3・こどものおもちゃ 

November 13 [Fri], 2009, 13:23


なんか有名どころで申し訳ないですが、このブログただ自分の記録的な感じでやってるだけなので、まぁ生暖かく見守ってください。


こどものおもちゃ

小花美穂さんのはちゃめちゃラブコメディー?です。
私がりぼんを買ってた頃に人気だった作品です。

先日久しぶりに読み返しましたが、今のりぼんで連載されたらうけないかもしれませんね。
内容が特に後半。かなり大人むけです。
主人公は明るくて優しくてみんなの人気者でーと王道なんですが、ストーリーはすこぶる暗い。
ギャグももちろんあるんですが、暗いところはとても暗いので、その緩急がまた・・・。

あの頃の少女マンガはませた作品が多かったと思います。
同時期に連載されていた『ご近所物語』も小学生が読むにはとても激しい内容だったと思うし、あの『セーラームーン』ですら、うさぎちゃんとまもちゃんの恋愛はかなり大人の恋愛なんですよねー。


2.先生! 

November 13 [Fri], 2009, 13:06



やる気のあるうちにバーっと更新しちゃおうってことで、どんどん行きます。

続いては、河原和音さんの『先生!』です。

これはですねー。うーん。教師生徒ものなんですけど、とにかく

伊藤先生がもろタイプ

これにかぎります。
今まで数えきれないほどの少女マンガを読んできたのですが、伊藤先生以上にタイプな人ってあらわれたことがないのですよ。

教師と生徒ものもたくさん読んできてますが、ここまで王道なタイプはなかったですし、そもそも最近のそれ系は教師にSっ気がありすぎてあんまり好みじゃないんですよ。

ここからは私の気持ち悪い自論になっちゃう・・(すでに気持ち悪いですねww)んですが、私が大人の男性に求めてるのは今までの経験とかからくる俺様じゃなくて、人生経験を踏まえたうえでの優しさなんですね。
伊藤先生はそんな脆い主人公を芯から愛して支えてあげるわけですよ。

あーこんな彼氏ほしいな・・と思う作品ですね。

1・天使なんかじゃない 

November 13 [Fri], 2009, 12:48
はい、てわけで早速初めて行こうと思います。
これといって誇れるものもないですが、少女マンガの読んでる数はとっても多いので、ひとつひとつ感想をあげてこうと思います。

まず、最初にあげるのはこれです。


NANAでおなじみの矢沢あいさんの割と初期の名作。

天使なんかじゃない

NANAよりもご近所よりもパラキスよりも断然天ないでしょ!!
矢沢作品では一番好きです。

主人公は底抜けに明るい女の子で、この年代の少女マンガ!!って感じの主人公なんですが、この漫画で一番好きなのは主人公のまわりの人々だと思ってます。
相手役の晃、親友のまみりん他生徒会メンツのセリフは圧巻です。
なかでもとりわけ魅力的なのが、後輩として現れる原田しのという女です。
彼女は少女マンガには絶対いる嫌な女なのですが、彼女の成長の幅ったらないですよ。
作品中一番成長したのは彼女なんじゃないかな。
特に最後の送辞!!あの言葉をあの原田しのが言ったってことに涙が止まらない。
ネタバレになるので、あんまり詳しくは書きませんが、その送辞のとこだけでも読んでほしいです。




久しぶりに 

November 13 [Fri], 2009, 12:45
ブログを更新しようと思ってタイトルかえました。


まぁ、オタク方面に特化したブログにしようとしたわけでww

というわけでここからは心新たにお勧めのもの、漫画、ゲームに問わず普通の文芸書なんかもたまにはいれつつ紹介していこうと思います。




まぁきっと三日坊主ですがねww

感想 

February 11 [Wed], 2009, 5:28
最近見たアニメの感想。
今更って感じだけど。

・機動戦士ガンダム00セカンドシーズン
うーんまだ終わってないんだけどさ。
みんな大人になったよね。さじがさぁうっとおしいんだけどさ、さじがでてくるとwktkするのよ。
さじ主役でしょ?OPとかアレルヤより出てくるジャン。
荒熊が死んじゃって涙目ですわ。

・BLACK LAGOON
東京編と双子編のつらさが異常。
しょうがないんだけどさ。しょうがないんだよ。
すごく気分が暗くなる。おもしろいんだけどね。
話が進むごとに強くなっていくロックがかっこいいけど、人の死に慣れてしまっているのが悲しい。
ロックには染まらないでいてほしい。

・CLANNAD
なんとなーく見た。
ボロ泣きです。ヒトデー!!
今2期も見てます。が、1期にはまりすぎてついついゲームをやっちゃってどうなるかわかってしまうのよね。
このままいくと大変だ!!
岡崎には幸せになってほしい。
それと便座カバー。

・純情ロマンチカ
まず言わせてもらう。私は腐女子ではない!!
乙女ゲームはやるけどBLゲームはやらない!!
というわけで、ネタとして見てみました。
ネタとして見たらおもしろかったです。
ヘルシー太郎とバサラのカップルがガチすぎて見ていられません。

