目の炎症のハーブ自宅治療

May 06 [Tue], 2014, 22:00
数日前、猫のしろのしろたまの目が赤くなって炎症を起こしてしまっていて少し痛そうにウインクをしていたの。傷はないけれど痛痒そう。でも掻いてはいないの。

西洋医学の動物病院に行けないでしょう。
目の治療にも危険な薬品を使う超がつく程のアホ獣医師がいるから行っちゃ駄目なの!

西洋医学の動物病院へ行かずに家で目の治療したい!

そこでやってみたよ!

用意する物は、無添加の脱脂綿と緑茶だけ。
脱脂綿に冷ました緑茶を湿らせて目にあてるだけ。
目にあてたままの状態で暫くの間そのまま抱っこしてあげてね。
しろのしらたま猫は気持ち良さそうにして大人しく抱っこされていたよ!
全然暴れないし、むしろヒンヤリして気持ち良さそうだったよ!
目がうっとりしてデレ〜ンとしていたよ。
家のお茶治療が一番安全だよ!

目に緑茶が入っても大丈夫だよ。
でもわざと目の中に沢山入れないでね!
脱脂綿のお茶がポタポタと目に入っても大丈夫な感じまででストップだよ。

お茶が熱いと火傷をしてしまうので絶対に冷ましてから目にあててね!

症状に合わせてこれを一日に1〜2回もしくはもう少し。

今回は幸いなことに、1日1回、2日で完全に目の炎症が治ったの!

もし自宅ハーブが駄目だったらホメオパシーとかハーブの動物病院になるけれど、今回はレメディに辿り着く前にお茶で治っちゃったよ!
だから今回はもういいの。

今回は治療の写真がなくてごめんなさい。
過去の皮膚治療を参考にしてね。

みんなも是非ハーブ、レメディを試してみてね!!

変わりに別の画像を載せます。
しろのしらたまのイメージ画像はこんな感じ!★
ナウシカは永遠の名作だね!!★ 大好き!!★








お花だよ

April 06 [Sun], 2014, 15:31
きれいだね。





猫は元気だよ。
いつでもブログに遊びに来てね。

みんなの皮膚病に少しだけでも役に立てると嬉しいよ!

最悪の場合薬で死んでしまう場合もあるから、ステロイド、抗生剤、駆虫剤、ワクチンに気を付けてね!

春の花

April 04 [Fri], 2014, 19:53
さくらが咲いたよ。
花がキレイ。





















猫の毛がはえたよ!

April 04 [Fri], 2014, 19:46
諦めかけていた猫の脱毛に毛が全部はえたよ!
今日の写真。
元気そう。













もうずっとハーブも不使用。
自然にはえたよ。

レメディで回復したよ!

March 07 [Fri], 2014, 19:02
今日の写真だよ。
傷がもう治ってきたの!
ホメオパシーのレメディとハーブだけでここまで治ったのよ!
かさぶたに変わったの。だからもう皮膚のレメディは不要になったの。
本当に数日間という短期間でこんなにも回復したのよ!
ステロイドと効果は変わらないし、危険なステロイド剤よりも遥かに安全だし、副作用は食べれる自然のハーブから作られていたりするから、安全で副作用も遥かに心配しなくてもいいの。
もうステロイドの時代は終了よ!
ステロイド剤を使わないことを薦めるわ!
写真見て、比べてみてね。




回復していることがわかるでしょう?
写真ではちょっと見えずらいけれど白い毛と黒い毛が生えているのが、この写真からわかると思うの。
さらに肉眼で見ると、全体的に1センチくらいの毛が生えてきたのよ!
毛が生えるのって早いね。
感染症もあるけれど、あなたの可愛い動物の為に是非ハーブ、レメディを使ってあげてね。

ビフォー&アフターの写真でもう一度見てみようか?

こちらがビフォーよ!




そしてこちらがアフターよ!







みんなのペットもハーブ自然療法にしましょう!


