竹林と泡姫

January 05 [Thu], 2017, 16:38
看護師というのは、大変なことも多い職業ですが、継続しやすい仕事であるというふうにも考えられています。

結婚とか妊娠で、一回休みを取った場合も、復帰しやすい職種なのです。

高いレベルの専門性が子育て後の復職のしやすさに結びついているといえるのです。

とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職率の高い仕事でもあります。

看護師って医療機関勤務で手堅そうな職業ですが、過酷な仕事の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。

婦長クラスにまで昇進したらともかく、多くの人は苦労の割にはイマイチの額なのです。

給料の見合わなさに嫌気がさして辞める看護師も滅多にいないわけではありません。

ナースは病棟の仕事仲間と飲みに行くことがあります。

人手が足りていないので、全員参加することはなかなかありませんが、なんとか合間を縫ってどんちゃん騒ぎに参加します。

普段言えない話も話せるので、愚痴を思いっきり吐き出して飲み会はとても盛り上がります。

叔母にあたる人が、ついに離婚を決意してふるさとに戻ってくることになりました。

久しぶりに再会した私の想像よりも叔母は元気そうで、「私は看護師資格を持っているから、どこへ行ったとしても仕事には困らない。

あんな男といなくても十分生活できるわ」と笑顔でした。

知人が入院している病院に顔を見に行ったのですが、看護師さんが大忙しで複数の患者さんの対応に追われている姿をよく目にしました。

思うように体を動かせない患者さんは、しょっちゅうナースコールで助けを求める人も多いのです。

看護師さんという仕事は、お見舞い客が短時間だけみても、いつも重労働ですね。

一般に、看護師は医師からの指示で医療行為をするケースが多いですが、簡単な医療行為であれば、医師の指示を受けなくてもすることができます。

であるから、老人ホームを始めとする福祉施設に看護師や医師がいる場合、こんなに心強い事はないと考えられます。

全国の病院や様々な医療機関では、これまでずっと看護師が不足している状況が継続中です。

そのため、就職、転職に関して看護師は極端な売り手市場であるといえます。

看護師資格を取得していれば、自分の希望条件や適正に見合う最適な職場を比較的簡単に選択することが可能です。

平均寿命は伸びる一方でいまや超高齢化社会となりました。

そういう状況で、需要が見込まれる職業が介護士に医師、看護師です。

全て専門知識とか技術が必要とし、楽な仕事とはいえません。

3つの職業人を育てることについて政府は今よりも、真剣に考えるべきではないでしょうか。

看護師の仕事に就くには、単に知識や技術のみではなく、「この業界で仕事をするんだ」というような固い意志が重要だと思います。

専門職だから、OLなどに比べると高収入で、働き口に困ることもないです。

だけど、日常ではほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。

希望条件に合う病院や医療機関への転職を目指す看護師にとって大事なのはやはり、面談です。

面談の際によくされる質問としては前のクリニックでの仕事について、退職した理由、働くとしたら、この病院で何をしたいと思うか、看護観などです。

こういった質問にスムーズに回答できるようにきちんと考えておきましょう。

交通事故で救急搬送された場合に、医師が見落としてしまった私の鎖骨の骨折を発見して処置を施してくれたのは若い看護師さんだったのです。

後になって、知りましたが、とてもお若い人なのに看護師長の地位でした。

能力評価が正当にされた結果なのだと思います。

基本的に、看護師は患者の方の命に影響を与える業務をしているため、相当、神経を使うでしょう。

だけど、それでいて、決して高給とは言いにくい給料で一生懸命に仕事をこなしています。

そういった看護師の仕事へのやる気をアップするためには、どうか給料を高くしてほしいと感じます。

中には、退職金に懸念がある人ももしかしたら、多いかもしれません。

看護婦の退職金は、国立、県立の病院なら支払い額が多いです。

続いて、退職金の金額が大きいのは大学病院でしょうか。

小さいクリニックでは、多くありません。

夜間に勤務することが多いので、ほとんどの人にとっていいとは言えませんが、基本的には、規模が大きい医療施設の方が退職金などの待遇が良いでしょう。

とても仲の良い看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。

けっこう楽そうな病院でしたのに、どうしてなの?とそのわけを問うと、「暇でしょうがなかった。

もっと忙しく働いていたい」ということでした。

なるべくなら、仕事をしたくないと思っている人が多い中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。

看護師不足の病院も多いため、再就職はおすすめします。

しかし、あまり前職からの期間が経っていたら少々不安ですね。

転職を紹介してくれる先などを効率よく活用して困ったときに、相談にのってもらえるような機能を活用してください。



どんな仕事でも、業界用語があるものです。

任務をスムーズにこなすためなどの理由である業界でしか通じない言葉が発展しています。

医療の現場で働く方でも同じように業界用語が利用されています。

一例として、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、いっぱいある業界用語を使って会話しています。