・コードギアス反逆のルルーシュ
みんなー!!スザクだって生きてるんだよ!!
最後は予想したとおりだったけど、オレンジくんがみかん畑で働くのは予想してなかったなぁ。
ルルは愛すべき馬鹿ですね。

・マクロスF
ミシェルが死んだ回が私のなかでは最終回でした。
中の人(糸    色望)が好きっていうのもあるけど、一番好きなキャラでした。
あの死に方はないよ;;
女二人だったらシェリルが好きです。
楽曲はもちろんサイコーです。『インフィニティ』と『妖精』が特に。



 

June 23 [Mon], 2008, 12:12
っつーわけで、アニメの感想をば。

紅。なんとなく見始めたけどよかった。
作画のクオリティも高いし、ストーリーもよかったです。

出てくる登場人物も個性があって素敵です。
特にすきなのがべにかさん。強い女は好きですね。不二子ちゃんしかり。

俺が、俺達がガンダムだ 

March 30 [Sun], 2008, 5:48
自己満足のこの日記。
なんとなく初めて、存在自体忘れていたこの日記。
久しぶりに書きなぐりたいことがあったので書いてみる。

実はわたくしヲタです。
ちょっとだけ。

というわけで隠れヲタの私は某SNSにはかけないことをここに書き記すわけです。


久しぶりにはまってみていたアニメがありましてまぁ某機動戦士の最新作なのですが。
それが最終回だったわけですよ。

なんなんだ一体あの終りは!!半年待てなんてそんなバカな!!
こんなこと書いたら反逆ファンの方に反逆されそうですが、

ル○ーシュひっこめ!!!!!!!!!!!!!!

半年は長い。
半年もあったらね、あんた私が卒業できるかどうか決まるわけですよ。
ねぇ、人の人生なんて半年もあったらころっと変わるわけですよ。
この半年の間に私が死んだらどうしろというんだ!!

まぁ、言いたいことは、ガンダム最高ってことです。

とりあえず、刹那とアレルヤの生死がきになります。あと炭酸がいたような?



はぁ、とりあえず今からルルーシュ一期の復習します。
するんかい!!!!!!!!

以上、00、ルルーシュファンがおおくりしました。

一筆入魂 

April 11 [Wed], 2007, 23:10
ブログに何書いたらいいかわかりません。
わたくしの日常なんてまったく面白くないので、わたくしが日常で出会った面白い作品をジャンル問わず紹介していくことにしました。

まずは、あさのいにおさんの『ひかりのまち』です。


うーん…なんていうかなぁ。この人の作品は深いです。
きっとはまる人にははまるし、はまらない人にははまらないと思います。

私はいつもこの人の作品を読むと胃がもやもやします。
なんだか分からないけどもやもやします。

この中に出てくる社会的に見れば悪い人たちのやさしさが私には痛いです。
この人たちが持っている人を愛するというやさしさを自分は持っているのだろうか?

社会に排除されたような人たちの優しさは、痛くてあたたかいと思います。

耳を銃で撃たれたひとの名前がほういちって名前なのが私的に好きなセンスです。
安易ですが。

二日坊主 

March 07 [Wed], 2007, 2:01
三日坊主ならぬ二日坊主でしたね。
ダメダメです。

この前の日記?から色々ありました。
スノボに行きました。まだ膝が笑っています。
お笑いライブ見に行きました。
なんか若い子がキャッキャでした。次長課長の人気はすごいですね。
ちなみに今私は19です。
もう女子高生から見ればもうおばあちゃんでしょう。

ついに彼のサインをゲットいたしました。

昇天です。

舞い上がって下の名前書いてもらいました。
あんまりネットでは下の名前公開しないのであしからず。
まぁ別にいいんですけどね。

どうでもいいですけど、写真の隅に写っているのは私の足の指です。
全然意識せずに踏んでました。
あぁぁぁぁぁ、自分のバカ!!
バカバカバカバカバ
お母さんへ
なぜ私をこんなにがさつな子に育てたのですか?

千原兄弟 

February 06 [Tue], 2007, 0:29
今日、いいともにでてましたね。
はい出てましたよ。
完全に柳沢ペースでしたがね。

あっ、わたくし千原兄弟が大好きでございます。
えぇ。

この前、千原兄弟のメンバーの一人、千原ジュニアさんが(ちょっとアイドルグループ風)本をだしました。14歳というタイトルです。

大好きな人の大好きな本です。そりゃぁ売れてほしいです。
劇団、品川…みんな売れてます。
地味に南海山里もだしてますが…。

そんな彼の本を田舎の本屋じゃ入手困難ということを予想して、本屋に予約しておきました。
取りにいきました。
取り置きの棚の中に彼の本が2冊ありました。
1冊は私の手元へ、1冊を残して棚は閉められました。

こんな狭い範囲内に彼の本を予約している人がいると思うとうれしくなりました。
ルンルン気分で家路につきました。
あの本の持ち主になる人はどんなひとなんだろうなぁ。

と、かなり意味のないことを書いてみました。
でも私にとっては意味のあることです。
まぁ、まだブログ始めて2回目ですし、さだまってないってことですわ。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cbsjrda
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる