寺沢が美鈴

February 18 [Thu], 2016, 15:29
探偵に頼んで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手がおかしいと思った時、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を収集しようと思っても、相手に感づかれてしまうリスクが高くなります。はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。
日頃、相手の生活している様子をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を掴む場合には、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が間違いありません。そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。
浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを調査をすることがよくあります。浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。
実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均では一週間以内です。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。
ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまうかも知れません。自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多数確認されています。無事に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。
浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。疑問が確信に変わりきらないケースではひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。もしも浮気が確かなこととなれば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。
自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど色々な事を考えて裁判官の決定を待つことになります。
不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。また、不倫の相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。
法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを不倫と定義しています。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえないということになります。男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談しましょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかよく考えてから相談するといいでしょう。不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウタ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ce1aj82tebwaer/index1_0.rdf