凄いなー!ペットの栄養をちゃんと勉強している獣医さんは、ペットの病気に対して手作り用のレシピと必要な食材をちゃんと教えてくれるんだよ!尊敬しちゃうわ!もっと早く出会いたかったわ!10年以上前にホメオパシーと出会いたかったわ!だって知識の量がもっとあったはずだもの。
もっともっと以前に知っていれば、物凄く危険なステロイド剤とか西洋医学で犠牲になってしまった沢山の動物を救えていたからよ!

どこの誰でしょうか、「ペットに手作り料理はしない方がいい」だなんて間違った情報を拡散させている獣医と看護婦は?そんな変なことを獣医と看護婦がいるんですね。呆れます。そんなでっち上げの嘘を言うなんて、ただその獣医にはペットにまつわる知識が何ひとつないだけよ。

もっと早くハーブ自然療法に出会うべきだったと本当に思う!

全ての動物にハーブを使ってあげたいの。

土が汚れていたらオーガニックも意味がないの。
作物は土選びも難しいのよ。
だから人は農薬や汚染などで、土を汚してはいけないの。

私のブログを拡散してもいいわ。
ただしリンクは動物関連にお願いします。
勝手に私のブログの写真を転載したり保存したり、別のどこかへ送ったりしないで下さい。
でも知ってもらう為にリンク希望しています。
動物関係のブログのリンクは、許可なしでも無言でもいいわ。

あと数日で全部の毛が生えそうなの。
もう心配要らないわ。

ステロイドで亡くなってしまった動物が沢山いて、考えるだけでもとても悲しくなるわ。
何故獣医はミスを繰り返すのでしょう。

長年ネット社会では、西洋医学の間違った獣医学を広められてしまっているから、阻止して、正しいハーブ療法を伝えていかなければならないのよ!

くどいようだけど、一度も動物病院に連れて行っていないのよ!
何故って、乗り物を酷く怖がるからストレスを与えない為なの。
全国にはまだこういった動物に優しい自然療法を知らない飼い主様が沢山いるから、みんなもこの救世主猫を拡散してね!

ペットにも脱ステロイド!

March 05 [Wed], 2014, 16:15
ホメオパシーのレメディの途中経過です。
写真は2月23日のものよ。
写真の皮膚の茶色い点々模様は、ドクダミの茶渋だと思うの。
だから病気とかではなくて問題ないの。
茶渋はよくマグカップに茶渋が付いて色が付いてしまう現象と同じよ。
ドクダミ茶は色が茶色をしているでしょう。
ドクダミは舐めても大丈夫だし、獣医さんも膿を吸い取るから良いと言ってくれたわ!
家でできる身体に優しい応急手当てよ!



見てわかるように、まだこの日は患部がじゅくじゅくしていたのよ。
もう諦めかけたこともあったの。
でも「猫が舐めなければ治ると思う」と助言を言われて頑張って続けてみたの。
その成果が次の写真よ!

そしてこちらの写真は3月2日よ。






大きい写真もアップしてみたの。
回復しているのが解ってくれるわよね?
こちらも3月2日の写真よ。
綺麗に治っているでしょう!
凄いねホメオパシーのレメディ!素晴らしい!
原料を獣医さんから聞くとみんなビックリすると思うわ。だって身近な自然のハーブなんですもの。


こちらは画像をクリックすると大画面が表示されます。
回復した写真がご覧頂けると思います。

人間ならドクダミのお風呂に入れるけれど猫はお風呂を酷く怖がるから、お茶を湿らせて患部にあてる方がいいと思うの。
ドクダミは解毒作用の他にも便秘解消効果があるみたい。ドクダミを飲むと便秘が解消したわ。
温めても冷めても飲みやすいし美味しいのよ。みんなも飲んでみてね。
どこの薬局でも売っていると思うわ。
雑草からもとれるけれど薬草の知識がない方は、ちゃんと買った方がいいと思うの。

みんなにも知って欲しいわ!
ハーブ自然療法で治るんだっていうことを!

日本はまだ西洋医学が主流の動物医療だけれど、ドイツではみんなが日常的に買える医療だし、海外でもホメオパシーは認められているのよ!
日本は遅れているのよ。

しかも動物実験を一切しないでレメディが作られたらしいの。
これって素晴らしいと思う!
http://www.arcj.org/aboutaisatsu2/id=229

西洋医学は残酷な動物実験を繰り返して止めないし、一部の医学者は動物実験を反対しています。
最後は実験動物は殺されてしまうの。酷いね!許せないよー!

ステロイドで苦しんでいる全ての人に、この猫が救世主となりますように!

私はペットにワクチンも死んでしまう危険があるからずっと毎年打っていないの。
混合ワクチンはしなくてもいいのよ。もう7年も打っていなくてもワクチン対象の病気はなっていないのよ。
過剰に勧める動物愛護団体もいるけれどワクチンの副作用で死んでしまうことを伝えるべきだと思うわ。
だってずっと飼い主と動物病院の間で裁判が繰り返されているもの。
家に来た時から完全室内飼いにしているの。
ワクチンを打つ必要はないという獣医さんもいるのよ。私もその意見に賛成よ。


ちょっと猫にダイエットを続けた方がいいと思う。
ホメオパシーの動物病院でペットの手作り食も教えてくれるわ。
病気、症状に合わせて細かく教えてくれるわ。
手作りをしたい方はホメオパシー、ハーブの獣医さんに聞いてみてね。

世界に願いを込めて!



写真がわかりずらくてごめんね。
わかる?こちらは、更なるアップの写真よ。
患部が治ってきているね。
もう少しだよ頑張って!

しろのしろたまは断固としてステロイドに反対します!!
こんな皮膚病にまで、全く不要な手術を勧める悪徳動物病院がいるから騙されないようにみんなも気をつけてね!手術は麻酔で死んでしまったり、輸血で感染して死亡したり、医療費が高額になるし、皮膚病になったり、とにかくリスクが高いから手術する必要なんてないわ!

猫は一度も病院に行っていないの。
乗り物に乗ったり、病院に行くとストレスになるからホメオパシーの獣医さんも家にいることを提案してくれるわ。出会えて良かったハーブ、ホメオパシーのおうちでの治療!

本当に一度もステロイド剤を使っていません!
猫の治療は、ハーブとホメオパシーだけです!!

次はあなたのペットでハーブの効果を是非体感して下さい。

動物の病気によって、センブリ、シソ、ジンジャー、はす、オリーブオイル、ドクダミなどを使い分けて治療します。
副作用の心配も遥かに軽減できます。

ペットの周辺の洗濯物、掃除をこまめにお願いします。
皮膚の傷口から感染し易いから、ペットのクッション、毛布、床の掃除、をしたの。
みんなも皮膚が悪化する前にきちんとやってね。
床はお酢だけで消臭と除菌ができるのよ。洗濯は動物実験をしていない重曹と無添加の洗濯剤が自然食品店で買えるから探してみてね。みんなも排水を汚さない環境にいい衛生管理をしようよー!

ペットのハーブとホメオパシー自然療法

March 05 [Wed], 2014, 16:11
私の猫が皮膚の病気になってしまったの!
動物病院に行くと危険なステロイドを出されてしまうから西洋医学の動物病院には行かないの!
もう脱ステロイドの時代よ!
最初は家でドクダミで治療していたの。
ドクダミは解毒作用があるから、皮膚の傷口から感染してしまわないように、ドクダミで解毒をしていたの。
毎日毎日。でも舐めて脱毛が広がってしまって皮膚も炎症して赤くなってしまってじゅくじゅくしていて、遂にホメオパシーの動物病院にハーブのレメディを届けてもらったの。
レメディとは自然のハーブなどを原料とした薬なのよ。
毎日レメディで治療したら、遂に傷口が乾燥したよ!
その写真を日付ごとに載せるね。
ステロイドを使わなくても脱毛部分に徐々に毛が生えて皮膚が回復してくるんだね。
初めて皮膚の治療でホメオパシーのレメディを使ってみたよ。
もっと早くハーブとかホメオパシーを知っていれば良かったと本当に思う!
もしあなたも使ってみて治療の効果がなかったりすればホメオパシーの獣医さんからレメディを変えたり別の方法を提案されると思う。
回復するまでの経過を書いてみたの。

