連絡なし 

March 30 [Mon], 2009, 22:54
私の気持ちの波は、今間違いなく彼が一番の原因となっているのだろうと思う。
メールの返事が来ない。転職したばかりでそんな余裕もないのかもしれないんだけれども。確かに、どの時間帯に連絡できるか自分の一日の行動の流れがしばらくは分からない、と言っていたし。
出来る範囲で返事をする、とも言っていたけれども。

それでもやっぱり、返事が来ないと最近彼のほうも私の落ち込みが彼が原因であると思っている様子なので・・・・連絡を取らないほうがいいのではないかと考えているし。彼のほうから、距離を撮ろうとしているのだろうか、このまま終わりになってしまうんじゃないか、と不安で仕方がない。

彼の奥さんのほうが、ふと不安になる、と言っていたことを私にも言ってきたくらいだし。私がいつ会えるか、連絡できるかと聞いてしまったから今こういう状態だ、ということを説明してくれただけなのだろうけれど。
変に深読みして、奥さんを不安にさせているから終わりにしたい、ということなのだろうかと考えてしまう。
メール、またしてみたいけれども返事が来ないかな・・・。

きょうのこと 

March 13 [Fri], 2009, 18:42
過去に起きたことをあれこれを思い悩んでも仕方がない。これからのことを考える。
これから先、何かあるかもしれないけれども自分は大丈夫。何かがあってもそこにおちることはない。そのすべをもう学んでいるから。

今日は彼と漫画喫茶に行った。お互いに雑誌を読んだり漫画を読んだりのんびりと過ごした。彼が今カウンセリングを受けているという団体のホームページを見たり。私もその団体の勉強会?に参加してみたいといったら怒られた。足が着くということで困る、ということも理由だったけれど、自分のやっていることを真似している、とりあえず彼にやって効果が出たからとりあえずやってみる、ということのように思えたから怒ったらしい。

考え方がいいと思ったから、自分の考え方の軸になるものがほしいから効いてみたい、ということで、また自分自身のことを分析できていないと意味がない、ということだったので自分自身ここ何日か考えていたことを伝えた。

周りのペースに巻き込まれて、いつの間にか正社員として働いてしまったこと。自分のうペース、というのは仕事なのでそれを綱抜きとおすということは出来ないけれども、働き方として周りに流されてしまった、ということ。そういうことを言うと、そこまで分析できているのなら自分自身の力でよくなれるんじゃないか、といわれた。層なんだろうか。なかなかよくならないな、と思っているけれども・・・。

事故を起こしたとき、旦那さん来ないの、と何度か効いたのは自分が真っ先にかけつけてなにかをすることはできないから、と言っていた。何かしてあげることはできないから、と。また、生活の中で自分と会う時間が一番の楽しみには辛すぎてできない、と言っていた。自分には両親や友達やたくさんほかにもたのしみがあるなかで、私がほかのたのしみをすることができず2人の関係にばかり目を向けてしまうから。

彼のことを待っている時間と、彼にあっている時間のどちらかの時間になってしまうのに、自分は毎日あってあげられるわけではなくて、週のうち何度か何時間かの時間を作れるだけ。そう考えてみれば、これから一緒の職場ではなくなるので会える時間が極端に減るんだ、ということ。そこがまだ受け入れられないでいるんだろう。私の中で。あえない、ということを受け入れていかないと。

ただ、このかんけいがどうなるんだろう。守っていくべき人が分かったから外にのみに行く回数が減った、と言っていた。奥さんのほうに目を向ける、ということなんだろう。すっかりセックスレス夫婦のようになっている、と一昨日あったときも仕切りと言っていた。彼自身の中で変化があって出た言葉なのだろう。これではいけないと。わたしがいつ旦那としたのかも聞いていた。嫉妬している、という様子でも合ったけれども。

退職届を出してきた。上司に、彼がいなくなったことが大きいのかと聞かれた。その辺はごまかしたけれども、私は最後のほうは、彼に会うために仕事に行っていたのだと思う。彼が1月一杯で退職、と言っていたので少しでも一緒に働きたい、一緒の時間を過ごしたい、という思い出復帰した。そして、彼がいなくなってしまったらまた休職。誰が見ても明らかかもしれない。自分自身がきづいていなかっただけで。

今の仕事に、とっくに見切りをつけてよかったのだろう。彼がいるから、彼と一緒に仕事をしたいからダラダラと続けてここまでびょうきをひどくしてしまった。私自身、いやだと思った感情を、自分を大事にして生きても良いのかもしれない。

状況一変 

February 27 [Fri], 2009, 20:05
もはや仕事のことなのか、彼のことなのか区切りはつけられないです。2月のはじめ、彼がひどく体調を崩してしまい長期のお休みへ。職場のフォローに入りまわる毎日。ナントカ切り抜けながらも、少しずつ限界は近づき私も今週初めより休職へ。

