を企業のIT部門に提供する。また、VDIはWindows 7へのアップグレードプロセスをスピードアップする可能性がある。これまでアップグレードの障害となっていた問題の多くを解消してくれるからだ。

 VDIでは、幾つかのコンポーネントが協調して動作し、リモートエンドポイントからアクセス可能な仮想PCを作成する。ほとんどの場合、エンドポイントから仮想PCにアクセスするには、シンクライアントアプリケーションあるいは互換性のあるWebブラウザを実行するだけでいい。VDIは本質的に、必要な処理をデータセンター内のサーバでホストされる仮想マシン(VM)に移すからだ。

 最も基本的なVDIは、ハイパーバイザー(VMエンジン)、仮想HDD(VHD)、コネクションブローカ(ユーザーをVMに接続する)、管理コンソールで構成される。TCP/IP上で動作する表示プロトコルを使って、VMからクライアントPCに画面を送信し、クライアントPCから仮想PCにキーストロークを送信することで動作する仕組みだ。つまり、エンドポイントデバイスは、イーサネット接続やインターネットを介して仮想PCと接続する。

 仮想PCをクライアントPCに提供するという考え方は、新しいものではない。マイクロソフトは「ターミナルサービス」で何年も前からこの考え方を実現している。しかし、VDIの方が豊富な機能を提供し、展開しやすく、多くのOSやクライアントデバイスに対応している。さらに、Windows 7をマイクロソフトのVDI製品と組み合わせれば、VDIの展開や利用をより実践的かつ容易なものにする以下のような機能を享受できる。

・Windows Aeroインタフェース
・Windows Media Player 11でのビデオサポート
・マルチディスプレーのサポート
・VoIPのためのマイク/サウンドカードサポート
・ターミナルサービスEasy Print(プリンタドライバをインストールしなくてもローカルプリンタで印刷ができる機能)
・IT部門が仮想デスクトップイメージを操作するための一般的なツール

 セキュリティとパフォーマンスが向上していることを考え合わせると、これらの新しい機能が使えるWindows 7はVDIを実現するための優れた選択肢だ。さらに、マイクロソフトはWindows Server 2008 R2で、仮想化されたWindows 7マシンの展開の効率化と機能性の向上を目的に、さまざまな機能強化を行っている。

 例えば、Windows Server 2008 R2には、強化されたVirtual Desktop Integration技術が搭載された。この技術は、ターミナルサービスの機能を拡張し、特定のビジネスプログラムをリモートデスクトップに提供する。この技術により、リモートデスクトップサービス(RDS)がコンピュータに送信するプログラムは、ローカルにインストールされたプログラムと並んで、[スタート]メニューに表示されるようになった。このアプローチは、仮想化されたデスクトップやアプリケーションの使い勝手を向上させる。

 また、Windows Server 2008 R2ではデスクトップの仮想化において、高度なパーソナライズ管理や、Windows 7での仮想デスクトップとアプリケーションのほとんど見分けがつかないほど自然な統合、オーディオおよびグラフィックスの優れたパフォーマンス、アップデートされた画期的なWebアクセス機能などの恩恵を受けられる。さらに、Virtual Desktop Integrationにより、仮想リソースの効率的な活用や、ローカルの周辺機器との優れた統合が可能になるほか、新しい強力な仮想化管理機能が提供される。

 Virtual Desktop Integrationを利用してWindows 7を展開することで、以下のようなメリットが得られる。

・デスクトップハードウェア費用の削減
・OSとソフトウェアの展開に関連するコストの削減
・OSの迅速な展開
・仮想PCの一元的な集中管理
・高価な物理PC管理アプリケーションの排除
・サポートの向上(とヘルプデスクへの問い合わせの減少)
・セキュリティの向上
・PCのバックアップとリカバリの改善(VHDは簡単にバックアップできる)
・モバイルワーカーのサポート向上
・サーバ、PC、データセンターハードウェアの統合

 しかし、この技術には企業が考慮する必要のある以下のような幾つかのデメリットがある。

・パフォーマンスがネットワークの遅延やスループットに左右される
・データセンターでハードウェアやサーバの追加が必要になる
・管理が複雑化する
・ライセンスコストが掛かる
・新しい展開手順が必要になる