ステロイドで死んでしまう人、動物が沢山いるからステロイドはお勧めしません。
ステロイドの副作用を調べてくれると怖い薬だとわかると思う。

2月の初めに猫の皮膚にじゅくじゅくの傷ができていて脱毛していてまわりの皮膚が赤く炎症をしてしまっていて紫色の皮膚になってしまっていたの。とても痛そうだった。触るととても嫌がるの。
痒みは全くなくて臭いもないのよ。
とりあえず最初は薬局で買って来たドクダミ茶を患部にあてて解毒してみたの。でもじゅくじゅくが数日経っても回復しないからホメオパシーの動物病院に問い合わせをしてみたの。そしてレメディを処方してもらったの。ハーブから作られたレメディよ!塗り薬と飲み薬を買ったの。ステロイドは一切使ってなんかいないのよ!炎症は治まってきて皮膚が翌日あたりから徐々に白くなってきたけれど、毛を舐めて脱毛が広まってしまったの。そこで連日猫用のズボンを作って着せてみたのにすぐスルリと脱げてしまうの。毎日ズボンの仕立て直しをして改良に改良を重ねて作ったのに、猫の身体は柔らかいし毛がすべすべしていて簡単に外れてしまうの。上着を着せて袖とズボンに包帯を巻いてズボンが落ちないように固定させたのにそれでも取れてしまうの。それでもうズボンは挫折したの。仕方ないからレメディを塗った後、1時間から2時間以上患部を舐めないように離さずに抱っこしていたの。脱毛の範囲が広がってしまい、じゅくじゅくが治らずに諦めかけたこともあったわ。それでもやっぱりステロイドは使いたくないと思って他にハーブやレメディはないかなと思ったこともあったけれど、1回目の今回の処方を頑張って続けていたら、遂にじゅくじゅくした患部がカサブタに変わって治ったの!!ビックリしたわ!処方されたレメディもちゃんと合っていたんだ!しかも危険な心破裂などの副作用も出ていない。
あと数週間もすれば毛がフサフサに生えてくると思う。もう治療の山場は越えたの!

エリザベスカラーで検索をすると、塗り薬で治療していたり、何かで治療しているペットの為に患部を舐めないようにするものがインターネットの通販で3000円くらいで飼い主も買えるから悩んでいる方は是非使ってみてね。便利だと思う。私も買おうかなと思ったんだけど、幸いなことに皮膚が治ってきたからもう大丈夫かなと思っています。多分次回必要なら買っちゃうと思う。

ズボン姿似合っていたのにな。残念。
ズボンの別名は、ふんどしだよ(笑)

この写真は2月22日の患部の写真よ。








写真で患部が湿っているのは、レメディの塗り薬(オイル)を塗ったから皮膚が湿っているの。
この治療を毎日1〜2時間以上続けるの。大変だけど猫も痛くてかわいそうだからレメディとかハーブを続けてあげてね。

これが数日後に回復したの!
次の写真を追って見ていってね。
信じられないという方は、ペットに試してみてね。
患部を舐めるとNG!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:しろのしらたま
読者になる
猫の皮膚治療に脱ステロイド!そしてハーブ、ホメオパシーの自然療法で回復したブログよ。あまりアクセスしないのでコメントはごめんなさい。ハーブ療法の経過を写真付きで書いているので、参考にして頂けたらと思います。
是非みんなもハーブをペットに試してみてね。
読んでくれてどうもありがとう。嬉しい。
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/catandanimal/index1_0.rdf