お久しぶりです。 

December 12 [Wed], 2007, 1:23


1年以上、更新をしてぃなかったので
もぅ誰も見ていないと思いますが…
(*´∀`*)ひっそりと、近況を書いてみようかな☆

最近は年末の追い込み時期で忙しくしています
そりゃもぅ、夢の中でも仕事しちゃってます…
でも風邪もひかず元気にしてぃます


(*ノ∀`)撮影の仕事も続けてぃます☆
おかげ様で知人づてに撮影の依頼を頂く事もぁり
会社以外でも写真を撮らせてもらう事があり嬉しい限りです。

まだまだ未熟だけど少しでも喜んでもらぃたぃ、と
頑張らせてもらってます。


2007年もぁと少し。
このコスモスみたぃに空にぐんぐん伸びてぃける様に
自分のゃりたい事を進めてぃきたぃと思いまーす!

では。また☆

空をみる 

April 27 [Thu], 2006, 4:15


空を見上げるのが好きだった

何処にぃても

どんな私になっても

私を見てぃてくれたから


ぉ婆ちゃんの家に向かう新幹線

ぃつも空を見てぃた

退屈なんてしなぃ

空は余所見をした隙にぃつも表情をかえるから

私は雲の数をかぞぇ

私は雲に名前をつけた

風が強ぃ日は

雲はすぐに形をかぇた

夏になると真っ青な海になった

秋になると紅く夕空は色づき

雪の季節には空も白く染まった

春には青ぃ空を雲が泳ぃだ



空はぃつも其処にぃた


闇に落ちても

きらりと光を照らしてくれた

だから空の写真を撮った

もぅ二度と逢えなぃから

ぃまの瞬間を閉じ込めた






すきだから


私のカメラに閉じ込めた

 

April 18 [Tue], 2006, 16:36


すこし早めに家を出た


桜の花は空ではなく
路を淡紅色に染めてぃた

もぅ息が白く消えることもなく
背中をまるめ
コ−トに手を入れて歩く会社員も
ぁたたかぃマフラーに顔を埋める学生も
見なくなってしまったのは少し寂しい気もするけれど
それでもふんゎりと私を包む太陽の光に
口元はほころんでしまぅ


駅の近くにぁるコ−ヒ−屋さんにはぃった

ゆっくりと、
1杯のコ−ヒ−を身体のなかに流しこみ
手帳をひらき
記憶を辿りながら
私の好きな人達を想ぃだす

そんな時間はゆるやかで
あっとぃう間に過ぎてしまぅ



時間だ、


記憶から現実へと引き戻されて
私は席を立つ

「いってらっしゃぃませ」
業務的な挨拶に背中をぉされ
私は仕事場へ向かぅ


新たな「記憶」をつくりに。

グレープフルーツ 

April 15 [Sat], 2006, 15:48
「グレープフルーツ」

果物ナイフで半分に切る
したたりおちる果実に指を濡らしながら
皮を剥く
ひんゃりとした香りが私を包む
みずみずしぃ果実
ほんのり広がる苦味

ほんの数分のことだけど
私はそのことだけに集中する
ただ一生懸命になる
そして私はそれら以外のことを考えなくなる

空に浮んだ窓 

April 13 [Thu], 2006, 2:26
4月8日
今日ょり約1週間前。

京都では桜が満開で
行きかう人々は桜の木を眺めてた

すこし強い風が吹くと
ゅらゅらと桜の花びらが舞い降りて
とても綺麗だったのを覚えてる。


だけど私は空に浮ぶ夕方の太陽を見つめてぃた

目が離せなかった。


まんまるぃ太陽は白く濁り空に浮いてぃて
それはまるで
ぽっかりと空に穴がぁぃたみたぃだったょ


すりガラスのよぅに白く濁った窓


「ぁそこの向こうには誰がぃるだろぅ?」

そんな事を考ぇながら私は空を見上げてたんだ

木漏れ日 

April 12 [Wed], 2006, 9:44
冬の残り香
春の木漏れ日

遠い記憶に流れる雲
橙色に染まった空は花を美しく染め
走り去った足音はもう戻りはしない

春の訪れ 

April 10 [Mon], 2006, 7:02
桜の蕾が膨らみかけた頃が好き
春の訪れに心がワクワクするから。

桜の花が咲き誇る頃が好き
散歩するのが嬉しくなるから。

桜の花が散りゆく頃が好き
空に舞い上がる薄紅色の雪に魅入れるから

クロワッサン 

March 14 [Tue], 2006, 1:47

携帯のアラームをまどろみの中で感じ
ゆっくりと身体を上げる

窓の外は明るぃ
今日はぁの、雨は降ってぃなぃ様だ



冷たぃ水で顔を洗い
鏡を覗きこむ
あかく染まった頬は
まるで外から帰った子供の様に思ぇた。


ジャケットにコ−トを羽織り
外へとびだす
ポケットの中の携帯が歩く度に揺れる
だけどそんな事は気にしなぃ
天気のょぃ日は背筋をはって歩く
そぅすれば
ぁたたかぃ光は私の身体を抱き
悪ぃものを外にだしてくれる気分になるんだ





出勤まで時間に余裕があったので
コ−ヒ−を飲むことにした
店内に流れる静かな音楽
こんな風にピアノが弾けたらなんて気持ちが良いだろう?
そぅ思ったことは何度もぁるけれど
鍵盤に指をのせたことなんて無いに等しかった
きっと私は、
そぅ思いながら音楽を身体にぃれるのが
好きなんだと思ぅ


クロワッサンをひとつ、頼むことにした
なんだか、かわぃかったから。
中にはチョコレートがはいってぃて
ほんのりぁたたかぃパンに包まれて
ぁまく、とろりと溶けだした

雨音 

February 24 [Fri], 2006, 1:25


突然の雨。

街を行き交ぅ人々は迷惑そぅに上着をはたき
遥か上空に輝く星は闇夜に覆われ
姿を見せ様とはしなぃ


雨を反射しォレンジ色に光る路
雨音は規則的に傘を鳴らし
息はしろく消えてゅく

お知らせ 

February 14 [Tue], 2006, 19:38




更新が滞っている為、しばらくbbs停止致します。
御用の方はmailまで宜しくお願いします



2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31