消費者金融審査比較情報
2007.03.16 [Fri] 19:28

消費者金融で融資を受ける為には・・・

消費者金融での審査の流れについて
消費者金融での審査の流れは、個人信用情報機関で信用情報の照会(返済状況や借入れ状況の把握)、これまでのその消費者金融での貸し倒れ率等を基にしたコンピュータのスコアリング審査、申込み情報の確認、本人確認書類の確認、在籍の確認等を行い、それらを総合的に判断して融資の可不可を審査するのが一般的です。
店頭などに申し込んだ場合での融資の際は対面審査となりますので、申込み者の態度や服装、言動も含めた印象なども審査の基準となります。

審査の際にいわれる属性とは?
属性が高ければ返済してくれる可能性が高くなると言えます。
消費者金融業者は出来るだけ属性の高い人に出来るだけ多くの融資をしたいと考えています。
それは、返済をきちんとしてくれる可能性が高いと考えるからです。
例えば、年収が多い人は返済してくれそうな事は何となく分かるでしょうか?
勤続年数が長い人はそれだけ一つの所できちんと仕事をしており信用度があるとみなすのです。
返済についてもきちんとしてくれそうだと判断します。
勤続年数が長いということは、収入も安定しており年収も高くなり、そう簡単には夜逃げしたり、退職しにくいと推測する訳です。
別の例では、独身よりは既婚で家族がいる人も夜逃げはしにくいですし、
年収の高い人も返済資金はあるので自己破産などをする可能性も低いです。
持ち家かどうかによっても変わります。
持ち家と賃貸住宅では例えローンがあっても一般的には持ち家の人の属性が高いと言えます。
これも夜逃げされにくいという事なのでしょう。
これら全てを総合的に審査するのですが、消費者金融によって審査の基準は違います。
消費者金融のこれまでのお客さんの取引状況や貸し倒れ率などがそれぞれの消費者金融によって違うためです。
消費者金融について詳しい審査情報、消費者金融審査