家の耐震はどうなっているのか? 

2013年06月17日(月) 15時43分
今となっては地震はめずらしいと思うものではなくなってきました。


最近では学校はもちろんいろんなところで耐震工事などが行われています。


そんな中で家に対する耐震はどのようになっているのか振り返り書いていきます。




家の耐震について考えていきたいと思います。


家の耐震対策において「自分の家はしっかりとできている」と、言える人はそんなにいないのでは?


今となっては地震はみじかなものになっています。


ですが、耐震工事をする人たちはどのくらいいるのか?


たぶん、昔にくらべたら増えていると思う、がそれでも、少ないと思う。


自分の家もかなり古くなっているが親は一切耐震のことを考えない。


むしろ、興味がないといってもいい。


では、なぜそうなるのか。


それは、耐震にお金をかけるよりも他のことにお金をかけたいからだと考える。


「命はお金にはかえられない!!」と、言う人ももちろんいますが、あなたは耐震にしっかりとお金をかけてますか?


と、聞くとほとんどがすぐに「はい!!」とは答えられないと思う。


でも、これは仕方ないことだ思ってもくる。


いつ来るかわからないものにお金をかけるのなら今のうちにもっと楽しめるものにお金をかけようと思うのではないだろうか。