永田でマジ兄

May 12 [Thu], 2016, 16:26
FX投資で負けが大きくなってしまうと、その負け分を取り戻そうとお金をどんどんつぎ込んでしまう人も決して少なくないです。
その結果、大きな損失を生む可能性があるので、FX口座には目的以外のお金を入っていない状態にしておきましょう。
これは口座に貯金のお金が入っている状態だと、今ならまだ大丈夫だと思ってつぎ込んでしまう事があるからです。投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。増えすぎた含み損が、前もって定められた水準を超えた場合、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。


そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。


また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。
FX投資で得られた利徳には税金がどのくらいかかるのでしょうか?FX投資によって得られた利益は税制上、「雑所得」になります。一年間の雑所得の合計が20万円以下に当てはまる場合は、課税対象ではありません。
しかし、雑所得の合計が20万円以上になる場合には、確定申告のお手続きをすることになります。税金が未払いの場合、脱税となりますので、注意してください。他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。



巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、目安として日本時間では午後9時頃から午前2時頃までの間は取引が活発になり相場が動きやすいとされています。

それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きく変動することがあり、留意しておく必要があります。

重要な経済指標の発表日は知っておくのがセオリーです。FX投資を試してみるときに身につけておきたいのがFXチャートを見る技術です。


FXチャートとは、為替相場の動向をグラフで表したものです。数値だけでは理解しにくいですが、グラフ化が理解を助けます。
FXチャートを使わないと簡単に利益をあげることはできないので、読み方をつかんでおいてください。
多くのFX業者はFX取引を始めたい人のためにFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、必ず一度は試用してみるべきです。実際の取引同様のデモトレードですが、バーチャル取引ですからどんなミスがあっても懐は痛みませんし、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。
手持ちの大事なお金をいきなり動かしてFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、手順ややり方にある程度慣れるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。FXで勝つためには暴落のリスクを念頭において覚悟しておくことが重要です。暴落の可能性は低くてもどの取引にもリスクの可能性があることを頭においてトレードをしてください。
FXに絶対という言葉は通用しないので多少のリスクを伴うかもしれないと考えるようにします。



例えば、ドルの場合は利益にはつながりにくいですが、その代わり、リスクにもつながることが少ないです。


FXを始めたばかりの人は知識かつ経験もないので、負ける場合が多いです。


FX初心者が負けないコツは、損切りのポイントを設定することが肝心です。
それから、1回の取引ではなく、損益を取引全体で考えたほうがよいでしょう。トレードで9回勝っても、大きな損失1度でトータルマイナスになることもあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲耶
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cbpspqyeuifcof/index1_0.rdf