アールの八田

May 11 [Thu], 2017, 11:23
どうしてニキビが出来るのか、ホルモンの過剰な分泌なのではと言われています。その結果、成長期にニキビになることが多いのです。ニキビにならないようにするにはたくさんあります。

規則正しい睡眠時間です。



ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。



わざわざニキビで皮膚科の診察を受けるのも、と少し尻込みしてしまいがちですが、皮膚科を受診するとすぐによくなりますし、ニキビ跡ができることは少ないです。

おまけに、自分で薬屋などでニキビ薬を入手するよりも安価で治療できます。ニキビは潰しても問題ないのでしょうか。実は、潰しても問題ない状態のニキビとそうでない状態のものがあります。



潰しても良いニキビの状態というのは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。このニキビの状態とは、膿が外へ出ようとしており芯も出来始めている状態なのですから、専用の器具を使うのであれば、潰しても問題ないでしょう。ニキビにいいという飲み物は、まだありません。ただ、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、控えた方がいいということです。


ニキビと肌荒れは別のものですが、肌に良くない事をすると、ニキビを作る原因にもなりかねないのです。

ヨーグルトはニキビにとっては良くないと言ったり、その逆に良いと言われたりしていますが、こういったような情報の真偽というものは明らかではありません。実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を努めるようにすれば、ニキビを予防することへと繋がると考えています。
最近はニキビケア専用の洗顔フォームや化粧水など、ニキビに効き目があると宣伝されている商品が薬局などのお店で販売されています。
しかし、品数が豊富にあるため、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは困難を極めます。


試供品などがもらえれば試供品を使用してみて自分自身に合っていれば購入するようにするとベストだと思います。吹き出物が出来ると気分が落ち込みます。ところが、お肌の調子って内臓の調子と結びついているらしいので、お腹の中の環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれます。

まずは、腸内すっきり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維が多いものを食べて、毒素を体外へ排出していくと、吹き出物も消えてなくなります。



近頃、重曹でニキビのお手入れができるとよく取り上げられています。弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴汚れや角質のお手入れができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。
ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌にダメージを与える恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。

私のニキビに対する対応策は、どんなに寝たくてもメイクは必ず洗い落として寝ることです。
メーキャップすることにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌に休息を与えたいのです。メイク落としにもこだわっています。
オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど色々なタイプの使用を試みてきましたが、ミルク系のメイク落としがお肌への刺激が少ないと思いました。肌荒れとニキビが関連していることもあるんですね。ニキビはホルモンの均衡の乱れが主な原因なので、特に思春期に出現しやすいです。とは言っても、思春期をすぎてもできる可能性があり、その時には大人ニキビとか吹き出物と言われます。大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。吹き出物が出やすいとお悩みの方には体質改善を目指す事をお勧めします。


ニキビのきっかけとしては甘い物や油分の多い食べ物を摂取する事が考えられます。


それらを少しも摂取しないというのは厳しいですが、野菜や発酵食品などを多く摂取する事によって消化能力が好転し、体質改善にも関係します。



どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥が含まれています。


肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に思う人も多いかもしれません。
当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは間違いありませんが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それがニキビができる原因となってしまうのです。



ニキビは何度も繰り返しできやすい肌トラブルなのです。

治癒したからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、またすぐに再発します。


繰り返し出来ないようにするには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食生活をせず、十分な睡眠を取ることが大事だと思います。

ニキビが炎症を起こしてしまうと、顔を洗おうとした時などにほんの少し触っただけでも痛みを感じてしまいます。



ですから、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても指で触ったりすることは絶対にやめてください。


触ると痛いのももちろんですが、それが原因で指から雑菌が入って、さらに炎症がひどくなる可能性があります。
ニキビは思春期に起きる症状で、赤ちゃんには出ません。赤ちゃんに頻繁に起きるのは、一般的なのはオムツかぶれなどのかぶれなのです。

赤ちゃんの肌は、とても敏感肌で、すぐにかぶれができてしまいます。
ニキビとかぶれは同一ではありません。赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できるだけ早めに病院を受診してください。
角栓で毛穴が詰まることが、ニキビをつくらせる原因のひとつです。気にしてしまい、ついつい指で角栓をはさむようにして出しちゃったりすると、その場所にニキビ跡ができる原因になります。

角栓のない肌でいるように、そして、悪化させない為には、しっかりした保湿をすること、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、重要です。ニキビを防ぐために、毎朝、フルーツを摂取するようにしています。その季節の旬の果物をどんなことがあっても摂取しています。
果物を摂取するようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。便の通じが改善したのも、皮脂腺の炎症が発生しなくなった理由の一つと考えられるかもしれません。

肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿がそこから出てきます。

さらに潰してしまうと芯が出てきます。これがニキビの元となるのですが、無理に潰して芯を出すことはオススメできる方法ではございません。無理やりに潰してしまうのですから、また一段と炎症は広がることとなります。

ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬をつけて気長に治していきましょう。顔のおでこにニキビが出来てしまうと、何としてでも前髪などで隠してしまいたくなります。しかしながら、それはニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、できるだけ前髪で隠すといったことはせずに髪がニキビに触れることがないようになるべく刺激を与えないようにすることが大事です。

ニキビが繰り返されるときは、単に一般的なニキビケアをするのではなく、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしていかなければなりません。

ニキビが一向に治らないのは、体内のホルモンバランスが一定でなかったり、暴飲暴食、化粧品が毛穴に残ってしまっているなど、原因は一概には言うことができません。



繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、根本的な治療を行っていきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sho
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる