目次だよよ 

April 20 [Sun], 2008, 20:45
物語ーの説明と見やすく目次などなど。。。


あ、これオリジナルファンタジー小説です。
そのうち恋愛ものとかも書く。。。予定

少しばかりテイルズを意識してますので!
ご理解よろしくですvv

↓ヒロインと+α



更新内容
6ページ更新

目次:)ここです(・w・)更新は

†序奏†






†序奏†1 

April 20 [Sun], 2008, 20:52


地上には人間が住んでいた。



それはごくごく普通のことで、人々は活気に溢れのびのびと自由に生活をしていた。



しかしそれは永遠の夢物語へと変わっていった―。。。  









今から1000年前ほど昔のことである。


天から地上へひとつの光が舞い降りた。


光は街を破壊し、村を燃やし、そして人間は光から逃げるべく地下王国をつくりひそかに暮らし始めたのだった。


人間はその光を「聖霊」と呼んだ。




地下王国「アンウェール」はひとつの光も入らない人間だけの世界なった。


今はもう地上での出来事を覚えている人間はいない。






そして、人間は空を見ることのないまま1000年もの歳月は過ぎていった―。












  


†序奏†2 

April 20 [Sun], 2008, 21:04


―――




人間が地下王国にやってきて1000年もの歳月が流れた。


もちろん空をみた者はどこを探しても1人としていないだろう。


だって、それはおとぎ話だから・・・。








青や緑、それに赤、黄などにゆらめくほなかな灯りが灯った幻想的な地下王国には静かにそして嫌と思わせない独特で少し冷たい風が流れる。


学校や病院などもありここ地下王国「アンウェール」の首都「セドワール」は特に活気に充ち溢れ旅行客や地下王国中のたくさんの人々が集まる街である。


しかし、地下王国には特殊な法があり人々はその法に苦しめられていた。

―――聖法第44条。

「地下の民は一世帯毎月、3キロ以上の食料を各街、町、村に置かれている”食料取扱センター”に届けること」

―――聖法第57条。

「地下の民は毎年王国で一人、子供を差し出すこと。」


この2条を破るものは天界送りとなる。



天界送りとは多くは知られていないが罪を犯した者が見た天界は
名のように楽園ではなく
この世で一番恐ろしい地獄といわれている。


しかし、罪を犯したものは二度と地下王国へは帰れないためその事実は明らかとされていない。


おはなし一覧。
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる