キャッシングとは

February 02 [Mon], 2009, 22:18
キャッシングはテレビCMでもよく聞く言葉ですね。大体の人が意味はわかると思いますが、キャッシングとはCashingつまり現金を融資することです。

このようにキャッシングとはお金を融資する行為を指すのですが、借金する行為をキャッシングと呼ぶほうが、むしろ一般的かもしれません。

キャッシングは、その手軽さが受けて利用者が増えてきています。

特急でお金が必要になったときや、給料日前の手持ち現金がない場合などにとても重宝します。

キャッシディスペンサー(現金自動支払機)やATMが近くにあれば夜中でもカードを使って現金を借りることができるので、非常に便利です。

ところで、キャッシングの融資対象は個人で、企業相手の融資はキャッシングとは言いません。

キャッシングは個人がお金を借りることを指すため、なんとなく消費者金融のイメージが強いかもしれませんが、銀行が個人向けに貸し出す場合もキャッシングと言います。

ちなみに、キャッシングとよく比較される銀行等金融機関のローンですが、キャッシングとローンの大きな違いは、融資目的が決まっているかいないかです。

キャッシングは、目的が設定されていないものがほとんどなので、用途はお金を借りる側の消費者が、自由に決めることができます。

一方、ローンは借り入れ目的が決まっていて、その目的に借入金を使うことになっています。

次にキャッシングの利息計算方法ですが、利息は利用日数に応じて増えていく仕組みです。

返済期間が短ければ返済金額もその分少なくなりますので、借りるときには返済計画はしっかり立てておきましょう。

気になるキャッシング費用ですが、通常は利息以外にかからず、年会費や発行手数料も無料のところが多いです。

それが、キャッシングを利用する人が増えている理由の一つでもあります。

担保や保証人について言うと、キャッシングは通常、保証人は必要なく、また無担保で借りることができます。

利用者本人確認と信用に基づいて貸し出しているからです。

一番気になるかもしれないキャッシングの利用条件は、18歳以上または20歳以上です(消費者金融会社などによって異なります)。

基本的に、定期的な収入があれば誰でもキャッシングで借りられるのもありがたいですね。
P R
カテゴリアーカイブ