柳沼が栞

October 22 [Sat], 2016, 13:16
「これを食べると毛が生えてくる」といわれる食べ物には、海藻は良いといわれています。その他、タンパク質補給のための大豆、ビタミンやミネラル豊富な緑黄色野菜、その他、いろいろな食物が挙げられてきました。青魚、唐辛子も育毛に毛を増やす食べ物といわれています。どれをたくさん食べれば育毛に良いというわけではありませんね。毎日の食事の中で、バランス良く栄養を摂取するよう日々考えていってください。せっかく生えた毛も、栄養が偏ると抜けてしまうことが増えてしまったら大変です。
効果的な育毛の方法として、頭皮マッサージをしてみるのがよいでしょう。指で血行が良くなるように、マッサージしてみれば、育毛に役立つ栄養素が満ち渡るようになります。頭皮を傷つけないために、爪の先が当たらないようにして丁寧に指先を使ってマッサージしてみましょう。頭皮のことを大事にしないやり方では、逆効果なので、やりすぎないように注意しましょう。
東洋医学にはよくツボが用いられますが、その中には、健康な髪にするのに効果のあるといわれるツボがあります。マッサージで頭皮を揉むことがあれば、そういったツボを刺激してみてはいかがでしょうか?単にツボに刺激を与えてみても瞬く間に大きな変化が出てくるわけではないのです。そんなスピードで髪が健康になるなら、薄毛で悩む人なんていなくなるはずですもんね。
亜鉛は健康な髪にとって必要な栄養です。しかし、育毛の目的のために食事で亜鉛を摂取しようとしても、体内吸収の割合が低いため、比較的困難でしょう。亜鉛を含むものを食べることはもちろんですが、亜鉛吸収率を下げるような加工食品は、摂取を控えなければなりません。しっかりした髪の毛を目指すのなら、亜鉛の摂り方はサプリなどが確実です。
育毛と言えば近年では薬を使用する方も増加傾向にあります。育毛の効果をアピールしている薬には、だいたい見かけるのは飲むタイプと塗るタイプですが、どちらにしろ副作用というリスクを抱えています。コスト面を重視しすぎ、医師の処方が必要であるにも関わらず無視し、個人輸入を利用すると、場合によっては偽物を入手してしまうことも私の知っている限りでは存在しています。
育毛の悩みというと体質や遺伝がまっさきに浮かぶかもしれませんが、実は、栄養不足や偏りが薄毛を招いているという後天的なケースもあるようです。習慣的なものなので気づきにくいので、改善しにくい原因となっているようです。栄養が不十分な食事も一時的なら構わないでしょう。しかし継続的に栄養や微量元素が足りない状態を続けると日光やシャンプーなど、普段からある刺激に頭皮が過敏に反応するようになり、健康的な髪が育つ土壌が損なわれ、フケが出る地肌トラブルや、抜け毛などの発生を防げません。外食の多い方はもちろんですが、マーケットの惣菜などの出番が多い方は野菜の付け合わせがあっても少量だったりするので、注意が必要です。スナック菓子ばかり食べたり、バランスの良い副菜をとらずにレトルト食品だけしかとらない方も要注意。食生活を見なおして、改めていくほうが良いでしょう。髪と肌のターンオーバーに必要な栄養をちゃんととっていきましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる