軽自動車

March 31 [Sun], 2013, 19:58
基本的にこれが原則です。そこで、軽自動車の新古車の自賠責加入について、解説したいと思います。もし、事故を起こした場合には、軽自動車の新古車の所有者の方に立証責任があります。3つ目に、被害者に対する貸渡金というものがあります。まず1つ目は、加害者側からの請求というのがあります。

軽自動車の新古車を購入した場合、または移転する場合には、自動車損害賠償保障法、いわゆる自賠責に強制加入をすることになります。ただ、対象外だからといって放置出来ませんから、任意の保険でまかなった方が賢明でしょう。こちらは、被害者→保険会社→国→加害者、という保険金の流れになります。回数に制限はないのですが、他の社会保険などとの関係も考えた方がよさそうです。政府は、後から軽自動車の新古車の所有者を探し出して、支払いを命じることになります。

保険金の請求に関しては、方法は4つくらいあります。まず、軽自動車の新古車の自賠責の概要ですが、人身事故のみを対象としていて、物損の事故に関しては対象外となります。いずれにしても、軽自動車の新古車の所有者=加害者のところに保険金が支払われます。長期にわたる継続治療が必要なときには、10万円単位で受け取ることが出来ます。

http://www.sanwanxiong.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cc2ir5
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cc2ir5/index1_0.rdf