歯科治療の一環としてインプラント治療も失敗のリス

January 15 [Sun], 2017, 21:51
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにする事は出来ません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどのりゆうで、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もオワリます。それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導をうけます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。



特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておいてください。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。しかし、難点もあるということに気を付けてちょうだい。
それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあるということです。これは重要な事実です。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
ガンで治療をうけている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口の臭いなどの症状があればインプラント周囲炎を疑ってちょうだい。さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。皆様がインプラント治療をためらう原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用(基本的に、最先端の医療技術を使用した治療には適用されません)外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。新たな歯科医療の形として期待がもたれるインプラントですが、治療をうけるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実にうけるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。歯科で鎮痛剤の処方をうけ、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れが中々引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察をうけてちょうだい。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりではじめなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療をはじめるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療をうけられます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。



ですが、りゆうに挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してちょうだい。


インプラントの特質として、しっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともな幾らいしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は色々な事情から、他の治療がうけられない患者さんがうける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手く噛めないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント治療は多くのケースでとても有効なのですが、当然ながらデメリット(人は時に目を反らしたがるものですが、後悔しないためにもしっかりと目を向けた方がいいですね)もあります。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。そして、治療にエラーや失敗があると健康被害が起きると、すごく深刻化するというのも、デメリット(人は時に目を反らしたがるものですが、後悔しないためにもしっかりと目を向けた方がいいですね)の一つです。まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

インプラント治療をはじめる前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうかしる必要があります。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。



また、美容整形(失敗してしまうと元に戻せないことが多いです)であごの骨に手を加えた方も治療にすごくの危険が伴います。

ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておいてください。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類があるのですが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点があるのですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を造る歯科技工士の技術によるのです。



熟練の技術に加え、審美性をもとめる芸術センスが必須になってきます。
持ちろん創り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)で、大聴く歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。



これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となっています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優奈
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる