マレーグマが沖

January 13 [Wed], 2016, 11:36
普通、離婚となると、浮気していた側は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。調整や裁判での子供の親権というのは、日常生活を共に送れているかや育児への関与などを重くみる傾向があります。つまり、子供の生育に適した環境かが最優先で考えられているわけです。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の心理カウンセリングを行う機関があります。専門家に話を聞いてもらいながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、自分の人生なのにポジティブになれないような人も少なくないです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で不倫の証拠を押さえるのは困難でしょう。ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、探偵を雇って調査してもらいましょう。ある程度、費用は必要ですが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。浮気が判明したら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。ただ、当人たちだけで話し合うと、意地の張り合いになり、横道にずれたり頓挫することも多いです。ことによると裁判に発展する可能性もあるので、弁護士を頼んでトラブルにならないよう交渉してもらうとよいでしょう。法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦戦を強いられるでしょう。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないことがあるからです。ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。思いこみで裁判に負けることに納得できる人はいませんよね。そうならないために、あらかじめきちんと調査しておいたほうが良いでしょう。この頃はついうっかりスマホを放置して、浮気がバレたというパターンが少なくありません。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、メールやLINEなどに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えられます。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーでしょうし、本人のガードも堅いと思います。不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、それさえあれば、後はとことん「報い」を受けてもらうことができます。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。転職や家庭崩壊など、それなりの報いを受けるわけです。近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこから浮気がバレるといったケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたびチェックしたり、こそこそ更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。配偶者の態度とSNSは浮気に気付く材料と言えるかもしれませんね。不倫調査で探偵を頼む場合、個人情報を教えるのは気が進まないというのは珍しいことではありません。最初の見積りのときは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。しかし、いざ依頼するとなると具体的な契約を交わすわけですから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのがやはり一般的ですね。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することが大事だと思います。とりあえず料金体系や業界相場あたりはおさえておきたいところです。法外な請求をしてくるような悪徳業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。興信所に調査を依頼するには、まずは先に電話をかけてみましょう。電話でスタッフと話してみて、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、信頼できる会社だと思ったら契約書にサインして、本当の調査が始まるのです。浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、平均的な料金は知っておくべきでしょう。個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者も存在するからです。また、安価な価格設定で顧客を誘い、あとになって必要経費といって、割高な支払いを要求されることもあるので、依頼する前にオプションを含む料金体系を、しっかり確認させてもらうようにしましょう。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。少し手間でもネットを使えば、興信所や探偵社の評判がわかるでしょう。都内在住なら自分の住んでいる区内から好評価を得ている探偵を見つけて、話をすれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。浮気に依存しやすい人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。考えられることは、精神的な緊張や負荷でしょう。交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを心の中に抱えることが多くなり、症状として出てくるのです。浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、そこそこまとまった費用が必要になります。探偵業務にかかる費用は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかるとみておけば間違いありません。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、何を依頼するにも概ね5、60万程度と考えておけばとりあえず安心です。もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、さしあたっては今後の動向を考えるために気を鎮めるよう努めましょう。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料といった問題も出てきます。面倒でも双方で会う時間を作り、これから先どうしていくか話を詰めておきましょう。一般に知られている通り、同窓会での再会は、なにげに不倫に進展するケースが多いことが知られています。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、元クラスメイトということで異性であることをあまり意識しないため、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。クラス会が終わってから、パートナーの挙動に不審を感じたら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。近年は技術改良が進んで、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見できるようになったのは有難いことです。調べたい相手にGPS搭載のスマホを使用させることにより、今いる場所が判断できます。マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。もちろん、やっかみで言っているのではないです。自分の欲求のためなら、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、知られたらみんな去っていくと怯えてやっていくのですから疲れるでしょう。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、いつまた不倫に発展するかと思うとそう落ち着いてもいられないでしょうね。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。ただ、あまり深刻にとらえるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。離婚云々はさておき、否定しようのない証拠をつかんでおけば不利にはならないですからね。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、白黒つけたいと思うなら、探偵業者に調査を依頼するのがいいでしょう。浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているところもないわけではありません。高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、必ずしも比例するとは言い切れません。高額な料金を請求しておきながら、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんてことにならないよう、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいはおさらいしておくべきですね。配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、根本的にどういった目的があるのかをはっきり伝えることが必要不可欠です。別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。その希望次第で調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。なかなか認知されない場合、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。つまり子供ができてからでは遅く、その前にどうにかして浮気を止めないと、今後の人生設計にかなりの不利益も覚悟しなければなりません。異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。不倫の代償は大きいです。もし、今の家庭環境に不満でも、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、いくらなんでも都合がよすぎると誰もが思うでしょうね。夫婦間の問題はそれで解決するわけはないでしょうし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。3社ほど問合せして、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる興信所に調査してもらいました。いくら浮気を疑っていても、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。来週30歳の誕生日を迎える公務員です。同い年の妻がいますが、子供はまだいません。私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、あちら側の浮気が発覚しました。バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。謝罪の言葉もなにもありませんでした。別居のほうがまだマシです。悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。このままにしておくつもりはありません。私にも考えがあります。やはり不倫の証拠写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるところなどは定番中の定番といえます。もちろんシロウトでも撮影はできますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることが少なくありません。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しなければ意味がないので、最初から興信所などを手配したほうが賢明でしょう。配偶者が浮気する理由として多いのは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったという自己中心的な感情です。恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが浮気へと走らせるようです。浮気を未然に防止するために、お互いの話に耳を傾け、不安なこと、不満なこと、いろんなことを話し合う姿勢が大事だと思います。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出掛けるシーンは数多く存在し、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が伸びてきているせいか、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりないです。ですから、不倫の調査をしてもらう分には、区別して考えることはないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、会社によってそれぞれ微妙に異なるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ccn1y9cslb8iue/index1_0.rdf