出会い系? 

2005年06月24日(金) 23時37分
親友曰く「妹が出会い系のサイトを紹介してきた」と言う。
なんだか怪しげなタイトルのサイトだと言うので、
そのサイト名を聞いてみたら、私もプレイしているMMOだった。

勘違いとわかってほっとしたが、
もう少し違った紹介の仕方があっただろうに…と思った。
何か引っかかったので、思い出してみると…

どうやら、同じ事を数回繰り返していたようだ。
次こそは、お互い惑わされないようにしたい。

You&I 

2005年06月21日(火) 8時25分
振られてから10日あまり経過した。
まだ心は痛むけど、彼のいない日々を送ることも上手くなった。

元彼のほうは、私を振ってからずっと過剰反応気味だ。
機嫌が悪く、私が何か行動すると
「無視してるんだ」というオーラをまとった行動を取る。
私が彼に対して何かしているのならともかく、
振られてから今日までしたことは「一度 彼の落し物を拾った」事と、
クラス全体に「お疲れ様」と言ったので、返した事だけだ。
彼の友達に接触したわけでもない。
彼の行動とオーラのせいで、私が振ったと思っている人もいる。

「別れても友達でいよう」って言葉がなくても、クラスの中では普通に過ごすつもりでいた。
私と彼との付き合いは(皆知っているとはいえ)プライベートなことだから。
普通に出来ないのは、彼の幼さ故なのか。

私は私。
普通に過ごしていれば、いつかこの空気も終わるだろう。

Life is... 

2005年06月18日(土) 17時35分
友人と待ち合わせをしていたら、
目の前を曲がった車のホイールが取れて、転がってきた。
狙いすましたかのようなタイミングに やっぱり「ネタ人生」なのかな、と少し考えた。

人生は何事もタイミングがある、というが
ネタな出来事がやってくることが多いのは何故だろう。
私たちには見えないルーレットやボードがあって、
私たちは知らないうちに人生ゲームの様にルーレットを回して、
ルートを選択したりマス目に止まったりしているのだろうか。

もしそうなら、ボードに「ネタな出来事」が多いのか、
選択した道が「ネタ人生」なのか確かめてみたい。
選択しなかった道の行き先や、今はもう会えない友人たちの行き先も。

そんなことを考えていたら、階段から落ちかける、道に迷うなど散々な目にあった。
これはマス目の1つじゃないのかと、ほんの少し人生を疑った。

ネタについて本気出して考えてみた 

2005年06月14日(火) 1時21分
私や私の周囲の人は「ネタ人生」らしい。
近況報告をしても、ネタとしか考えられないことが多い。

例えば「大学で出会った先輩はいつも半袖、短パンで、ハイビスカス柄の服を着ている」とか、
「買ったばかりのスーツの上着を父が燃やした」とか、
「出会う人間はみんな何か伝説持ち」とか、
はたから聞いている分には良くできた作り話のようだが、これは全て本当の事だったりする。

盆と正月に帰ってくる幼馴染とは会って飲むたびに
「どちらがネタ人生か」でもめたり競い合ったりもする。
望んでネタ人生になったのなら本望だが、誰一人としてそうではないあたり
人生とは思い通りにはならないものだということを実感する。

友人に「私や周りの人の人生がドラマになったら面白いだろうね」と言われたことがある。
しかし、山あり、谷あり、穏やかな道ありのストーリーなら面白いかもしれないが、
常に山か谷かのストーリー(+常に笑いの要素あり)では、見るほうが大変なのでは・・・。

私を含めた「ネタ人生」の人たちが常に願うことが「平穏な人生」か、
「いちいちツッコミを入れなくてもいい人生」であることからしても、
「ネタ人生な人のドラマ」は疲れるものなのではないだろうか・・・。

僕たちの失敗 

2005年06月12日(日) 21時06分
彼氏に振られました。

私の周囲の環境が重い。
私や友人に起こることも重くて、すっきりした解決方法じゃない。
価値観も趣味も違う。
もうドキドキしないし、仲のいい友達って感じで冷めた。
友人だったら、ちょうどいい距離感だと思う…ってのが理由。

私の病気の事とか、私にはどうしようもない理由なんかもあるし、
お互い無理をしすぎて疲れちゃったんだと思う。
価値観の違いや趣味の違いを認めて補い合ったり、
お互いの成長につなげることができるような関係を築くことが出来なかった。
気持ちばかりが焦って、
いい関係を築いていけるような付き合い方をしてなかったのかな。

私のほうは まだ好きだし やり直したいと思う。
もっとお互いいろんな事を経験して
違いを認めて、支えあっていけるようになったときに。

未来はどうなるかわからない。
もしもこの先また彼と出会って、つき合うことになったらその時は
今の失敗や反省を生かせるといい。
今度こそ幸せになれるように。

もしもこの先 彼と出会うことがなくても、
彼に貰った思い出や幸せな気持ちを大切にしよう。
幸せにはなれなかったけど、
前に進む強さや優しさをくれた彼に恥じることのない自分であるように。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cdlune
読者になる
Yapme!一覧
読者になる