酸素美泡湯レポ(2年3か月)

February 02 [Tue], 2016, 11:39
ブログ更新が滞ってましたが、0歳児育児に励んでいたということでお許しくださいね。

コメント欄でリクエストをいただいたので、入居後のPanasonic 酸素美泡湯の使用レポートを書こうかと思います。

この記事を書こうと思って、「美泡湯」で検索したところ、私のブログが結構上位でヒットしてくるんですね!
どうりで全く更新していなかった期間もブログアクセス数が高いわけだ(笑。



過去記事はこちら。

「美泡湯を入れると決定するまで(その1)」
「美泡湯を入れると決定するまで(その2)」


===================================


入居後の感想ということですが、計算してみると引っ越ししてからすでに2年以上が経過...
早いですね.

さてさて美泡湯ですが、
結論を言うと

満足してます

毎日使ってますよ。
(夏はお風呂にお湯貯めない日もあるので使わないけど、それ以外は毎日)


■使い勝手:
使い勝手は全く問題ないですよ。
だってバスタブに入るときに、横にあるボタンをピッとするだけで、サーっと泡が出てくるので。
使い終わりもボタンをピッとするだけ。
息子(引っ越し当初は年中さん)は最初ボタンを押すのを楽しみにしていて「自分が押す係〜!」と言ってましたが、もう小1になり、木がつけばボタンを押す係さんは自然消滅していますね...

掃除も簡単。
掃除の仕方シールがバスタブ内に貼ってあるので(そろそろはがそうか思案中)、それにしたがって時々掃除をするくらい。
泡の出が悪くなったら掃除、と書いてありますが、正直泡の出が悪くなることは今のところないので、年に数回の大掃除の時にちょこっと取り外してちょいちょいっと掃除用歯ブラシと水で洗ってみたりしています。
気休め程度の掃除です。
でも、今のところきれいをキープできてます。
毎日使ってるからということもあるのかな?


■温まり具合:
HPでは39度でOK的なことが書かれてますね。
うちは...もともと熱めのお湯が好きってことも大きいんだと思いますが、41〜42度で給湯しています。
あったまりますよ。
美泡湯を使った方があったまるのかどうかは、同日に比較するわけではないので、正直よくわかんないんですが...
でも、寒い日は自然と「美泡湯つけよう!」と早く思うので、体があたたまることを理解しているということでしょうか???

そうそう、導入動機の一つだった息子の爪ですが、今はきれいに治り、立派な頑丈な爪になってます。(美泡湯のおかげなのかは天のみぞ知る事実ですが、病態の事実として、現在は治っている、ということです)


■汚れ:
毎日使っているのと、当然体を洗ってからバスタブに入るので美泡湯で汚れが取れるのかどうかよくわからない部分もありますが、美泡湯を稼働させた日の方が、お湯を抜いた後にバスタブ掃除をするときにバスタブサイドに残る汚れ(垢なのか?)が多い印象は正直あります。
美泡湯をつけるだけでは水面に垢が浮くことはありませんが、うっかりバスタブにボディソープの泡が入って美泡湯を動かしているときには、水面に界面活性剤と垢が混じったようなモロモロが出ますね。
美泡湯を稼働していないときには、少量の界面活性剤でそんなモロモロが出ませんので、きっとこれが美泡湯の力なんだろうと思ってます。


■気持ちよさ:
体が温まる気持ちよさとは別に、皮膚表面に気泡がつく気持ち良さがあります。
こっちははっきりと実感のある気持ち良さですよ。
皮膚の毛が立つ感じ?
あと、全身に泡がついた後は、その泡がプクプクプクっと体表面を走って水面に抜けていくので、全身をソフトタッチマッサージされているような感覚になります。


■泡のたち具合:
一番風呂が一番白く濁ります。
2番風呂だと、濁りが控えめになる印象があります。
水中のカルキ成分とかに関係しているのかな?


