出勤や家庭のことで思い詰めるのは育児には逆効果

May 31 [Wed], 2017, 8:38
ゆとりのある胸中で仕事って養育の自分なりの併存を図るようにしましょう。表面上は何とかできているように見えても、本当は仕事って養育を積み重ねることを苦痛に感じているヒトもある。自分が思い描いていたままの養育や、仕事ができていないと、その過誤反応をきつく感じるものだ。保育園に通わせておるこどもも、たまに発熱があって迎えに行かなくてはならなくなったりする。こんなことが再三あると、仕事という養育ともバランスよくこなしていく自負なんて無くなってしまう。養育も、仕事も、問題なくやり続けたいとしていても、片側が、既に片方の日数を削いでしまうことはよくあります。自分では何ともことなので、ガッツリを思い悩むのではなく、仕方が無いって諦めることも大切です。全然のヒトでない限り、仕事もして、養育もしようとすれば、不充分な部分も出てきます。自分の力では対応できないことがあっても、人の力を借りたり、対策を覚えるため、できることは増やしていけます。養育も、仕事も、真にやってみながら方法を覚えるものですし、こどもも成長して、状態はいくらでも変わっていきます。ガッツリ悩んでいたことも、日数が経てば、何だったんだろうという時節がしっかりやってきます。養育といった、仕事をとも実践するには、たまに一大思いをすることもありますが、だんだんと上手にできるともなっていきます。