オフショア会社租税回避現象

September 04 [Wed], 2013, 9:57
オフショア会社租税回避現象
多くのユーザーが好きeBay香港オフショア会社の登録、オフショア会社はずっと多く存在している租税回避現象。私たちはまず仮定オフショア会社の登録は中国の対外輸出を主とする業務の国内企業A有限責任会社、企業は、2つの株主(株主Bと株主C)。もし会社を設立、国内では、税の面でのこの企業は、少なくとも以下の問題が存在33%の企業所得税を納め、増値税の面での問題は存在前納後退し、現在の輸出税還付の深刻な遅延の情勢では、企業の資金流用大量。
また、A会社のある株主からさまざまな配慮したいその企業での株式の譲渡にA会社のもう一つの株主により、わが国の許さない1人が会社の存在は、当該譲渡できない。香港会社設立もし他の人に譲渡したら、譲渡所得の当該株主がさらに企業所得税を納付または個人所得税(視しては法人株主は自然に人はしません、言うまでもなくA企業自身の輸出入権を獲得できるとは限らないが、もしオフショア会社の回避を通過しなければならない外国貿易企業を代理でなければ、企業の経営コストがさらに上昇する。
今私達の仮定のオフショア会社租税回避、当該企業の株主を設立してオフショア会社経営活動は、上述の情況を見てどれらの変化があります。オフショア会社を設立して、株主が株主を採用することができBとC共同設立オフショア会社の方法を採用することもできるBそれぞれ株主と株主C設立の異なる2つのオフショア会社の方法から、税収の考えた後に1種の方法のほうがいい。まず、株主Bと株主Cそれぞれ英領ヴァージン・諸島登録国際商業会社(以下、会社と会社D E)、オフショア会社租税回避がイギリス領ヴァイキング諸島の国際商業会社法の規定を設立することができる1人会社なので、上記の設立過程も問題ない。次にD会社とE正す国内投資会社、国内が設置されてA会社設立の中外合資企業F。オフショア会社租税回避現在私たちが見てもしこの中外合資企業の代わりに、国内企業Aで輸出業務に従事して、まず企業でFは中外合弁企業で、その輸出入権獲得遠一般に国内企業やすい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:catherinexi
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/catherinexi/index1_0.rdf