■音:
全く気にならないですね。
戸建ということもあるんだと思いますが。
掃除機や電子レンジよりも全然小さい音です。
追い炊き音と同じレベルだと思います。


■そのほか:
入浴剤との併用は悪いのかどうかよくわかっていないので,入浴剤を使うときには美泡湯をつけないようにしています。
以前は冬には保湿系の入浴剤を使ってましたが、美泡湯をいれてからはそれを必要だと感じなくなっているので、正直入浴剤を使う機会も減りました。


===================================

こんな感じですね。
少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

バルコニーの1年半を振り返る

July 14 [Tue], 2015, 15:00
以前,『ハンモックのある生活☆』という題の記事でバルコニーのことを少し書きましたが,
その後のバルコニー活用の続報(?)です.



天気がいい週末は,バルコニーのテーブルでランチを食べたり,







夏には家庭用ビニールプールを出して,
人目を気にせず大人もバカやって楽しんでみたり,


(子供相手に本気になってるほんもののバカなんですが....→夫)





にゃんこは毎朝欠かさずパトコロール兼日向ぼっこ.


我が家のにゃんこはお外には出さないにゃんこなので,彼女にとってこのバルコニーは太陽の光を直接浴びれて,外の景色を眺められて,遊びに来る鳥や虫と触れ合う社交の場でもあります.



わんこも,はぁはぁとパンティングしながらも日向ぼっこが好き.






夏には,自分で捕まえたくせに手でつかんで空に返すのが怖いというセミを,虫かごのまま放置して,自ら自然に戻ってもらう放流場所になったり,
(それを猫が見学.見てるだけ.猫もセミがビビビビ!と急に鳴くのが怖くて手を出せない・・・・)





いちごやブルーベリーなどの目で楽しめる果物を育てる空間にしたり,


お庭だと,毎日外に出るわけではないので,色づいていくる日々の変化を観察できないから.
あと,バルコニーまで果敢に攻めてくる野鳥は少ないので,庭で栽培するよりもこれらの果物は安心!




気が向いたら,ハンモックもするし.





息子の友達が遊びに来たときは,もっぱら運動場に変身!


この写真ではトランポリンをバルコニーに出してます.
室内用トランポリンではあるけど,外で飛んだほうが気持ちいいらしい.
家の前の道路も車とおりは多くないのでそんなに危なくはないのですが,そうはいっても外は外なのでいろいろ安全面とか気になるものですが,室内兼屋外で遊んでもらえると,よそのお子さんを預かっている親の立場としてはだいぶ安心です!




========================


....とこんな感じで,バルコニーそうとう活用されています.

リビングと一続きのバルコニーにして大正解でした.
あと,バルコニーの壁は高めがおすすめ.
周囲の家からの視線が気にならないから.
遊ぶ時も,日中も.
バルコニー側は,外からのぞかれる心配がないから,東〜南側の窓もカーテンをあんまり閉めずに,青い空と太陽を見ながら過ごせます!

ほんと,おすすめー!




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

庭の小屋のこと その2

July 09 [Thu], 2015, 17:58
こんにちは.
庭の小屋の件,続きです.


佐川急便さんによって届けられた資材,順番に開いていきました.
そして,無塗装の資材を買ったこともあり,まずは防蟻・防腐剤から塗っていきます.
一応塗ってあるし,蟻が比較的寄り付かない木材を使っているということでしたが,組み立ててしまったらなかなかあとから塗装できない部分も多いので,念には念を入れて全部自分たちで塗りなおしました.

防蟻・防腐剤といっても,種類は山ほどあって,最初はちんぷんかんぷんだったのですが,そこはまたインターネット検索のお力をお借りして,『キシラデコール』に決めました.
類似品もいっぱいある中で,お値段は一番しますが,やはりみなさんがイチオシなので...(口コミに弱い.)

まずは,♯101カラレス(無色,下塗り用)を.
1回全体を塗ったところ余ったので,床下とか,建物の裏側の資材とか,組み立てた後の再塗装が困難そうな部位を下塗り用で二度塗りしました.



次に,本塗装.
本塗装は,♯111ウォルナットと♯116のブルーグレーの2色で塗り分け.


一人がせっせと塗装をしている横で,もう一人は土台作り.
下を平らにして,砂利を敷いていきます.
この砂利は,ホームセンターで購入.


小さいお兄さんも,邪魔しているのか,手伝っているのかよくわかりませんが,一緒に何やらせっせと運んでいました.



================================



そして,

組み立てのプロセスなんですが,,,,

前回も言った通り,写真が見当たらないのです!


結構大変だったのに.


屋根も,防水シートを貼った後,アスファルトシングルを一枚ずつ貼り付けていって,手がかかったのに...




でも,写真がないので,仕方ないです.
組み立てプロセスはさくっと省略.


で,ほぼ完成したのがこちら.
↓↓

2月の雪解けと同時の作業だったので,横浜市内とはいえ,まだ雪がこんもり残ってますね.
よく見ると,屋根の一部が無塗装のままですが,ここで私の海外出張やら,そのほかいろんな用事が入ってしまい,数週間,この中途半端な状態のままブルーシートをかぶせて放置(苦笑).


そして,ようやく最後のプロセスを踏んで完成させたのが,こちら.
↓↓
正面写真

この写真の日付は2014年3月10日でした.


このままではさみしいので,少しずつ周囲に植栽を.


(これは2014年4月19日の写真.)


上の写真のように,まずは,小屋の横にはカツラ(桂)の若木を植えました.
株立ちの子を選んで,自分たちで穴を掘って植えました.
植物の種類もよく知らなかったので,本やらインターネットの力をお借りして,好みの樹形や葉の形の植物を探すところから.
桂は大きくなる植物なので,自分たちでもサイズ調整しやすいように株立ちであることは必須.

そして,小屋の前には,セダムを数株買って植えました.
セダムも種類は超豊富!
その中でも私たちが選んだのは,セダム(極細葉)モリムラ万年草.
生やしたい面積は結構広いのに,たったの8株(9センチポット)のみを購入し,ポットから出して手でムチっと根ごと半分に裂き(相当荒い作業です),土壌改良もしていないカチカチの土に適当に間隔をあけて植え込み!
(上の写真で小屋の前に見える,黒〜緑のぽつぽつとした物体がこのセダムです)


このセダムさんたち,たったの157円×8株でしかなかったくせに,大変いい働きをしてくれまして,
こんな栄養分も何にもなさそうな土であるにもかかわらず,
にょきにょきと増え続け....


2014年6月5日の写真では,ここまで増えてました.
↓↓


多肉植物なので,適当に植物体を手でちぎって,ちぎった葉っぱを,土の上に撒く.
ただそれだけで,広がっていきました.
ものすごい生命力.
水なんてあげてません,こんなに土がカラカラなのに.健気なものです...(涙)

同じく,6月5日の写真.



そして,さらに時間は過ぎて,
梅雨や夏の時期にはみっしり生え(写真なし),

秋の紅葉の時期には,セダムも紅葉.
↓↓

(2014年11月19日の写真)

(あ,小屋の横にフェンスが登場していますね.このDIYフェンスについても今後記事にする予定です)

紅葉しても,基本そのまま放置.
春が来ても,そのまま放置.

  ・
  ・
  ・
  ・

そして,今年の春.
こんな感じでした.
↓↓


いい感じにセダムの絨毯になってます.
最初の頃こそ,定期的に葉をちぎって薄い部分に撒いたりしていましたが,最近はそれすらもしていません.
水も雨が降った時に自然に注がれるのみ.
それなのに,色鮮やかに,季節に合わせた色に変化する,素敵な植物です,セダム君.



小屋つくりのレビューのはずでしたが,いつの間にかセダムレビューになってしまいましたが,
そんなこんなで,我が家の唯一の万年日陰の一帯は,どんよりすることなくそれなりにかわいらしい空間になっています.

小屋の中は,培養土やら,肥料やら(セダムには肥料も培養土もあげないけど他の花にはあげてる),作業用のハサミ・軍手・麻紐,蚊取り,長靴,プランター,などなど.
大物では,冬用タイヤや家庭用耕耘機の保管場所にもなっていて,なかなか重宝しています!

見た目もかわいいので,道行く近所の人(おもにお年を召した方)に,
『物置小屋もかわいらしくてすてきねー!』とほめていただいたりしています.

あとは,子供の友達とか.
遊びに来る子は必ず,あれは何?と質問してくる.(笑.




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

久々更新! 庭の小屋のこと その1

July 08 [Wed], 2015, 17:01


どうもご無沙汰しています。
ハッと気がつくと前回の更新から、1年半??

そしてそして、実は入居前WEB内覧会が一巡しきってないうちに力尽きていた、という事実……。
2階のトイレと、造作洗面台と、2階からロフトへの階段と、ロフトと、物置が残ってました。

中途半端だなぁと思いながらも,今から入居前の記事を書くテンションにイマイチならないので、また、気分が向いたらその辺り書かせてもらいます。
(その日は来るのか…?)


なぜ,今回,こんなにも放置したブログを急に更新しようと思ったかというと、
今,実は第二子妊娠中で、
仕事も産前休暇に入り、
ほんの少しだけ時間が出来てきたから,なんです。

たまってきた写真(主に庭の写真)や、家のメンテナンスの話題も溜まってきたので、家の記録としてボチボチ書いていこうかと思います。


========================================


えーっと、まずは何から書きましょうか。。。
では、色んな写真に写り込んでしまっているから,これはなぁに?とならないために,お庭の角に自分たちで建てた小屋(物置)のことから書きましょうか。


我が家のお庭の南東の角なんですが、南東という方角から受ける印象とは裏腹に、隣家の陰になって我が家で唯一の陽が当たらない場所なんです。
(逆に言うと、それ以外の庭は陽が当たらないことはない場所ばかりなのでありがたいのですが。)
土地を買うと決めた時から、この一角をどう使うかが悩みの一つだったのですが、植物を植えるより、物置を建ててしまうことに決めました。

件の南東の角はココです。
↓↓



物置を置くとはいえ、駐車スペースのすぐ後ろなので、
家の前の道路を通る人からもよく見える場所であり(特に車が外出中は丸見え!)、
無機質な物置(像が乗っても大丈夫なイ〇バ物置風のものとか)を置くのはちょっと抵抗が...。

(車の後ろのスペースです。)
↓↓



そこで、いい物置はないかとインターネットで検索しまくり(検索しまくっていたのは家の建築中)、
外構屋さんに小屋を建ててもらうことも検討したのですが,
既存品でこれだ!と心ときめくものがなかったこともあり,
最終的には,『お気に入りの小屋を自分たちでDIYで建ててしまおう!』という結論に至ったのでした。。。


引っ越したのが、2013年の11月。

小屋に着手したのが、2014年の2月。

2月というとまだまだ外は寒かったし、この年は大雪が降った年だったので庭には雪がこんもり積もってたので、本当は着手をもう少し後にしたかったのですが.
でも,ガーデニング用品をいつまでも庭に雨ざらしで転がしておくわけにもいかないし、
春の芽吹きの時期には周囲の植栽も植えたいし、
と諸事情を総合して、雪解けとほぼ同時に作業を開始したのでした!

(実際には、作業の途中で2回目の大雪にあい,急いでブルーシートで資材を保護したり,まだ解けきっていない雪の中(正しくは雪の上)で作業した日もあったような.....遠い記憶)




DIYで建てると偉そうに言ってみても、私たちは完全な素人なので、本当の一からの建設は厳しく、こちらの会社の組み立てキットを活用させてもらいました。
↓↓
有限会社さくら さん


サイズも色もたくさんの種類があって、相談をすれば細かい要望も聞いてくれます。
うちは、『こもれび』というシリーズの無塗装を購入して、塗装と組み立てを自分たちでしました。

有限会社さくらさんのHPにある同シリーズの無塗装完成版はこんな感じ。
↓↓
(写真はさくらさんHPより拝借)

うちの小屋はこのサンプルの写真よりは大きいサイズのものだと思います.


資材は普通に佐川急便さんが届けてくれたのですが,
届いた時には、そのボリュームにびっっっくりしました!

「うわー、こんなにいっぱい!」って感じです。
庭の一角に積んだ写真はこちら.
↓↓





では、長くなるので、今日はひとまずここまでで。
次回記事は、小屋組み立て作業のことについて書こうと思います。

ただ,写真が,なぜかあんまりないのです.
作業中の写真たくさん撮ったはずなのに.見つからない(涙!)






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

雪の中の我が家

February 15 [Sat], 2014, 23:06
雪ですね。

先週末も雪でしたが、今週末も雪ですね。。。

ガーデニングをそろそろ始めたいんですが、天気が許してくれません(T . T)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


これは先週の写真。




朝起きた時は、バルコニーにちょっと雪が積もってました。

この辺りは雪が降ることすら珍しいので、積もったねー!!なんて言ってちょっと喜んだりしていたのですが、結局一日中雪は降り続き。。。


で、夕方には、この積雪!



うん。

たっぷり。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++


雪かきは大変でしたが、雪化粧した我が家はいつもと違う装いで、また新鮮でした。





パパ、雪かきがんばって!






子供はかまくら作り☆



で、今週はこんなもんじゃなかったですね。

風が吹いたから場所によって積雪量は違ったけど、深いところは余裕で積雪1メートルでした。


庭の雪が溶けて、小屋を立てられるのはいつになることか………


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ハンモックのある毎日☆

February 14 [Fri], 2014, 23:00
前回、バルコニーのWeb内覧会をやりましたが、今回は住んでからのバルコニーを紹介します。

休みの日のお昼には、ダイニングから繋がっている利点を生かして、バルコニーで家族でランチにしたりしています。

こんな感じ。



暖かい日限定ですけどね、まだ冬だから。

後ろにあるには、ハンモック。

以前の記事にもしたけど、いい感じで使えてます。



大人が一人で乗ってると、必ず息子が割り込んできます。。。



正直………邪魔です!



ハンモックの金具の付ける位置は、設計段階から決めていたので、サイズもバッチリです。

かかる重量も考えて柱部分につけているので、荷重も問題ないようです。





また別の日。



平和な我が家です。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++



ハンモックはフックで取り外し楽々なので、お出かけの時に車に積んで行けば、どこででも使えます。

これは、夏に蓼科の別荘に遊びに行った時の写真。





森の中のハンモックは格別です!!



マイナスイオンとかよくわかりませんが、森林浴の気持ち良さは肌でわかります。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[Web内覧会]リビングからつなげたバルコニー

February 09 [Sun], 2014, 21:45
Web内覧会もう何回目でしょうか?



入居前内覧会はあと数回で完結できる予定です。

…多分。

……いやどうだろう。




今回バルコニーで、
次回2階の洗面で、
そのあと2階トイレで、
そのあとロフトで。。。

多分それで晴れて第一巡が完結の予定。

よし、もうちょっとだ。

がんばろー!!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++




バルコニーはリビングとダイニングのどちらからでも出れる位置にあります。

バルコニーは正方形なので、そのうち一辺がリビングと、別の一辺がダイニングと接してるというわけです。

その2辺の交わる点に例の猫階段があるというわけです。

以前も出した写真ですが、ロフトからのこちらの写真をご覧ください。



この写真で左下がダイニング、左上がバルコニー、右下には見えてないけど畳コーナー、右上にはリビングという配置です。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++



リビング側の窓は開口部を大きくするために3枚ガラスになってます。
つまり1/3のスペースに3枚のガラスが集合できて、2/3が開口部になるという窓です。







全開口窓も最初検討したのですが、

1)窓枠の本数が3枚ガラス窓よりも多くなってしまい窓を閉めた時に威圧感が出てしまうこと
2)全部開けないと網戸にできない
3)窓を開けている時に風が吹くと窓が左右に動いてしまう
4)値段がはる

の4点を上回るメリットが見いだせなかったため、全開口窓は結構早い段階で不採用となっています。

住んで見て感じることは2/3開口で十分な開放感です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バルコニーを2辺接続したのには、リビングやダイニングと独立した外界ではなく、つながった空間としてリビングを見たかったから。




バルコニーの壁も高めにして隣家から見えにくくしていることもあって、バルコニーの窓のカーテンは基本的に開けっ放しで、普段からバルコニーは室内から丸見えにしてます。

特に夜はバルコニーの電気もつけて、リビングの一部のような感じで頻繁に使ってます。

引越し当初は寒くて中から眺めるだけの空間でしたが、最近は週末のランチはバルコニーで食べたり、子供や猫が日向ぼっこで転がったり、と楽しく使ってます。

あと、実は大人もバルコニーで楽しんでて、その理由はハンモック!

以前記事にも書いたけど引越し前から準備してたハンモック、大活躍です。

ハンモックについてはたくさん書きたいことがあるから、次回記事でハンモック特集(?)の別枠を作ります!




++++++++++++++++++++++++++++++++++++



バルコニーの床は、元はFRP加工の普通の勾配付きのバルコニーの床でした。

その床の上に半樹脂のウッドデッキ風の敷物を入れてます。





本物の木のウッドデッキも検討しました。

腐りにくいとされるウリン材を使うもの。

値段は半樹脂製のものと全く一緒で。



手入れが一切いらない点、
半樹脂の見た目や肌触りが想像以上に良かった点、
半樹脂製のものなら排水溝点検口がつく点、
プランターなどの水ものをずっと置いておいても腐らない点、

などなど、
総合点では圧倒的にウリン材を上回った半樹脂製製品に軍パイが上がりました〜。


うちは、ナチュラルなものに憧れながらも、なんだかんだ比較するとやはり実用的なものを選んでしまうようです。



ナチュラルになりきれない、ニセっちょナチュラル志向です。。。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++



もちろん(?)、バルコニーの格子も半樹脂製。
えへ。





そして、前の記事でも文句を書きましたが、この格子は私のリクエストしたものとはかけ離れたものがついてます。

でも、もういいの。

今ここにある格子ちゃんを愛してあげることに決めました。

今を大切に。。。


照明はちょっとお気に入り。

オーデリックOG 254 237LD。

ナチュラルな印象で、夜にこの照明をつけて室内から眺めるのが好き☆




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[Web内覧会]畳スペース

February 08 [Sat], 2014, 21:42
リビングとダイニングの間にある畳スペースを紹介します。

畳スペース、もしくは、畳コーナーと呼んでます。

『和室』というほどのものじゃないからです。

壁とか何にもないからね。



階段の登り切った右側にあります。


この茶色い段のところが、それ!です。


全景はこんな感じ。



スペース、コーナーというのにふさわしいプチサイズ!

畳部分は2畳だけです。

でも、畳の縁をゴム無垢剤でぐるっと一周作ってもらってあるし、腰壁とカウンターがあるから、実際は3畳くらいのスペースです。

設計段階に持っていたイメージよりは大きかったです。

大人もゴロッとなれます。
(背の高い人はどうかわかりませんが、我が家の大人はどっちも寝れます……)



畳の横には、お気に入りのチェッカーガラスのガラスブロックが三つ。




畳コーナー側から見ても壁のアクセントになってます。

反対側の階段側からみたイメージはこちらから。→『階段の内覧会』


畳は、本物の畳ではありません。



ダイケンの健やかくん: 栗色 です。

和紙をよって作った畳です。

本物の畳のようない草の香りはありませんが色がたくさんある中から選べるし、色褪せることもないし。

何より撥水性が高くて、多少の汚れなら濡れたタオルで拭き取れる!

と、い草の畳よりもお値段ははりましたが、こちらをチョイスしました。

リビングやダイニングの一角なので、和風な雰囲気を出したくなかったというのもあります。

この栗色なら、適度にシックで、うちのリビングにもぴったりでした!!




で、畳コーナーの横には、無垢材のカウンターテーブルを設置。



畳部分が段になっているので、畳に座ってこのカウンターをテーブルにして、お勉強ができるようになってます。

ここは、主に子供の勉強スペースに!

これも、ヘーベルハウスさんの+nestのコンセプトを参考に。

→+nestの勉強スペースの提案。HPはこちら。

ついでに+nestのコンセプトを参考にした家族ロッカーの内覧会はこちら
さらに、家族ロッカーについてのヘーベルハウスのHPはこちら



子供が小さいうちはリビングで宿題とかさせた方がいいかな、と思って。
でも、ダイニングテーブルではなかなか荷物を広げられないし。
じゃあ、親の目が届くところに、それ専用のスペースを作ればいいんじゃない?という訳です。

実際、すでにうちの息子は、すごく良く使ってます。
カウンターではちょこっとものを書いたり、折り紙をしたり。
後ろの畳コーナーにはおもちゃを散らかしてても、床みたいにみんなが歩くわけじゃないから踏んだり蹴ったりしないから、多少散らかったままになってても許されるスペースということになってます。


カウンターには充電器などの配線をカウンター下のコンセントプラグから引っ張ってこれるように、ちょこっと穴も開けてもらいました。


造作だからできる技。


そんなわけで、コンセントはカウンター天板の下に。



隠す、という目的と、掃除機用コンセントにもするから下の方が使い勝手がいい、とか、いろんな理由があります。
横にあるのは、床暖房のリモコン。
床暖房は冬にしか使わないものだし、結構大きいので、ここに隠してあります。
(遠くからみると見えるけど)




++++++++++++++++++++++++++++++++++++



畳の部分は無駄に高くなっているわけではありません。



ロング引き出しが二つ!
ものすごい重宝してます。

普段使わない座布団をいれておいたり、毛布やハンモックがしまわれています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


畳コーナーの横の押入れは、実はめっちゃ奥が深いです。




情報分電盤とかいう、インターネットやテレビ配線のハブがここの物置の一番上にあって、ここから壁の中をせんが通って、各部屋のコンセントまですでに接続されています。

今は子供のおもちゃが詰め込まれてますが、将来はこの棚にはランドセルも入る予定。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


畳コーナーのカウンター越しには、三連窓とリビングがつながってます。


今はリビングにはテレビがありますが、実はこのカウンターに腰掛けると大人はテレビが見れるので、のんびりパソコンでネットサーフィンしながらテレビをみるという裏技も可能です。(あんまりお行儀良くないです。)

子供の座高だと、腰壁越しにはテレビが見れないのは、計算とかではなく、単なる偶然です!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

アメリカ人の知人の家が素敵だった!

February 02 [Sun], 2014, 21:17

えーっと、更新が止まってましたが、やや長めの海外出張へ行っていてなかなか自分の思うように時間が使えなかったのと、帰国してからはマイホームの過ごしやすさに放心してまして。。。そんなこんなで気がつけば結構時間が空いてましたね!

ようやく、さて、ブログでも更新しようか!という気分になった次第です。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++



Web内覧会はまだ途中ですが、お家関係話題として、US(United states)でアメリカ人の知人宅にホームパーティーに呼んでもらった時の話題です。

教えてもらった住所を頼りに向かいましたが、何とも素敵な落ち着いた住宅地でした。

ザ・アメリカの家!!って感じです。
道路から少し離れていて、家の前にお庭がある。
素晴らしい!





雪が積もってしまっているので、芝生だとかいうエリアが隠れてしまっていて少々残念ですが、雪があるのはそれはそれで素敵だな!と思いました。


そしてこれが知人宅外観。





よく外壁イメージでアメリカ風サイディングとかあって、板張りのような形になっているけど、本当にアメリカの一戸建てはこんな感じの外壁が多かったです。

もちろん、本場のはサイディングではなくて、リアル板張りですが!!

そして、ヴォレーが可愛い☆

クリーム色の外観に濃いピンクのヴォレー………私の好みにストライクでした。

かわいい!サイコー!



