取引先数が10社程度

February 27 [Sun], 2011, 1:52
取引先数に関わらず、1社との年間取引額が比較的多額である場合 または、取引先数が10社程度である場合には、1社として倒産しないようにする必要があり、全ての企業が最重要となる。徹底的に情報収集・評価・管理を行うことが必要。
具体的には、取引先全てを「重点管理」「全体管理」「継続管理」の対象として、全ての取引先を詳しく調査し、「リスク指標」も使って多角的に評価する。また、外部機関による変動情報を収集することと、営業担当者によるチェックなども行う。
新規案件に関しては詳細に企業情報を確認し、さらに過去の「リスク指標」等も参考にすることが望ましい。

個社を対象とした与信管理

February 27 [Sun], 2011, 0:41
取引先数が数十社であり、取引先がある程度把握できている場合には、1社毎に見ていくことが可能なレベルである。このぐらいの社数になると、1社の倒産でも影響が大きいので、しっかりした個社を対象とした与信管理が必要になってくる。

実際には、取引先のほとんどを「重点管理」として、1社毎に企業詳細情報を確認。その中で、大口取引先や要注意取引先は「継続管理」と して外部や営業マンによる変動情報の収集や、「リスク指標」の変化確認を行い、それ以外に関しては営業担当者による継続的なチェックを行う。

小口取引先に関しては、企業概要の確認と、営業担当者による継続的なチェック。新規取引先に関しては、企業詳細情報を見た上で判断することになる。

リスク指標で効率よく

February 26 [Sat], 2011, 23:54
取引先数が数百社以上であり、全てが小口取引先であり、大口の取引が無い場合には、各取引先との取引規模に違いは無いので、情報収集・評価・管理については明確な基準によって、効率的に一元管理が良いだろう。ここで、基準として利用するのは、「リスク指標」となる。
実際には「全体管理」として、企業概要情報と「リスク指標」で効率よく判断する。その中で、「リスク指標」が良くない取引先に関して、「重点管理」として企業詳細情報を確認し、必要があれば何らかの対応をすることになる。また、「リスク指標」による「継続管理」も行う。新規案件に関しては、「リスク指標」を元に自動的に判断し、効率性を優先させる。

効果のある管理

February 26 [Sat], 2011, 22:22
数百社以上の場合には目が届きにくいので、「重点管理」「全体管理」で使用した「リスク指標」を使った「継続管理」を行うことが効果ある。更に安全性を高めるためには、「重点管理」先に対する変動情報収集を行う。また、新規案件に関しては詳細に企業情報を確認し、過去の「リスク指標」なども参考にする。このケースでは、1社毎の年間取引額の分布、取引先のリスク状態、取引先数などの自社の取引状況により、全体から見た「重点管理」の対象企業の割合は1〜5割程度とばらつき、1つの視点のバランスは企業によって全く異なるものとなる。

取引先の規模

February 25 [Fri], 2011, 23:14
取引先数が数百社以上であり、大口取引先から小口取引先までさまざまな取引先がある場合

この場合には、1社毎に全てを見ていくには社数が多くなってる。これが全てビッグビジネスであれば、全てを詳細に見ていかなくてはならない。しかし、 大口取引先から小口取引先まで取引規模に差がある場合には、情報収集・評価・管理へ掛ける費用や労力に濃淡を付けることになる。

実際には、大口取引先および要注意取引先を、「重点管理」として企業詳細情報を確認し、更に「リスク指標」を加えて判断する必要がある。残りの 企業に対しては、「全体管理」として、企業概要情報と「リスク指標」によって、把握していくことが効率的と思われる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よっちん
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ccredit440/index1_0.rdf