コンビニにて

October 31 [Wed], 2012, 19:46
煙草を買いにいつものコンビニへ。
レジに行くと何も言わなくても煙草ニ箱を用意してくれている程馴れ親しんだコンビニだ。
いつもは店員さんと世間話をするのだが今日は勝手が違った。
店に入ると、レジに列んでいる小さな男の子とその母親、そして駄々をこねている小さな女の子が視界に入った。
親父にコーラを買うためにすぐにドリンクコーナーに向かったが冷蔵庫に着くまでの約10歩の間に女の子の駄々http://www.adulty-chat.info/が激しくなっていき、コーラを手に取る頃には大声で泣き始めた。
やれやれ、最悪のタイミングで来てしまった。
と後悔しながらレジに向かったが一人の店員が外のごみ箱の片付けをしていたせいかレジは片方のみしか開いていなかった。
この親子の裏に列ぶなんて勘弁だわ。
と思いながらチョコを選ぶフリをしてレジ前のお菓子コーナーを巡回する。
その間にも女の子が泣き叫び母親は周りの目が気になるせいかしきりに周りを見回していた。
どうやら女の子は、肉まんが欲しかったらしいが母親が買ってくれない為に泣いているようだ。
しきりに嫌だコレ買って買ってと泣き叫んでいる。
これぐらいの年のガキが一番厄介だなと思っていると外に出ていた店員が店内に戻ってきた。
ここぞとばかりに隣のレジに移動し、煙草2つ。
と声をかける。
店員も俺も今日は無言で目すら合わせなかった。
それぐらい女の子が五月蝿くてうっとうしかったのだ。
精算中隣のレジから声が聞こえる。
女の子買ってよ買ってよほんとにしつこい。
母親メなものはメ肉まんぐらいいいじゃねーかwwwと思っていると黙っていた男の子が口を開いた。
そういうのを、親って言わないんだよ。
固まった俺の中で何かが完全にフリーズしたw母親じゃ、親やめるえっっと思い、思わず母親の方を見てしまい目が合う。
酷く不細工に見えた。
その後お釣りを貰い、足早に店を出る。
車に乗り込み酷い馬鹿親子だったなと思い返していると大量の弁当を抱えた親子が店から出てきた。
結局、女の子の願いも虚しく肉まんは買ってもらえなかったようで、女の子は泣き叫びながら母親に手を引かれ車に乗り込んで行った。
将来、俺が同じような状況になったらどうするべきだろうかと煙をふかしながらしばらく考えたがベストな答えが出なかったのでエンジンをかけコンビニを後にした。
おそまつでしたmm
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cc60o6v6hz
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cc60o6v6hz/index1_0.rdf