お金の島を理解する

March 25 [Fri], 2016, 21:22
何月えわかるんもうかる社会経済という面白い本がありますこの本では世の中の金の流れをくみに金融商品を海に浮かぶ島に達に説明します、わかりやすい例えると思いますが私なりに解釈を加えて勧めします私たちの使ってるお金は世界中を駆けめぐり海の水谷に流れていますものを作る為材料買ったりその作られた品物を買ったりして下から1あるいは起業家できるようにはお金が流れますお金の海には(株)債券不動産商品為替という1つの島があり 債券不動産商品の4つの島はソルジャーの国に属しています国と国が行き来するためには為替の島を通らなければならないルールがありますその2つの島の天候日々変化します。島はあったかい気候に恵まれ多くの作物が実っていますそういう島はお金が動く流れ付き景気がよくなります一方で佐野佐野暴風ばかりの悪天候の島もありますそういう島からはどんどんお金が逃げて行景気も悪くなり島中ちむどんどん下がります世の中のお金は、きなりしまうサガしてそれぞれの島を公開しています例えば株価が上がっているということは世界中の金が株の神話学天気が良くなると思ってみんなそこに集まってきます一方で下がっているということは今後、気が悪くなると皆が思っているからお金が流れ出て行き価値が下がります将来の島の研究ピタリと当てる事は難しいのですが知識や経験そして共有を高めることによってある程度予測することができます資産運用と聞くととても難しく感じていますがこの大きな五橋申入世界中のお金がどこの下に辿り着いているかを先に探すことができれば資産は増えていきます資産運用とはシンプルに言うと将来の濡れ透けJ○その後の画像を見ながら島の天気を予測し天気のいいお金の島を探しめぐることです具体的にいつまで揺らし間にドナーが金融商品があるか見てみると私たちが金融商品と聞いてすぐに思いつくのが投資信託や株だと思いますが代表的なものあげる所になります株主曲は株式投資信託再建の4回国債地方債不動産の島は年とか建物商品の島は今とか大豆など為替の島は俺とか泥などです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒツジの逆襲
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cdfyg1o97/index1_0.rdf