日々の練習

October 21 [Sun], 2012, 6:00
シード決から1週間が過ぎ・・・昨日の練習

 昨日は、ミニバスと合同練習をしました。
 ミニバス5年生が参加となりましたが、これからが楽しみな6人の選手でした
 ミニバスが来た事もあり、1年生ががんばっていました。また、弟もいる選手もいたので、弟のいる選手は特に張り切って練習していました。
 こうしたミニバスと練習する事もお互い刺激となり大事な事で、教えるという事も自分達が成長する過程の中で大事な事でもあります。機会があればもっと交流していきたいと思います。
 ミニバスの皆さん、また来てね!

 ところで片貝中ですが、雰囲気はまずまずです。練習も一生懸命しています。しかし、昨日の練習では、全中??
混戦の中越大会すら抜け出せないでしょう。

 声を出し、一生懸命練習する事など当たり前の事で、練習の質を上げていかなければなりません。
 君達は、今までいろんなチームと試合をやってきて、何を感じ、何を反省し、どう取り組んでいかなければいけないかを考えたのでしょう?どう未来を見ているのでしょう?どんな未来(チーム)なら勝てると思っているのでしょう?

 練習の趣旨、基本練習、対策練習を住み分けをし目的を持って練習を組み立ててもらいたいと思います。
 何に重点を置くのか?例えば、「今日は、いろんな練習の中でこれだけをやろう!」とか・・・・
 日々の練習記録を見させてもらいましたが、強化練習会の反省点から何を感じ、どんな事を課題とし何を目的とするのか意図が見えていません。(片貝中では、課題、練習メニューを与えられた中から選手が日々の練習のベースを組み立てる事になっています)
 効率的に練習をしていくことが今後望まれます。
 
 1 決定率を上げる事。
 2 状況判断が悪い事。(1 スペースの作り方と攻め所)(2 ミートが出来ていない為、リングへ攻める1on1ができていない)
 3 合わせるタイミングが悪い(OF:ミドルを繋ぐ、フラッシュ、Cカットの絡み)(DF:カバーのタイミング)
 4 飛び込みリバンド
 5 ディレクションの徹底

 5つの事柄から選手は、いつも練習の中で、1番2番4番5番を練習の中で意識してもらいたいと思います。(特に1番)

 小さいチームが勝つには、一度で決めるというセオリーがあります。リバンド合戦になったら不利だかです。

 前回の練習会でも攻撃に関してやっている事は間違っていないと思っています。ただ、一本のシュートの決定率が自分達を不利にさせているんだと思います。

 もっと一本のシュートに対して強い意識が大切です。
 「入れてやるんだ!ねじ伏せてやるんだ!」という意識と技術。そして、そのシュートを落とした時の準備(リバンド)が必要です。日々の練習で習慣化し、シュートに対する意識をもっと強くもってほしいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:GCY
  • 性別:男性
  • 血液型:A型
  • 現住所:新潟県
  • 職業:その他
  • 趣味:
    ・バスケットボール-片貝中学校 外部コーチ
読者になる
指導方針

目 標
 最終の夢 『全中出場』に連れて行ってもらう

技術
○ 意味を理解させ、簡単なものから複雑なものへ分解練習の展開
本に書いてあるような完成を直ぐに求めてしまえば、出来ない事に苛立ち感じ、挑戦の意欲は薄れてきます。私はひとつの技術は、練習を通して分解し、意図を伝え、ひとつひとつ解決して行くやり方で選手と接しています。

<戦術>
戦術は、完成から分解を考えています。まず、理想とするものを伝え総合的に理解したうえで、分解練習や強化練習に取り組んで行きます。理想 とするものがわからなければ、練習の意図が理解しにくいからです。

心の成長
心を鍛える事は、試合で実感する事、練習で身につけるものであります。
私は、最後の大会を的に置き、チームを育てています。したがって、過程で失う事もありますが、過程においては、しっかり目的意識を持ち、勝つ事よりも気づかせる事や身につける事が大切と思っています。
本来のゲームのように戦うゲームは、もちろん必要と思いますが、接戦の 中から学ばせる事の方が多いと思います。勝敗の結果よりも目線を変えて 選手を見守ってほしいと思います。

2 『心・技・体』に対する考え』
(1)心 (精神状態)
心技体の中で『心』は一番わかりにくいものだと思います。
『根性』や『忍耐力』などの言葉を取り上げられる事もありますが、『根性』があれば、『心』を満たしているとは、私は思いません。
コート上playをする上でベストの状態は、リラックスして冷静な状態で、自信があり、ゲームに集中している事が力を発揮できる条件とも思っています。(四つのキーワード 『リラックス』、『冷静』、『自信』、『集中』)理想はこの4つを維持できる精神力が一番必要ではないかと思っています。そして、ゲームの勝敗を決めるものが、判断することのできる判断力と知性、最後に耐えることのできる『忍耐力』、最後まで戦う力になる『根性』。と実感して きました。
いろんなスポーツや考えがある中で、順番は違っても必要とされるものは同じなのではないでしょうか。このいくつかのキーワードを補うには、コー ト上の練習も必要となりますが、コート以外の事(メンタルトレーニングや速 読トレーニング)も必要となると考えます。
(2)技
選手が理解し、目標を持って個々の意思で取組む。これが技術を磨く近道と思っています。より一層、目標・目的をしっかり持ち、それを伝え、実行していきたいと思います。
(3)体
体力とは、スポーツする上での器です。
しかし、肉体に関しては、成長期であるこの時期では危険も伴います。本当の身体づくりは、卒業後しっかりと、と言うのが私の自論です。
ただ、しっかり戦える体力は、日々の練習の中で個々の能力に合わせてつけていきたいと思います。(心の中の『忍耐力』とも連動されます。)
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
GCY
» 日々の練習 (2012年10月25日)

» 日々の練習 (2012年10月24日)
GCY
» 日々の練習 (2012年10月23日)
大矢 凌
» 日々の練習 (2012年10月22日)
保護者会長
» 中越強化練習会(中越地区新人大会シード決) (2012年10月15日)
門倉隼汰
» 中越強化練習会(中越地区新人大会シード決) (2012年10月14日)
コモン
» In. 潟東 (2012年10月10日)
生徒会長
» In. 潟東 (2012年10月08日)

» 強化試合 (2012年10月01日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/catch/index1_0.rdf