動物実験

March 29 [Fri], 2013, 23:15
東大研究グループが猫に関する科学的に飼い主の声を聞き分ける事を証明したそうです。東大は猫が飼い主の声を聞き分けれるかどうかを研究していたことはなぜなんでしょうか?東大は日本最高峰の大学ですから、世のため、人のためになるような研究をしていると思っておりました。猫が飼い主の声を聞き分けれるかどうかは大事な研究だったのでしょうか?たとえ、飼い主を聞き分けたからと言って、飼い主や周りの人が何を影響させることができるのでしょうか?一番の疑問はなぜ、なぜ、このような研究が行われたかだと思います。私以外にも同じように思ったからはいると思います。少なからず東大は国立大学です。税金で教授や職員の給与や研究のための費用が賄われていると思います。東大がこんな研究をしていたと思うと少し、残念です。前提としてはこれだけの研究であればと言う事です。仮にこれが分かる事で何かしの産業にもたらす影響があるのであれば、凄い研究だとは思いますが、それに触れた報告はないと思います。大熊
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にゃん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/catcatone/index1_0.rdf