1日につき1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じ

April 29 [Fri], 2016, 15:16

乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でも理解できます。







ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく摂取しても胃でなくなって効き目が出ないのではという考えを持つ人もいます。







でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、それが身体の健康づくりにとても効果的です。







例えば、乳酸菌の選択方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試用してみるのがオススメです。







最近は、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリも販売されています。







腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、トイレから出られない状態なったので、試すのは休日前がいいかもしれません。







気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特に副作用はありません。







ただそうは言いますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーのオーバーする可能性があるのです。







消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと確実でしょう。







おなかの環境を正しく整えると肌が美しくなると聞いて、実のところは、ヨーグルトと同様に納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食品みたいです。







「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。







これではちょっと恥ずかしい思いです。







主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザといったものに感染をし、高熱が出た後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症なのです。







インフルエンザ脳症は、生命にも関わる深刻な疾患であり、治った後に後遺症が残るケースもございます。







乳酸菌サプリメントと言えば、何てったってビオフェルミンです。







昔からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、たえず私のお腹を守ってくれていました。







「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。







娘のインフルエンザの予防注射に出かけました。







注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射をされています。







予防接種の後は怖かったーとつぶやしていました。







もっと怖いんじゃないかな?と睨みましたが、あまり話せませんでした。







アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも減っていて、お肌のみずみずしさやバリア機能が減っています。







これを補足して健康に近づけるには、保湿がかなり大事です。







そのために、お肌の表面を守って、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使う事が必要なのです。







母は重度のアトピーです。







どうやら遺伝していたようで、私もアトピー症状が出始めました。







肌がボロボロになってしまって、日々保湿を欠かすことができません。







スキンケアをしっかりしないと、外にいくのも難しいのです。







母を責めるわけではないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、絶望的な気持ちになります。







アトピーだと大変に我慢できない症状になります。







季節関係なしに1年中かゆみとの闘いになります。







夏場の汗はかゆみを増大し、冬は乾燥でかゆみが増大します。







そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。







どうして私が便秘になったのかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。







毎日の通勤は車なので、ほとんど歩く事もありません。







犬などのペットがいるわけでもないので、散歩にも行きません。







そのような生活のせいで、私は便秘なのだと考えています。







便秘改善のためにも、ウォーキングをすることにしました。







ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)であります。







へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。







手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。







便秘の種類それぞれで効果を得ることができるツボが違うので、ピッタリのツボを押すと改善に効果的でしょう。







乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では共通していますが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢などという菌に強い成分も作り出す働きがあるのだそうです。







だから、ノロウィルス対策に効果的とされているのですね。







ここ最近は、いろんな感染症についての話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。







一般的な乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。







そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。







このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、初めて知った事実です。







ぱっと乳酸菌から思いつくのはカルピスかもしれません。







幼いころから、毎日味わっていました。







どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。







毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。







そのために、私は便秘を経験したことがありません。







きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても身体が丈夫になりました。







乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことに至ります。







まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することも可能性が有るでしょう。







ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。







元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られた事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。







これも本当かもしれません。







なぜかというと、体質には個人差というものがあるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。







一度試して自分に合うかを確認してから判断するのがよいです。







乳酸菌シロタ株でおなじみの、ヤクルトしかありません。







過去に白血病に罹患し、闘病経験がある渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。







見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでの演技が高い評価をうけているCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、おおきな効果が得られそうな気分です。







ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私の経験によると、かなり大量にたべないと、あまり効かない感じがします。







1日につき1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。







ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムなどを入れて、なるべく摂取するとよいでしょう。







屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。







屁による臭いの元は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。







なので、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるの、を防止する力のある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭いを和らげることができます。








http://b29.chip.jp/jce6fsf/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cdshw3o
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cdshw3o/index1_0.rdf