 メリットがデメリットを上回りそうだが、これらの問題は多大なコストを伴う可能性があり、管理者はVDIの展開を計画する前に、こうしたコストを慎重に検討しなければならない。

 企業環境でWindows XPからWindows 7に円滑に移行することは可能だ。VDIは、移行の障害の解消と生産性を向上させる新技術の導入に役立つ。 6月17日0時59分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000002-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 02:53/ この記事のURL
タフネスデジカメ「Optio W90」に新色「シャイニーオレンジ」 / 2010年06月18日(金)
 ペンタックスは6月17日、防水性能を備えたデジタルカメラ「Optio W90」のカラーバリエーションモデル「シャイニーオレンジ」を追加、7月8日より販売開始すると発表した。

 3月に発表されたOptio W90のカラーバリエーションモデルで、フロントカバーがアウトドアグッズの定番色であるオレンジ(シャイニーオレンジ)となっている。フロントカバーはヘアライン加工が施されたアルミ合金製で、さまざまなアウトドアグッズとのコーディネートも楽しめる。

 Optio W90は防水/防じん/耐衝撃/耐低温のタフネス性能を備えた製品で、IPX8(JIS保護等級8)相当の防水性を備え、水深6メートルで連続2時間の水中撮影が行える。そのほか、1センチまで接近できるマクロ撮影機能とデジタルズームを複合させた「デジタル顕微鏡」などユニークな機能も搭載している。

 撮像素子は1/2.3型 1210万画素CCDで、35ミリ換算28〜140ミリの光学5倍ズームレンズを搭載する。Eye-Fi連動機能も備えている。パッケージにはアウトドアでの携帯に便利なカラビナストラップも同梱される。

(デジカメプラス)

【6月17日16時20分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000041-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 02:52/ この記事のURL
【CommunicAsia2010 Vol.1】ソニー・エリクソンが「Xperia X8」発表!日本市場も意識!? / 2010年06月18日(金)
 ソニー・エリクソン(Sony Ericsson)は16日(現地時間)、Androidスマートフォンの新機種「Xperia X8」を発表した。シンガポールで現在開催中の見本市「CommunicAsia2010」に合わせて同市内で報道関係者向けに発表会を実施し、会場では実際に動作する試作機を展示した。今年第3四半期に発売する予定だが、日本での発売は未定。

その他、シンガポールの会場で撮影した13枚の写真

 日本で「Xperia」として販売されている「Xperia X10」と、今年2月にバルセロナで発表された「Xperia X10 mini」の間に位置づけられるミドルサイズのAndroidスマートフォン。X10が4インチフルワイドVGA(480×854)、X10 miniが約2.5インチQVGA(240×320)のディスプレイを搭載するのに対し、X8の画面は3インチハーフVGA(320×480)となっている。静電容量式タッチパネルで、画面下に3つの操作キーを備える点はいずれのモデルも共通。

 ユーザーインタフェースはおおむねX10 miniに準じており、一般的なタッチ操作式スマートフォンより小型のディスプレイでも操作しやすい独自の画面デザインを採用。待受画面の4隅にはよく使うアプリを、中央にはウィジェットを配置できる。また、メールやTwitterなどのコミュニケーション履歴を統合的に管理できる「Timescape」機能も搭載した。音楽や画像などのメディアを一元管理する「Mediascape」は最上位機種であるX10のみの機能とし、今回のX8には用意されていない。

 3Gネットワークの対応バンドにより2モデルが用意され、W-CDMA方式の900/2100または800/850/1900/2100バンドに対応する。一般的には前者が欧州・アジア向けモデル、後者が北米向けモデルとなるが、800バンド対応が仕様表に明示されるのは珍しい。これはNTTドコモがFOMAプラスエリアで使用しているバンドだが、周波数帯としては北米などで使われている850バンドに包含されているためだ。X10の発表時には今回同様に800バンド対応が記載されており、X8も日本市場を意識していることがうかがえるが、発表会場では日本市場での展開について具体的なコメントは得られなかった。