フォローのない職場、自分たちのところさえまわっていれば周りが大変な状態であっても、自分たちの休憩時間をゆっくりととるなど。日ごろの疲れがたまっている、それも十分分かることだけれどもこのままでは私たちの部署がみな疲れ果ててしまう。次に倒れるのは誰か。考えてみたら、復帰してきたばかりの私、というのはすぐに分かることでしょうに。そうなってしまったときに、またそのフォローに周らなければならない、ということが何で分からないのだろうか。

対応がいつでも後手後手すぎる。周りを見る余裕というものがないのだろうか。

休み始めの1週間、彼との連絡は取れなかった。人と話せるような状態ではない。そういっていた、どのような状態かはうかがい知ることが出来なかったけれども。週末、夜に連絡が入り、これから全てを終わりにするという。なんとか自宅へ送り届けることは出来たけれども。一人にしてはまずい常態であることは身をもっていやというほど思い知った。人の心というのは、こんなにまで壊れてしまうものなのだろうか。

それからしばらくは、メールのやりとりのみだった。それでも、彼がきちんと生きているということを確認でき、ほっとできた。仕事中、ふとした瞬間に涙が溢れてなんでこんなことになってしまったのだろうか、と自分自身を攻めることが多かったけれど。彼が壊れてしまう直前まで、私は彼と電話で話していたから。私の話の後で、別件の電話があり、それが原因で彼が限界になってしまった。私の電話も彼を追い詰めるようなことを言ってしまって。それに続いての電話だったから、ダメージとして大きすぎたんだろうと思う。

同じことの繰り返し 

February 01 [Sun], 2009, 23:01
不安に思ってることを伝えてみた。これからの二人のこと。
奥さんと別れたらいろんなものをなくしちゃうこと、別れる気はないこと。そこを固いと言われるのも分かっていること。
またその話し?と言われた。
この話しになると、またケンカになるだけだ、と。

戻れない 

January 23 [Fri], 2009, 22:30
彼との関係。もう、なんだか戻れないところまで来てしまっているように思う。
2人きりで週に1度は会い、一緒の時間を過ごす。一度は長距離の外出をし、デート気分、というか実際デートだったのだろう。有給をとってまで会う、ということが今までの自分たちの働き方からは考えられなかったが、案外実行に移してしまうと平気なもので。

周りの視線、知人がいないかどうか回りを気にすることは会っても楽しい時間を過ごすことができた。満たされ、幸せな気持ち。帰ってきた後、少し他のところへ1人でぶらつき、独りにならないように。1人になってしまうと、考えなくていいことまで考えマイナス思考一直線なので・・・。

せっかく楽しかった時間を、楽しかったままでよい思い出にしたい。明るみになってしまったら、とか、コレが最後になるんだろうか、とか考えたりしていたけれども。その直前の休日、夜中に呼ばれ会いに行った。さよなら言いに来たのに、といわれた。夫婦関係を再構築するため、求められたと。あっけらかんとした口調で言われたというが、むちゃくちゃに暴れまわりたいくらいのつらい気持ち。彼と一緒にいる限り、この思いは抱え続けることになるんだろうか。それとも、彼への思いが落ち着くことはあるのだろうか。

昨日のミーティングでの彼の表情。何かを考え込むか、抱え込んでいるような静かな目をしていた。残って彼の話を聞きたかったけれども、自分の体調を先に考えあがってしまったけれども・・・。後悔が残る。あの時、彼に話しかけていたら何かが変わっていたのだろうか。

やりすぎだと思う。 

December 29 [Mon], 2008, 8:03
休みに入る直前、相当体調不良。
入院すればいいのに、したんだろうか。家の前を通りかかったら、とりあえずクルマと友人のクルマがあったけど、彼の姿を見たわけではないから彼がそこにいるどうかは分からない。

2人の関係を考えるにしても、自分自身の体調が良くなってからじゃないとしっかり明日判断が出来ないと思い、とりあえず待っていてもらえるかと頼んだら、もう退職届を出してしまったという。

家にいても楽しく過ごしていても、頭に思い浮かぶのは彼のことばかり。考えたくない。でも体は大丈夫だろうかとか、後どれだけ一緒の時間を過ごせるんだろうかとか、色々と考えてしまう。

今回のkとが会って、家族に迷惑も掛けたしきちんとしなきゃな、と思って仕事をやめる、自分との関係を疑われた時点でもうこの職場にいることはできないと思って退職する。そういっていたけれども、そうしたらその職場で仕事を続けていく私はなんなんだろう。人間関係で悩んでやめる、仕事の内容が辛くてやめる。そういう野ながら場納得は行くけれども、

今まで取り組んできた仕事の責任を投げ出して、男女間の問題でやめていくのは納得がいかない。それは仕事に対して失礼だと思うし、彼を信用して彼と一緒にがんばってきた仲間を裏切ることになる。そうやって自分の家族と自分のけじめはつくだろうけど、周りのことはなにも考えていない。自己満足に過ぎないのだろうと思う。

そういうつもりで退職するのだとしたら、私は彼がやめた後は、会いたくない。
なにより、職場と私よりもやっぱり今いる家族をと選んだということだと思う。私が別れるとか終わりにするとかそういう選択権をt持っているわけではない。彼のほうから、もう終わりだという決定を突きたというのが本当のところなのだと思う。

