ベイスギタアこうにゅ! 

September 17 [Sat], 2005, 20:48
お茶の水の楽器屋さんで、
ベイス買った!値切って8万4000円♪

見た目第一で探してたらひとめぼれして、
試奏したら音もよかったので。
予算よりだいぶオーバーしたけれど、満足★

赤い電車 

August 06 [Sat], 2005, 18:17
赤い電車、京急線に乗って、羽田へ。

男の子みたいに「車体が好き」とか思ったことはないけれど、電車の利用者を眺めるのは好きだ。

たとえば先日のフジ行きでみかけた家族とか。今日はおばあちゃんの膝の上に、でろーんってうつぶせになって寝てる女の子がいた。どこかにでかけてつかれたのかなあ。髪をピンクのゴムでふたつに束ねて、足元のほうには母親らしき女性が座ってて、子供のおもちゃ(たまごっち?)をいじってる。そんな単なる光景も好きだし、あと、会社の帰りの電車で向かいの席に座った女性が携帯電話をいじってて、パカパカ式のフタ側のほうに、楕円形の横長なシールが貼ってあったの。で、そのシール、青地に白い文字が書かれてて、よーく見ると、「シーチキン」て!缶詰に貼ってあるやつじゃん。あれはウケたなあ。なんであんなん貼ってたんだろ。見た目は一般的な、ふわふわパーマにきれいめなシャツの人だったのになあ。

社長歓送迎会 

June 20 [Mon], 2005, 0:00
会社の飲み会でした。社長と新社長の歓送迎会。Pedi汐留の和食屋で、料理もお酒もおいしかった。帰り道、電通や松下電工のビルの窓ガラスがきれい。ドラマの撮影に使われそうな施設がいっぱい。



先陣きってエスカレーターに乗ったら、「そっち違うよー」って言われてあたしだけ降下。しかも長いの!ひとりで笑いながら下ってまた上ってみんなで笑った。



あー、まだ月曜だよ〜。明日からもぼちぼちやります。

ABCトークショーデザイン 

June 18 [Sat], 2005, 0:00
今は高度情報化社会と言われているけど、情報なんて少ししかない。消費者は断片に接しているだけ。

って言葉に共感。いちお新聞編集してる身としても、企業から毎日、膨大な量のリリースがきて、ひとつひとつチェックするんだけど、中に書かれてあるのは似たり寄ったりで、これ!ってゆうのがない。取材して、商品への思い入れやイチ押しポイントを聞いてから、やっと差異がつけられるかんじ。

だから生産者には、取材に至るまでどうアピールするかが、大事なんだと思う。それはリリースの内容(紹介文)であったり、商品のネーミングであったり見た目であったり、産地や素材の質であったりするのだろうと思う。



予定時間30分オーバーの白熱トーク。原研哉さんてひとが気になった。

くろいぬパレード「真実はかうだ!」 

June 17 [Fri], 2005, 0:00
仕事を定時に切り上げて中野に向かう。新宿での乗り換えは面倒だから代々木で降りるつもりが寝過ごして、新宿で降りて反対行きで代々木に戻ってJRに乗るとゆう、これまためんどくさいことに。



中野駅南口からしばらく歩いたところにある劇場MOMOで、劇団くろいぬパレードの公演「真実はかうだ!」を観る。よくつくられてた。演技うまいし演出もしっかりしてるし。退屈する間もなく釘づけだった。こうゆうのを観ると、テレビってなんなんだろう、と思えてくる。テレビに限らず、メディア。大人計画とかナイロン100℃とかおもしろくてイカした俳優さんもいて有名だけど、それに同等か追随する団体や役者って、いっぱいいると思う。有名と無名の違いって、実力の差もあるけど、メディアへの露出量の差も確実にある。これはバンドとか作家とか、あらゆるものにいえると思う。



続く。

カップ酒がきになる。 

June 16 [Thu], 2005, 11:11
最近、カップ酒が気になります。
地酒が好きとかってわけじゃないけど。
GWに秋月のうどん屋に行って以来、
そのデザインが、気になってます。
※5/5の日記参照。ラムネの横にあるコップ、
カップ酒のカップなの!配色とか絵柄がかわいいの〜。
バンビは一番有名だと思うけど、
日本各地にいろんな銘柄があるみたいで、
ちょっと調べました。
Excite Bit産経新聞夕刊フジBLOGなどなど。
やっぱり注目されてるみたい。
こうゆうのを知ると全部集めたくなってしまうから困ります・・・。