玄関前になんていうんでしょうか、馬止め?的なスペースがあって、もちろんリアルな馬はいなかったけど、ブランコが吊り下げられてました。
おっしゃれ〜。


家の中の写真はあんまりないんですが、
暖炉があったり、





大きなオーブンが二つあったり、

フローリングが素敵な無垢材だったり、

ナチュラルというよりは、ゴージャスな装いでしたが、

オールドアメリカンのいい雰囲気が出てました。

この家、知人は中古で買ったそうで、築60年ということで知人は古いことを気にしていましたが、本当におしゃれに綺麗に住んでいて、ポイント箇所はリフォームもされていて、こういう年の取り方をする家って理想的!と感じました。






室内壁も、自分たちで気分でペイントして色を変えることもあるそうで。。。

この写真の部屋はダイニングですが、モスグリーンの落ち着いた素敵な色合いでした。

そこに飴色の木製テーブルセットが重厚感も足していて、バランスが最高です。

写真では見切れてますが、ゴージャスなシャンデリアが下がってました。



これがキッチンの窓から見た裏庭の様子。↓




雪が積もっていて何が何だかわかりませんが、ウッドデッキとバーベキューセットがおいてあり、パラソルなどもスタンバイしてありました。

こんな素敵な風景を毎日見ながらお料理をするなんて羨ましい。。。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

一応ビジネスの用事での渡米でしたが、休日はこんな感じで楽しく文化交流してきました。



お国は違えども、お家好きには共感できるところがたくさんあるんだな☆と嬉しくなりました。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[Web内覧会]猫階段とキャットウォーク

January 20 [Mon], 2014, 21:44
えー、実はここのところ数回分は日本を離れて遠くUSより発信しております。
あぁ、早く日本に帰りたい。
帰ったらおうどんとギョウザが食べたい……と思いながら日々過ごしています。
次回更新は多分日本から出来るでしょう。。。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++



さて、前回のWeb内覧会リビング編の写真でもバッチリ写っていましたが、ようやく今回は我が家の目玉の一つである『猫階段』と『キャットウォーク』を紹介します。

我が家には現在ニャンコさんが二匹。
大事な大事な家族です。

彼らは何となぁく人間の近くにいて、ちょっと上の方から人間のことをシラーーっと眺めるのが大好きなので、そんなことができる場所を幾つか作りました。


まずは猫階段。


リビングとダイニングの間の壁に作ってあります。
一番人間が集う場所です。




タモ材を指定したサイズに切ってもらい、指定した高さで壁にはめ込んでもらいました。

壁に挟み込むことで、見た目にもスッキリするし、強度も増すようです。

斜めに階段のような猫階段にも憧れましたが、ここは省スペースに交互の板になってます。





猫階段を登り切ったところには、短いキャットウォークがあります。




キャットウォークというほどのことでもないです。
ただの梁です。
でも、梁の上は汚れ防止で漆喰ではなく、白い板にしてあります。

クイックルワイパーなんかで掃除ができるようになっています。

先ほどの写真でも分かるかと思いますが、キャットウォークを歩いた先には、『ジェリーの家のドア』(ここでいうジェリーとはトムとジェリーのジェリーです)があります。

このジェリーの家のドアは、ロフト階へと続いています。


ロフト側からこのジェリーの家のドアをみるとこんな感じ。




造作で柱のない部分の壁をくりぬいてもらってます。
内側も漆喰仕上げになってます。

なかなか可愛くてお気に入り。


ちなみにロフトに上がったついでにロフトからキャットウォークと猫階段を見ると、こんな感じ。






++++++++++++++++++++++++++++++++++++



さて、肝心の『猫が使ってくれるか』ですが、
引っ越してすぐはかなり頻繁に猫さん方が登ってました。

最近はチラホラかな。

思ったほど使ってもらえてないですが、まぁボチボチってところです。
そのうち猫さんが使っている写真もアップできるようにします!



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
yaplog!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cayo
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
アイコン画像らるふ
» 酸素美泡湯レポ(2年3か月) (2017年07月05日)
アイコン画像美泡湯仲間
» 酸素美泡湯レポ(2年3か月) (2016年06月21日)
アイコン画像
» 酸素美泡湯レポ(2年3か月) (2016年02月04日)
アイコン画像新谷 真由美
» トイレの壁紙を紹介! (2015年09月09日)
アイコン画像cayo
» [Web内覧会]素敵ブルーな1階洗面所 (2015年01月31日)
アイコン画像かたつむり
» [Web内覧会]素敵ブルーな1階洗面所 (2014年09月19日)
http://yaplog.jp/cayohome/index1_0.rdf