ウソとホントの割合 

August 03 [Sun], 2008, 7:44
タイトルの答えなんて、最初から分からないんだけれども・・・。
水曜の夜に、一度ちゃんと酔ってない状態で話をしないと、って思っていることを伝えられ、次の日の木曜日、仕事後に連絡します、といわれた。

そんなものだから、翌日は一日いつ話をするんだろう、どんな話をするんだろうとキミオチがそわそわして。仕事中にも不謹慎にそのことをしょっちゅう考えていた。夕方ちょっとした会議があり、その後ちょっと自分がへこんでしまい、その部屋で休んでいた。その間に、自分は気づかなかったんだけど着信があったみたいで。連絡する、って言ったのに来ないじゃん、と少しがっかりしていた。

男の視線 

July 29 [Tue], 2008, 22:29
研修が終わり、少し職場に寄った。いつもと違う服装の私を、上から下までしっかり彼の視線が追いかけた。こうして、今までと違う関係の彼と会うと、今までの彼は紳士を装っていたんだなぁ、ということがよく分かった。今まで、フツウの同僚として接していたときはこんな視線は感じなかった・・・。でも、彼のほうもわかりやすいといえば分かりやすい。

正直、その視線にちょっとドキッとしたけど。気にしすぎ、といわれればソレまでかもしれないけど・・・。
今日は旦那君、途中で電車が止まってなかなか帰って来れない。職場に戻って止まろうか迷ってたみたいだ。帰ってこないのか、と思った瞬間、彼に連絡をとりたくてたまらなくなった。

なんだか、こういうのは少しイヤだなぁ、と思った。お互い節度のある付き合いを、と彼も言っていたけれど、旦那君が帰ってこないからって夜のお散歩に誘ってみようか、とか電話をしてこれからの2人について話してみたいとか、(女々しすぎる)始まったばかりの関係だけども、こういう関係は辞めたほうがいいんじゃないか提案してみようかとか。色々考えていた・・・。 

出張 

July 28 [Mon], 2008, 21:42
今日、明日と出張。彼と会うこともなく、今日は一日もメールをすることもなく、よく踏みとどまった、自分。昨日読んだ本のおかげでもあるけれども。今日の出張では色々と考えさせられることが多かった。研修をつけるためのものだったのだけれども、研修報告にその辺をうまく盛り込めるといいと思う。やっぱり、職場から離れて専門的な話を聞くということはとてもいい刺激にもなるし、本来自分がこの仕事に対して抱いていた想いを再確認するいい機会にもなる。

色々と、今まで漠然と行っていた支援についても思い起こすきっかけにもなった。とはいっても、今の職場での仕事ではなくて以前の職場での出来事を今になった突然思い出したのだけれども・・・。それも、3年ほど前のことだ。そのときには何故だろう、と単純に不思議に思うだけだったのに、今になるとそのときの相手の気持ちとか、その言葉を発した背景などが思い起こされる。私はその人に対して、何か糧となる言葉が発せられたのだろうか。

いや、特に残るようなことは言っていないと思う。今になって、突然こうやって思い出すくらいだから。

とにかく、ためになる研修であったと思う。あとは、彼に対してどこまでこちらからアプローチせずにいられるか、というところだ・・・。

胸が痛い。。 

July 27 [Sun], 2008, 20:36
愛人の掟、という本を買った。なんだか、いまの私の行動そのままでニヤニヤしながら読んでしまった。今日は、彼の友達に教えてもらったバーに行こうと思っていたんだけど、習い事が終わってからお店の開店時間まで結構時間が空いていて、時間つぶせないなぁ・・・と思い、とりあえず最寄駅の近くにあり、前から気になっていたお店に1人でのみに行ってみた。本を読んで、ビールを飲み、焼酎を頼み、おつまみを頼んで。いつもはすえないタバコも吸ってみたり。

リラックスして過ごせた。そんな中で考えた。彼はやさしいから拒否もしないだろうし、また男だからそういうこともしたいんだろうし、うまくいけば・・・、というところもあるんだと思う。でも、やっぱり上手だから自分からそういう状況を作り出すようなことはしないんだろうな、と思う。自分に非があるようにはしない・・・。自分と、自分の妻を守るために。

私に対する言葉も本物だと思うことにする。だけど、それ以上に大切、というか彼の中で鎖になっているのは彼の奥さんの家族とのつながり。社会的な信用。職場での立場。私のほうが、色々と証拠に残るようなメールを送ってしまっているだけに、何か起こったら私のほうが危うい立場にないるんだろう。

ちょうど出張が入り、彼と会うことも少しだけないので、少し割り切ろう。私からのメールは当分なし。

何より、胸が痛いことは、彼の奥さんと比べられて自分のパーソナリティを大切に、といわれたこと。私を励まそうと、言ってくれたんだろうけど私のほうが人間的に自立していない、と言われ奥さんより下の立場におかれたようで傷ついている・・・。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:casebycaseby
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像itou_sann
» 連絡なし (2009年04月19日)
Yapme!一覧
読者になる