代官山の「d+C」でFPM 

June 15 [Wed], 2005, 0:00
夜、代官山に明日オープンする「d+C」のオープニングレセプションに出席。
チーズケーキ主体のカフェとインテリアショップが融合したお店。
気軽に行ったら、BGMにはクラブミュージックが流れ、
周りの男性はフォーマルスーツ、女性はパーティードレス。
(あたしはラグランTシャツにユニクロのデニムスカートっすよ。)
なんなんだ、この盛大でスカした雰囲気わ!
ひとまず受付して、挨拶するような見知った人もいないので、
即食いに入る。寿司、寿司、酒、名前のわからないおつまみ。
人混みをかきわけて店内をめぐると、
ショウケースにいろんなチーズケーキが並んでて、
店員さんが「お好きなものをどうぞ〜」と笑顔。
全部タダ?!と内心興奮しつつも、小心者なんで
2種類だけ頼んで包んでもらい、でもやっぱり代金はとられず、
もっといっぱい注文すればよかった〜!と、もったいない精神が。

で、これ以上いても疎外感しか得られんな…とゆうことで
帰る前に広報さん探して挨拶しよう、と思い立ち、ご挨拶。
もう帰るとに、店内を案内されて期間限定の新商品を紹介されてさらに喰う。
「そうそう、今日はFantasticPlasticMachineの田中さんが
DJをされてるんですよ〜」てことでとりあえず見る。
よく見たら、DJやってるゼイェーみたいな
ダボパン&キャップスタイルの青年たちがとりまいてる。
そか、クラブの雰囲気なのね、だからなじめないのね、と気付いた。

あー、カルチャー。街ごとのカルチャー。

ガッツ石松のお肌がつるつる 

June 15 [Wed], 2005, 0:00
昼、人形町に明日オープンする、ガッツ石松さんプロデュースのカレー専門店「カリーシェフ伝説」の記者発表会に出席。



店は人形町なのに、記者発表会があるのは近くの水天宮前のホテル。てことを忘れ、行きの地下鉄で迷子になった!着いた頃には会見半ばで、ちょうどシェフに紛したガッツさん登場。拍手と笑いが起きる。トーク中、「オッケー牧場!」「うん、オッケー牧場だね〜!」ばっか言ってた。ほっぺたとかお肌がつるつるしてた。



あー、カレー食べたい。時間がなくて食べそこねた。食べたいよう〜。

にわかQUEENファン 

June 14 [Tue], 2005, 0:00
新宿コマ劇場で、
QUEEN監修のロック・ミュージカル
「WE WILL ROCK YOU」を観劇。
楽しかった〜!

反逆!自〜由〜!

字幕追うのがちょっと大変だったけど、
イマドキっぽい言葉で訳してておもしろい。
音楽も当然のごとく生演奏。あたしは声と声との重なりが好きだ。
ハーモニーもユニゾン(同じ高さの音の重なり)も。
だから発声がちゃんとしてる人たちが大勢で声を揃えて歌ってるのとか、
聴いててすごい気持ちいい。ステージのセットも凝ってた。
Mステでしか見たことないような、後ろの壁全面が画面みたいな。
うまく説明できんけど。配色とかきれいだった。

終盤、「WE WILL ROCK YOU」「I was born to love you」
「ボヘミアンラプソディ」「WE ARE THE CHAMPION」と有名曲が続く。一緒に行った友人いわく、劇中はほぼ全曲QUEENの楽曲だったみたい。
なかでもあたしは「Radio GA GA」が一番好きだ。
と、にわかファンになる。

友人にベスト盤を貸してもらう予定。ますます好きになったらどうしやう。
動いてるフレディの映像とか観たいなあ。

「継続も実力のうち」 

June 13 [Mon], 2005, 0:00
※日記とか誰かに向けての報告とかってわけじゃないけど、思ったことをここに記録。

今回の森山氏作家デビュー未遂事件を受け、正直焦っている。友人の成功とゆうか成長はもちろん嬉しい。頑張ってるんじゃん、ってあらためて知ったし、すごく応援している。けれど思った。あたしはこれまで何をしてきた?一貫して続けてることって、無い。これはけっこう「がびーん」だ。本が好き、とか、編集がやりたい、とかって気持ちはずっとあるけれど、具体的に何がやりたいのかイマイチわかんないしフラフラしている。

森山くんの過去の名言「継続も実力のうち」を思いだし、また考えさせられた。これを聞いたのは2年前。プレアデスの外のフツウのおしゃべりで。彼は当時も今も、ものを書いている。バンドもやってる。

あたしも何かをしなきゃ。創作活動をせねば。今は会社の肩書に甘えている。新聞編集ってゆうと世間(仕事上の世界だけど)の扱いがよいし。でもあたしはあたしとして、イシイシとして、何かをしなきゃ。

いやいや、こんなん考えてるだけじゃだめだ。口先で片付けるな。やるのだ!うりゃー。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる