【 更新情報 】

スポンサード リンク

無職でもキャッシング・カードが作れるローン審査の不思議

無職では作るのも難しいキャッシングできるクレジットカードも、クレジット会社によってはローン審査が通ることもあります。
ごく普通に仕事をしながら生活している人にしてみれば、カードを作れないなんてことは考えたこともないかもしれません。

無職になってお金が必要になり改めて気づいたという人も多いかもしれません。
クレジットカードを作りキャッシングでお金を融資してもらえるのは、仕事をしていることを基本にローン審査に通った信用のある人に限られるのです。

まずキャッッシングが必要ということはお金がないということ。
無職であれば今後の支払い能力はないとみなされローン審査ではまず落とされます。

それでもなぜか主婦でも学生でもないのに無職でクレジットカードが作れてしまうこともあるのです。
審査基準は各社で違いますが、時間帯によっても通りやすい時間があるとも聞きます。

キャッシングのカードは来店せずに機械やネットで申し込みができますが、顔は合わせなくてもOKを出すのは人です。
OKを出す人に寄っても結果が違ってくるということでしょうか?

無職でも作れる審査の甘いキャッシングのカードは利率も高い?

無職で簡単にキャッシング・カードが作れるところはいくらの利率をつけられるかわかりませんから注意が必要です。
その時は乗り切ってもあとで恐ろしいことになってしまうかもしれません。

キャッシングできるカードが欲しくても、無職ではなかなか難しいのが現実なのです。
でも、無職でもキャッシングできるカードを作れる可能性はないわけではありません。

審査の基準は各会社で違いますので、無職でも絶対無理というわけではないようで、無職と書いたけどカードが送られてきてびっくりということもあります。
ただ審査が甘いところは金利の利率も高いかもしれません。

比較的審査が甘いといわれるのが楽天カードです。
店舗やネットでのショッピングで利用すればポイントが付くお得なカードで、キャッシングもでき、年間の利率は18%です。

ネット上で手続きができるので比較的無職でも通りやすいといわれますが、もちろん落ちる方もいます。
できれば派遣登録でもしたりアルバイトを探してから申し込みをしたほうがいいですね。

無職でもキャッシングできるカードローン

無職でもキャッシングができるカードローンはなかなかありません。
小さな消費者金融で10万円以下の限度額であっても、ちゃんとしたところはなかなか無職の人にはキャッシングなどカードローンは難しいのです。

ただ、無職でも学生には学生向けのカードローンもありますし、主婦なら配偶者に安定した収入があればカードローンでキャッシングすることもできます。
一部ですが、今は無職でも就職が決まっていたり派遣会社への登録があり在籍が確認されればキャッシングのカードが作れることもあります。

100万円を超える高額限度利用を希望する場合には収入の証明などが必要となりますが、アルバイトでも定収入があれば大丈夫です。
無職でも収入がある場合には自営業として申請することもできます。

中には無職の人でも作れるクレジット機能の付いたカードローンもありますが、簡単に貸してくれるところは注意も必要です。
それと、続けて何社にも申込みをすると多重債務者とみなされ審査に通らないこともあるので注意が必要です。

キャッシングのカードを作れないのは無職とブラック

無職の人とブラックの人は安定した収入や信用がないのでキャッシングのカードを作る場合も難しくなります。
無職でのキャッシングは難しいですが、パートやアルバイトならキャッシングのカードを作れるところは多くあります。

審査基準は会社によって様々で、限度額は少なくなりますが大手の消費者金融でもキャッシングのカードを発行してもらえます。
無職でなくても、ブラックだと新たなカードは作れませんし新しい融資はうけられません。

ブラック・リストとは実際にリストを作成しているわけではありませんが、返済を滞納したり自己破産などのトラブルを起こすと個人の信用情報機関に記録され、金融業者同士でブラックの情報を確認できるようになっています。
ブラックリストに載ると、5〜7年は記録が残ります。

ショッピングにカードを利用する人は多いでしょうし、ポイントなど上手に使えばお得にもなります。
キャッシングはあまりお勧めできませんが、無職になってあわてるよりもクレジットカードににキャッシング機能が付いていれば急な場合には対応できそうです。

無職でもキャッシングのカードローンが作れるか?

キャッッシングができるクレジットカードは、20歳以上であれば無職でも作れないことはありません。
キャッシングはそもそもお金がない人が利用するわけですから、収入のない無職の人こそ必要なのかも知れませんね。

とはいってもクレジット会社の方も返済してもらえないことには商売が成り立たないわけですから、安定した収入があり返済能力があるかどうかを審査することになります。
もちろん無職だとカードを作れないことの方が多いでしょう。

キャッシングのできるクレジットカードには銀行や消費者金融が発行するものなどがあり、会社によって金利や返済方法、審査の内容なども違ってきます。
一般的に銀行が発行するキャッシングのクレジットカードは低金利で融資を受けられますが、書類も多く手続きに時間もかかり審査も厳しくなるので、無職の場合にはまず融資は受けられません。

ただ、無職であっても学生や主婦など保護者や配偶者に安定した収入があれば、額は少なくなりますがキャッシングのクレジットカードも作ることができます。