看護師は必ずしも正規雇用というわけではなくパートやアルバイトで働くこともあります。

その時、大事になってくるのが1時間あたりの給与額です。

正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は待遇が良くないことが多々ありますので、せめて時給くらいは高くないとやりがいが見つけられないですよね。

理想を言えば、時給が安いより高いほうがいいですよね。

いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは重要な職務といえます。

日々、厳粛な現場で激務をこなしていたら、様々な精神的な負担につぶされてしまうケースもあります。

看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、強い緊張感にかられることもたくさんあり、精神的負担をどうにか発散させる方法も重要です。

向上心のある看護師が看護の技術をより磨いたり、成長のために、医療経験を積むには、それ相応のノウハウがあります。

今、勤めている職場からもっと違う病院や医療施設などに転職というするのも一つの選択です。

それに、最先端技術、より幅広い知識を自分のものにするためになにかしらの看護に関わりのある資格を取るというのも能力向上の方法の1つです。

看護師は主に病院で働いていますが、ただ、医療行為さえすればいいわけではありません。

看護師は病気やケガで動けないクランケの身の回りの世話も重要な仕事なので、病院の中でとても多忙に勤めていますよね。

激務の割には、薄給で、体を壊してしまうほどのストレスを感じることもありました。

これまでは看護師が男性の場合に限って、士という漢字を使っていました。

ところが、今は男性の看護師や女性の看護師でも、看護師の仕事をしているならば、師という漢字を使用するようになっています。

看護師、看護士の両方を用いていると、あやふやで分かりにくくなるので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。

看護師として仕事する際、比較的楽だと思われているのが、外来による勤務です。

もちろん、人の命を預かるという責任は同じですけども、夜勤に出る必要がない、割合に休暇がとりやすいというような理由で外来勤務を望む人も増えています。

一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だと多くの人がいいますどんな仕事でも直接に人と関係することがなくなる傾向にあります。

他方、看護師は人と深く交わることができ、支えることができるという点においてチャレンジングだと感じる方が大勢いるのでしょう。

世間一般では、看護師の仕事はハードな職業だと認識されています。

というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、慢性的に人手が足りない状況により仕事をする時間が長引いてしまう傾向にあることが原因です。

労働時間が長いことに加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、常に、疲れと心労を抱えている看護師が多くなるのでしょう。

転職しようと思う看護師の志望動機には様々な理由が想定されます。

一例を挙げれば、最先端の医療、高度な医療技術の習得、見聞きだけでなく、多く体験するために、より専門的な病院に転職したいといったケースもあるはずです。

それと、結婚や出産に伴って起こる家庭の事情によって転職せざるを得ないケースも多くあります。

看護師の働く場所は医療機関ですから、シフトは様々です。

それが原因で、安定してお休みが取れないといった難題があるでしょう。

看護師という職業は医療機関にとって大事な仕事ですが、働いている側の本音としては悪いと言わざるを得ない職業であることが珍しくありません。

やはり、看護師の仕事は、大切であり、どのようなものであれ、医療的な施設ではなくてはならない重要となる業務を担っているのです。

かなり責任重大な仕事ですし、夜勤というイレギュラーな勤務形態により睡眠時間が足りない看護師が少なくありません。

ですから、看護師というものは自分自身の健康の管理も重要な業務の1つになります。

看護師にとって楽にこなせる病棟としては、採血室が一般的に知られています。

透析、採血、献血などの限られた業務のみを行う配属先です。

献血センターなども当てはまります。

基本的には、同じ作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、命にかかわるようなことはほとんどないのです。

採血は、どの科でも必要となるので、その後、どの科に替わっても役に立つ技術です。

私の友人の看護師が長い間、人間関係で悩んでいたのですが、ついに先月、病院を退職してしまいました。

このような環境におかれたご時世、新人の看護師を迎えるとしても看護師のなり手があまりいないそうで、病院側は対応に苦慮しているとのことです。

退職された後に、困ってしまうなら、そのようになることを防ぐために、待遇などに配慮すれば改善するのにと思います。

看護師の平均的なお給料額は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが実態であるようです。

いつもよりよい月収を支給してくれる勤務先を志望して転職活動をしている人がいます。

月給が良い病院は、やっぱり人気でめったに求人が出ないので、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動している人もいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuto
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cb7e5olllvide8/index1_0.rdf