 プロセッサの動作周波数は600MHzで、X10 miniと同じものを搭載しているとのことだったが、画面ピクセル数がX10 miniから2倍に増えているにもかかわらず動作はスムーズだった。一方、X10で810万画素、X10 miniで500万画素だったカメラが320万画素となりライトも省かれるなど、コストを抑えるための取り組みも見られる。X8はターゲットユーザー層をこれまでより広く想定した「マスマーケット向け」の機種に位置づけられており、価格帯についても従来より低く設定される模様。

 また、日本ではNTTドコモがXperia(SO-01B)のAndroid OSを1.6から2.1へバージョンアップする意向を示しており、Sony Ericssonからも同様の方針が示されていたが、この日の発表会ではX10、X10 mini、X10 mini proを対象としたバージョンアップを提供することが正式に発表された。今年第3四半期に、OSおよびXperiaのユーザーインタフェースなどを実現している独自プラットフォーム「UXP」のバージョンアップが行われ、加えてHDビデオの撮影が可能となる。第4四半期にはDLNAサポートが追加され、Xperia内の動画をテレビで視聴するといった使い方が可能となる予定。なお、これらのアップデートのすべてが日本でも提供されるかは不明。また提供方法や時期についても現時点では確定していない。

 また同日、「Walkman phone」シリーズとして初のフルタッチ操作端末「Yendo」(GSM専用)および、ストレート型端末の「Cedar」(3G対応)も発表された。同じく今年第3四半期に世界市場向けに発売される予定。

【6月17日19時10分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000034-rbb-sci
 
   
Posted at 02:50/ この記事のURL
「12年後も現役です」ゴン節炸裂! / 2010年06月18日(金)
日本が名乗りを上げている『2022年FIFAワールドカップ』の招致機運を盛り上げようと、『「ワールドカップを日本へ!」トークバトルin札幌』が6 月6日、札幌市内で開かれた。地元のコンサドーレ札幌の中山雅史、宮沢裕樹両選手のほか、元コンサ選手で、チームのアドバイザリースタッフを務める野々村芳和氏がゲスト出演し、エネルギッシュなトークで500人が詰め掛けた会場を沸かせた。

サポーターと一緒に記念写真を撮影する出演者の写真

中山は冒頭からエンジン全開だった。司会の中村義昭氏からワールドカップの日本人初ゴールを決めたと紹介されると、中山は「ゴールもぼくですけど、ファーストタッチもぼくなんです。キックオフで城(彰二)より先に触りました」と、いきなり“ゴン節”を披露。さらに、「12年後も現役です。まだまだ頑張ります」と元気いっぱいに語り、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

12年後の自分について問われた宮沢は粋なコメントで笑いを誘う。「現役を続けていればベスト。中山さんと一緒に日の丸をつけたい」と話し、中山に「おれ 55歳だけど、2トップ組もう」と言わせた。

会場の注目を集めたのは、6月11日に開幕を迎える南アフリカ大会に臨む日本代表の話題。野々村は「2勝1分けでいく。いろいろ厳しい状況だけど、日本を応援するぼくたちが信じなくてどうする」と呼び掛けた。その野々村から「おまえが考えるスタメンを言え」と振られた宮沢は、本田、中村俊、松井、森本らの名前を挙げ、「チームワーク良く戦えば、勝てます」と力強く話した。中山は「このまえまでは練習試合。反省点を修正して、本番を全力で戦ってほしい」とエールを送った。

このほか、FIFAに加盟する208の国と地域に笑顔をもたらすことをキャッチフレーズにした「208 Smils」の説明や、日本の取り組みをアピールする映像などが紹介された。音声自動翻訳システムや3D映像の活用など、最先端技術を駆使した次世代の大会構想に、会場は感心しきりだった。

最後に、W杯開催の意義について、中山が「ワールドカップを開催することは、プロを目指す子どもたちに大きな影響力がある。間近で世界のプレーを見られることはすごいこと。ワールドカップの魅力を今日来た人がいろんな人に伝えてほしい。それで活動の輪が広がるし、日本の力になる」と話し、90分間盛り上がり続けたイベントを締めくくった。

今後のスケジュールは7月にFIFAの視察団が日本を訪問。立候補国の視察を経て、12月2日に開催国が決定する予定。


【6月7日12時51分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 02:48/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!