厚労省。ピロリ除菌の保険拡大へ

February 12 [Tue], 2013, 16:28
胃の粘膜に感染して胃がんなどを引き起こすピロリ菌の感染による
慢性胃炎について、除菌治療が保険診療として認められる見通しになったことが
2013年2月2日までに分かった。

ピロリ菌の除菌は胃がん予防に大きな効果があるとされていて、
慢性胃炎から、さらに進んで胃潰瘍などになるまでは
保険適用されませんでした。

対象拡大で胃がんの発症者数を大幅に減らせる可能性があるとコメント。

これは朗報ですね。
ピロリ菌の問題と胃がんの関連性は注目されていますからね。
保険の対象が拡張され、保険の範囲内で治療ができれば、
胃がん患者を減少できるかもしれませんからね。