太陽光発電1000W太陽光パネル出力測定方法に単位は何ですか?どのようにしますか?

March 07 [Sat], 2015, 10:40

ロレックスコピー1000Wソーラーパネル300w 補助金300w1000Wソーラーパネル300w 補助金300w

ソーラー自分を家庭用の太陽光発電装置を購入か光伏の板は比較的に良い

1000Wソーラーパネル300w

太陽光交流発電システムは、太陽電池パネル、充電器、インバータや蓄電池を共に構成、
太陽の直流発電システムは、インバータ。せるために太陽光発電システムを提供して十分な電源負荷、
は、電気の力で、合理的な選択では、各部品。
次は100 W出力を使って、毎日6時間を例にして、紹介して計算方法:
まず1 .計算し毎日消費キロワット時数(インバータの損失):もしインバータの変換効率は90%、
時は出力を100 W時には、実際の必要性に出力は100 W / 90%=111Wなら毎日使って5時間通りに
は、消費電力は111W * 5時間=555Wh。
2 .計算太陽電池パネル:毎日有効に日照時間は6時間を計算して、更に考慮効率や充電充電する過程の中にの損失、
太陽電池パネルの出力を555Wh / 6h / 70%=130W。そのうちの70%は充電の過程の中で、太陽電池パネルの実際の使用電力。ソーラー

ソーラー自分を家庭用の太陽光発電装置を購入か光伏の板は比較的に良い

どのように选択太陽電池パネルや蓄電池
一、40ワットオプション設定(通常)
1、LVD燈、一係統、40ワットで、24 Vシステム、
2、現地の1日平均有効光は4h計算、
3、毎日放電時間10時間(午後7時−朝5時を例に)
4、満足地雨日5日(上乗せ雨前一夜の電気は、計6日)。
電流=40ワットで÷24 V=1.67 A
計算蓄電池=1.67A×10h×(5+1)日=1.67A×60h=100 AH
バッテリーの充電リザーブ20%、放電容量、街燈の実際の電流の2 A以上(プラス20%損失を含む、定電流源、線路損失など)が実際に加えて100AH蓄電池需要=20%20%容量を加えて損100AH÷80%×120%=150AH実際蓄電池を24 V / 150AH全治2組計:300AH 12 Vバッテリー
計算電池板:1、LVDランプ40ワットで、電流:1.67
2、毎日放電時間10時間(午後7時−朝5時を例に)
3、電池板て少なくとも20%
4、現地で有効光は1日平均4h計算WP÷17.4V=(1.67A×10h×120%)÷4 h WP=87W実際定電流源損耗、線路損失など総合損失で20%前後電池パネルの実際的な需要=87W×120%=104W実際電池板必要24 V / 104Wので、2枚の12 V電池板計:208W総合モジュール価格:ポジ電池板191W、31元/ワット程度、計6448元ぐらい蓄電池300AH、7元/ AH計:2100元ぐらい40ワットでLVD燈:計画:1000元ぐらいコントローラ(のみ)150元ぐらい6メートル燈レバー700元ぐらい本セットの合計:10398モジュール元ぐらい
二、40ワットオプション2(バンド調節出力)配置
1、LVD燈、一係統、40ワットで、24 Vシステム。
2、現地の1日平均有効光は4h計算、
3、毎日放電時間10時間(午後7時−朝5時を例に)を通じてコントローラ夜間タイム調節LVD燈の出力、総電力消費を、実際には毎日7時間計算放電。例1:夜7時から11時に100 %の電力、11時〜午前5時50 %、出力。合計:7h)
例2:7:00−10:30を100%、10:30−4:30は50%、4:30−5:00を100%)4、満足地雨日5日(上乗せ雨前一夜の電気は、計6日)。電流=40ワットで÷24 V=1.67 A計算蓄電池=1.67A×7h×(5+1)日=1.67A×42h=70 AHバッテリー充電リザーブ20%、放電容量、街燈の実際の電流の2 A以上(プラス20%損失を含む、定電流源、線路損失など)に加え70AH実蓄電池需要=20%リザーブ容量加えて20%の損失70AH÷80%×120%=105AH実際蓄電池を24 V / 105AH全治2組計:210AH 12 Vバッテリー
計算電池板
1、LVDランプ40ワットで、電流:1.67A
2、毎日放電時間10時間、調功後に実際に7時間計算(調功同上蓄電池)
3、電池板て少なくとも20%
4、現地で有効光は1日平均4h計算WP÷17.4V=(1.67A×7h×120%)÷4 h WP=61W実際定電流源損耗、線路損失など総合損失で20%前後電池パネルの実際的な需要=61W×120%=73W実際電池板必要24 V / 73Wので、2枚必要12 V電池板:146W計
シンプルで実用的:太陽街燈配置計算方法:
1:モジュール出力=(負荷電力*仕事時間)/(現地日照率* 0 . 85 * 0 . 8 * 0 . 8%)0:コンポーネントの冗長係数0 . 8:蓄電池の効率係数0 . 8:システム全体の作業効率以上係数に環境状況(塵、温度など)、製品の品質が少しフロートも簡略化を:モジュール出力=(負荷電力*仕事時間)/(現地日照率* 0.544)光源:14W仕事時間8時間雨の日の4日もし現地日照係数:5(時間)係統電圧:12 V(14 * 8)/(5 * 0.544)=41Wモジュールの出力を取ることができます:40ワットで
2:蓄電池容量={動作電流*仕事時間*(雨日数+ 1)} / 0 . 8 + 1:は加えてその前の1夜日数、0 . 8:蓄電池利用係数動作電流:14 / 12=1.2A蓄電池容量={ 1 . 2 * 8*(4+1)} / 0 . 8%=(1 . 2 * 8 * 5)/ 0 . 8%=48 / 0 . 8%=60ah蓄電池の容量を:12V60ah
3:コントローラのある仕事を電流制限:だからよりシステムの動作電流が。コントローラ:12V5Aでもコントローラの5 Aと10Aの価格ラインはたいして違わないで、しかし10Aの効率がやや高い、普通の取:12V10A

太陽光発電価格

ソーラー自分を家庭用の太陽光発電装置を購入か光伏の板は比較的に良い

そして初代モデルから40年を迎えた2011年、
、「オイスター パーペチュアル エクスプローラーII(OYSTER PERPETUAL EXPLORER II)」はムーブメントやケース等の性能を大幅に向上させて登場。主な改良点は従来より2mmサイズアップし42mmとなったケース径、同社独自の技術による耐震機構「パラフレックス」ショック?アブソーバと高い耐磁性能を持つ「パラクロム?ヘアスプリング」を装備する自社ムーブメント、
、Cal.3187の搭載などである。なお、オレンジ色の24時間針は1971年の初代モデルのデザインより採用されたもの。またインデックスと大型化した時分針はホワイトゴールド製で、
、ダイアルは長時間の青色発光が可能なクロマライトである。

ソーラー