頑丈で健康的な髪を増やすには

November 15 [Tue], 2016, 1:22
頑丈で健康な髪の毛をたくさん生やすためには、頭皮の環境を整備することと、育毛のための治療を同時に行っていくことが大切なのですね。あまり良くなかった頭皮の血行が良好に改善されると、栄養成分が毛母細胞に豊富に運ばれるようになるのです。入浴中に頭皮のマッサージをする事は良いことですが、何事もほどほどにするのが良いでしょう。力を入れすぎて強烈な痛みを感じるように行ったり、長い時間マッサージし続けることはかえって頭皮には良くないことなのです。位置が遠いので関連性が薄いと思われやすいものの、実は育毛と腸内環境は関連性が強いです。腸の環境が悪化して便通が悪くなってしまうと、腸内にとどまっている食べ物のカスから有害物質が出て、体に毒になる成分が全身を循環してしまうためです。腸内環境改善には乳酸菌が効果があるのは有名ですね。乳酸菌は腸の状態をアップさせるだけに留まらず、IGF−I(発毛促進物質)の分泌を胃腸の中でより増加させる作用を持っていて、育毛効果がさらにアップすること請け合いです。美しい髪のためには栄養素のひとつである亜鉛が欠かせません。亜鉛は、髪の毛の主成分であるタンパク質を髪の毛に取り入れるために必要不可欠な成分なのです。加えて、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTの働きを弱くする力があるので、育毛と薄毛の両方に大切な成分だということが分かると思います。ちなみに、亜鉛が含まれる代表的な食品といえば、豚レバー、牡蠣または牛肉全般などがあるので、意識的に摂取すると良いでしょう。男性型脱毛症(AGA)を専門にあつかう病院に診て貰うのではなく、それ以外のところでAGAの治療をうけるのであれば、診療科は皮ふ科か内科に行くのが妥当でしょう。医療費の面でいえば普通の病院のほうが安くつく場合が多いです。ただ、全ての内科や皮膚科がAGAの診療を出来るというのではなく、ポスターがあってAGA治療可能と言っている医院でも、AGAに対する治療の選択肢は、専門の病院と比較すると少ないといっていいでしょう。間接的な効果という意味で、長期にわたるAGAの治療では頭皮のマッサージが有効ですから、やり方を知っておいて損はありません。的確なマッサージによる刺激で頭髪の成長土台である頭皮の状態が良くなるので、医師による治療との相乗効果で良い結果を出しやすくなるからです。頭皮のマッサージは非常に気もちの良いものですし、新陳代謝が活発になり、ターンオーバーで剥がれた角質や酸化した皮脂が排出されやすくなるというメリットがあります。今の時点でAGA(男性型脱毛症)に対する薬効があると認められている成分といえば、以前から知名度の高いミノキシジルとフィナステリドといったところでしょう。フィナステリドをふくむ薬は複数出ていますが、病院で処方されるプロペシアに含まれています。一方、微量のミノキシジルを含んだケア製品や薬は薬事法で第1類医薬品に分類されており、薬剤師のいる店であれば手軽に購入できるのに対し、プロペシアは医療用医薬品のため医師の処方がないと購入できないのが特長です。育毛に効果的なのは運動であるといわれても、いまひとつわかりにくいですね。ですが、運動不足な人は血行不良になりやすく、太りがちになります。血行が滞ると髪に必要な成分が毛根まで運ばれなくなりますし、肥満もまた薄毛の一因であります。軽い運動を生活に取り入れてゲンキな髪を目さしてください。現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法は大きく分けて2つあります。塗り薬や内服薬といった一般的な方式と、髪の根元にじかに有効成分を注射する外科領域の治療法です。どちらが良いと一概には言えません。体質的な問題もあれば症状の出方でベストな対策は異なります。病院で医師に自分の症例に最適な治療を判定してもらい、アドバイスをうけたうえで治療にとりかかることをお勧めしたいです。育毛したいとお考えならば早めの禁煙が必要です。タバコには体に悪い成分が多く含まれていて、育毛へ影響を及ぼします。血の巡りも悪くなってしまいますから、健康な髪が生えるのに必要な栄養分が肝心の頭皮までいかなくなってしまいます。近頃、薄毛になってきたという人はタバコを一刻も早く止めたほうが良いでしょう。男性型脱毛症(AGA)の治療を病院に通うことなくセルフでするのは、可能ではあるものの、出来ることは限定的です。植毛は医療行為ですし、超音波やレーザーなどを使用して有効成分を毛根に注入する技術も医療機関でなければできません。しかし、内服薬やローションなどは外国に自分で発注したり、個人輸入代行業者を利用することでクリニックなどに頼ることなく治療ができるのです。その際も割安なジェネリック(後発)薬を利用すると、皮膚科やAGA専門のクリニックに行くよりはだいぶ安いコストで治療することが出来ます。喫煙者にとっては厳しい事実かもしれませんが、タバコというのはAGAの症状を悪化させるリスクが高いです。タバコを嗜む人ほどDHTと呼ばれる成分、すなわちAGAの発生因子であるホルモンが増加してしまうことがわかっています。それにニコチンの摂取は血行不順を招くのでストレス解消のつもりが肌や髪には結構の損傷を与えてしまっているのです。育毛やAGAの治療には大きなハンデとなりますので、もしかしてこれはAGAではと思ったら早いうちに禁煙するほうが、症状が進む速度も遅くなります。肌に合わないものを使うと、顔にニキビやかゆみ、炎症の症状が現れるケースがあります。顔の肌と頭皮は地続きですから、体質に合わない成分の育毛剤を使うと、こうした肌トラブルを抱えやすくなります。育毛剤の効果と勘違いして放置していると、反対に頭皮環境が悪化し、逆効果になる可能性があります。もし、頭皮に肌トラブルの症状が出てきたらすぐに使用を中止するようにしてください。FDAによって認可しているアメリカに代表され、多くの国が低出力レーザーの育毛効果を認めています。人の体の細胞の活性化に寄与したり血液の流れを良くすると考えられており、育毛の他の治療でも実績を出しています。国内でも導入を始めるクリニックが珍しくなくなってきましたし、威力が業務用より抑えてある低出力レーザー育毛器も家庭用に買うことが出来ます。髪の毛をセットする際に使われる整髪料ですが、育毛の観点から見れば、あまりおススメできるものではありません。空気中の埃が整髪料によって髪に付着しやすくなり、普通にシャンプーするだけでは落としきれない事が多く、頭皮に付いたまま残ってしまうとそれが毛穴のトラブルを引き起こしてしまい、健康的な髪の成長を阻害します。それでも使用する必要がある場合は、できれば頭皮を避けて整髪料を使い、時間をかけてシャワーで洗い流すようにしてください。ある育毛剤を使いたいと思っても、処方箋がなければ購入できないことがあります。しかし、外国から輸入することで簡単に使うことが出来ます。ですが、日本で規制がかかっているような育毛剤は、一般に市販されている育毛剤よりも強力な成分が配合されていることになります。うまくいけば十分な効果が現れますが、体質に合わないと育毛治療がうまくいかないだけでなく、強い副作用に苦し向かもしれません。また、外国語のホームページや商品説明を理解する必要があるため、詐欺の被害も後を絶ちません。これらのリスクを理解した上で利用するようにしてください。ケースケ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れい
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cbdva48090/index1_0.rdf