なるようにもならない。

April 13 [Tue], 2010, 22:03

久しぶりの日記。
ここ見ると本当に私のルーツが分かるなぁ。

結局頑張れなかった私。
心のどこかで「うん、やっぱり」と思っている自分はそこまで本気じゃなかったんだと思う。

就職ってなんだろう。
自分のやりたい事って何???
私は全ての事から逃げる。
逃げていたい。

嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だとばたついていたい。
そのくせ今のままじゃ駄目だと知っているから、板ばさみになる。

ああ。
もう全然結局成長できていないんだ。

腕を切った1年前から、私はなんだか凄く凄く臆病になってる。
人と接するのもなんだか怖くなった。

強くて優しい人になりたいのに
真逆をいってる。

自分がどうしたいのか分からない。
自分の事なのに、自分がよく分からない。
何もしたくない。
消えてしまいたい。

なんて真っ暗なトンネルなんだろ。

出口が見えない

見えない。


小さな自分

September 17 [Wed], 2008, 2:33
今日は久しぶりに言い合いをした。
私が彼の元カノの事をミクシィで調べようとしたから。

うん、嫌がるのを無理に聞き出すの頭の片隅では

『ああ、自分駄目だな』って分かってたんだけど
やっぱり止まれない私・・・。

前世は猪か。

猪突猛進。



過去を含めた彼自身を知りたかった。

ただやっぱり嫉妬もあるよ
彼が大好きだからこそ
この手で私以外の人の手をつないだときもあって
この胸で抱きとめたこともあったんだなぁと思うと
そんな彼を想像してしまって

『いやだいやだ』

って。

改めて思うとやっぱり落ち込む。
嫉妬深くて、独占欲強いよね。。。


過去は過去だとは思うけれど
前の彼女とはひどい別れ方(フラれかた)をしたみたいだし

でもそうやって思い出すのが嫌だと思うくらい彼の心に彼女が残ってるのかなと思うとなーんか嫌で

まだどうでもいいと思うまで吹っ切れてないの?
とか思っちゃったりして・・・

だから彼女を知りたかった。

どんな人なんだろうって。
それが分かったら妄想でもして

『おあいにくさま、彼は今私と一緒に幸せでいますので、へへんっ』

って私の心の中の彼女に言いたかった。

彼を傷つけたんだもの。
本当なら面と向かって言ってやりたい。

でもそれは叶わない
けれど少なくとも私の中の元カノとは決着が着く。

そうしたらつまらない嫉妬なんかしないで今カノとして胸を張れるような気がした。



だから色んな意味で彼女を知りたいと思ったのだけど・・・。


こういうのを伝えないまま喧嘩に突入したためにこじれてしまった。。。

言い合いの後、わんわん泣き続ける私。
しばらく彼は黙ったり、ため息をついたりしていた。

その後
急に腕を引っ張られて私はぽふりと彼の胸の中へおさまる。


彼はぎゅっと抱きしめてくれた。

あんなに私にいろいろ言われたのにそれでも彼は抱きしめる。
『昔の方が良かった』とも言ってしまったのに。

(もちろん今のほうがもっともっと好きに決まってる。)

自分が嫌なことされても嫌な思いしても、腹が立っても
抱きしめるのが彼なのだ。


この後、恥ずかしいと思いながらも元カノを知りたいと思った理由を言ったら

『なーんだ、最初からそう言ってくれたら良かったのに!」

と言われてしまった。

もう少し最初から冷静に物事を考えて言わなくちゃね。。。




でも喧嘩してもだいすき。






歩く道

September 16 [Tue], 2008, 2:07
旅行から帰ってきた
軽井沢だ。

空気が冷たかった。そして清清しい。
17℃という気温に半袖の私・・・

さ・む・す・ぎ・る

彼の腕にしがみついていた
あったかい。

しかし太陽がかなり強い。良い天気なのは何よりだったけれど。

ホテルは総合してまぁまぁだったかな。
綺麗じゃなかったけど、対応は良かったかなとか。
後ホテルについてるテニス場でテニスできたのも嬉しかったし、近場にあった子供向けの遊園地が意外にも面白くて、釣りなんかもそこでやった。
人生初の釣り!
まぁ放してあるのを釣るわけだから入れ食い状態で、彼は
「これは釣りじゃない(笑)」
と言っていたけれど、初めての私にはこんなもんで十分だ。

テニスは高校以来。
案の定下手くそだった。。。

しょーがないじゃんっっっっ!!!
高校の時上でサーブ打つとき投げたボールが頭に落ちてくるくらい(もちろんラケットはスカッ)下手くそだったんだもん!!!!

それに比べて彼は中学のときテニス部に入っていたためやっぱりブランクあっても上手い。
中学時代は軟式だったから硬式は初めてっぽい。

ボールが(軟式より)はねるとか言ってたけど正直私には「?」だ。


初めて彼がテニスするのを見たけど、悔しいけどかっこいいなぁ・・・
パーンと爽快な音をたててボール返す姿とか。
新しい一面を見たようでドキッとした。
運動できるっていいなぁ・・・。


一泊だったけど色んなことできて良かったな☆
楽しかった!!

金曜の夜に帰ってその日は彼の家に泊った。
もう爆睡だった。
土曜の夜にこっちに帰ってきた。
ちょうど中秋の名月。

綺麗だった。
隣の彼と手をつなぎながら歩いて一緒に月を見上げる。

なんだか涙が出そうだった。

幸せだなと思った。

いつまでも
いつまでも

こんな毎日でありますように




就活

September 09 [Tue], 2008, 2:34
自分が就職だなんて何か笑ってしまう

もっともっと遠いことのように思っていたけど
すぐそばまできてたんだなぁ

大人になりたくて、なりたくない私が
両方からせめぎあって

一歩を踏み出すのを恐れてる

逃げてるのかな

自分1人分の責任すら負うことが怖くて。

今まで揺り籠の中でただひたすら我がもの顔でいられた

甘えてばかりはいられない
それは分かってる

でも一方で分かりたくないんだ

初めてバイトしたときみたい。

今度は社会に出るのだからそんなのとは比べ物にはならないのだろうけど
でもあの時も怖がっていた。

辛いとき、たくさんあったよ
泣いたことも数え切れないほど
でもそれ以上に嬉しいことがあった
今は楽しくやってるよ

そういうものなのかな

そういうものであって欲しいよ

頑張ったよ
泣いても
苦しくても
必死だったよ

それが報われる仕事だといい
たくさんの人に出会える仕事がいい

たくさんの人の笑顔が見たい
心の一片に触れたい

人の中にあってこその私であると

そう胸を張っていえるように


飛び込む勇気が欲しい

人が好きだ

好きだよ

頑張ろう
なるようにしかならないよね



地道にやっていけばいいことがあるかもしれないね


あの頃がそうだったように






今の私、昔の私

September 08 [Mon], 2008, 6:25
久しぶりの日記。
付き合う前の苦しい日記。
辛いね、痛いね、苦しいね


でも今ではね、
その彼と付き合ってる。
後何日かで2年半を迎えるんだよ。

幸せだよ


昔の私、
あなたが泣いた意味はあったよ
今日の1日1日に生きてる

彼の傍にいられる幸せ

一緒に過ごせる時間

永遠なんてものは無いのかもしれないけど

でも彼を愛していきたい

ずっとずっと



だって奇跡だと思ってるんだよ

ネットの中で出会って
恋に落ちて

振り向かせて

両想いになれて

それだけで奇跡なのに

2人で1年間の遠距離にだって耐えたよ

その苦しい時間を経て

彼は東京に来た

一緒にいられる

ねぇ泣いていた昔の私はきっと想像すらしてなかったことでしょう?

もうね、大丈夫だよ

彼を信じよう

彼は愛してくれると言ってくれたよ

私も愛そう

この奇跡を抱きしめながら





November 06 [Sun], 2005, 14:22
もう涙も出ない。

最近寒くなってきました↓
雪が降るのも、そう遠くはなさそうです。
甘えるのはその身勝手さゆえ。
吐き気がする。。。


雨や雪は音を吸い込んでしまうから。
雨や雪が降ると、静かになって

それが心地よい時もあるけれど、
少し寂しくなる時もあったり。

傍にいて。なんて。

なんだか不思議。

そんな身勝手な。利用するような。

季節はどんどん知らないところでめぐっちゃうんだなぁ
とか、しみじみ思ったり。
そんなこと・・・どーしてしようとするんだろう。
もう何回もそれで後悔してるのに。

冬は好きです。
どーすればいいのかな・・・。何でこうなるのかな。
私、一体どーしちゃったんだろう。

でも、冷え性↓
もう。わかんない。
今日の夜も毛布に布団にあらゆるもをかけて寝ると思いますw

明日からまた学校。
今は早く忙しさの中に埋もれたいです。

虚・嘘・無

November 04 [Fri], 2005, 20:35

ちょっとやそっとじゃ何も変わらなくて。
それがなんだか虚しくて、寂しくてつらくて、どうしようもなかった。

結局変わらない。
何も。
すれ違いばかり。
本当の思いは、何でこうも簡単にひねくれて、
曲がったままなんだろう。

そんなことが言いたいんじゃなくて。
正直に素直にただ「そばにいたい」と言いたかった。
「いさせて欲しい」とそう言いたかっただけなのに。

距離とか、そういうんじゃなくて。
難しいことなんて二の次で。

考えてみれば、思い返してみれば
私も必要とされたかったのかもしれない
傍にいたかった。
支えられるものなら支えたいって。
なんて傲慢なのかな。
それでもそう思ってしまう心は止められなくて。
どうしようもなくて。
笑って、他愛のない話が出来れば、
それで幸せだったのに。
嬉しかったのに。
1つのものを望むとどんどん欲が出てくるんだね。

好きになっても、
「好き」が返されない。

いつもこうなんだね。
同じ事を何回繰り返せば。。。いいのかな。

もう誰も好きになんて


ならない。


疲れちゃった。


「好き」が痛い。


満たされない寂しさが、
一人ぼっちの悲しさが、

つらい。


このまんま記憶喪失にでもなれればいいのに。
忘れてしまえればいいのに。

こんな時にだって。

何1つ上手くいかない。

心は、こんな時にだって、

コントロールなんかできないんだね。

好きだって。

October 30 [Sun], 2005, 4:40
今日は親友さんと会って。
自分の好きな人のことちゃんと話してきました。

うん・・・。
やっぱり難しいってことかなー・・・結論的には。
分かってたことではあるけど、
親友が言うには、どんな状況にあってもやっぱりお互いが
「連絡しあいたい」って思わなきゃダメってこと。

一方通行の思いは・・・・「重い」のかなぁ。

でも、どーしようもなく好きなんだもん。

自分だってわかんない。
「顔だって知らないんでしょう?」
って言われたって、そんなの関係ないって即答しちゃうくらい・・・・
ダメで・・・・・・どうしようもなくて。。。

寂しくて。。。
胸の辺りがギュって・・・・なる。。。

でも・・・
気持ちが重いなら・・・少し考えなきゃ。

昔に戻りたい。。。
「よふかし」で皆とバカ話したぃ。。。。
遮那、九ちゃん、白ちゃん、RUIN。。。。
いなくなっちゃ・・・ヤダよ。

11月13日・・・私の誕生日の日。
夜にチャットに来て欲しいって頼んだ。
何もいらないから、ただ皆と話したくて。
ちゃなは・・・連絡とれなぃから・・・もう奇跡にかけるしかないけど。

皆と話したい。


18歳の誕生日。



はぁー・・・ここまで好きだと自分でも嫌になるわー・・・。

今日このごろ

October 29 [Sat], 2005, 21:57

少し前向きになって、大丈夫って思う時に限って

体調を崩すって。。。

風邪引きました。
セキが止まらなくて・・・だからといって
せっかくの時間を寝てるのってつまらぁーーーーーーーーん!
とヵ思って起きて活動中(ゝ∀・*) (ダメじゃん

誰かと話したいような話したくないような(?)変な感じ。。。

体調悪いときって、
とかく気持ちも弱りやすいから気をつけなきゃ〜

自分の面倒くらい自分で見れないとね!

そぅいや、やっとあゆのCD買いましたw
「HEAVEN」最高ですbb

―SHINOBI―の主題歌です

バラードすっごぃ良い〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
バラード大好きw特にあゆのバラードは
カラオケでもよく歌うし♪

歌詞見ると切なくなるけど。。。
そこは割り切って・・・・・ね。

さーーーて。
今日の夜のために寝ますヵなw
早く風邪治さなきゃ!!!!

はっぴぃ ばーすでぃ♪

October 28 [Fri], 2005, 19:19
☆HAPPY BIRTHDAY☆

今日はRUINの誕生日
18歳だぁーーーーーーーぃw
本当におめでとうねbb

また例によって例のごとく(笑)
すんばらしく長いメールを送らせていたらきました(ゝ∀・*)

これでちょっとは伝わったといいな。

どれだけ大事な人で大切な人で、
どんなに幸せになってもらいたいって思っているかって。

幸せになるって、
権利じゃなくて

「義務」だってこと。
分かってくれたらいいなぁ。

私も幸せになりたい。

「幸せになってほしい」
って言ってくれた人達がいるヵら、なおさら幸せにならなきゃ!

やっぱり「義務」なんだよ。
皆その義務があって。
皆そうなりたいって思ってるんじゃないかなぁ。。。

不幸になりたいって思う人ってそうそういないと思うし^^;

今日はRUINの誕生日ってコトで、色々考えてみちゃったりv

大事な人の誕生日って嬉しいよね!うん!(自己完結?
本当やっぱり嬉しい。
その人の大切さが改めて感じられる日でもあるから。
とってもとっても嬉しい。

そういう気持ち忘れずにいたいなーっていっつもいっつも思う。

18歳本当におめでとう!w
それヵら、これからもずっとずっとよろしくねbb
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cat_moon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cat_moon/index1_0.rdf