2009年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
御意見一欄
アイコン画像ヨシオ
読書週間 (2008年10月20日)
アイコン画像タイラノ清盛
読書週間 (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
デジタルの波到来。 (2008年10月12日)
アイコン画像をとこ
デジタルの波到来。 (2008年10月04日)
アイコン画像りぃこ
デジタルの波到来。 (2008年10月02日)
アイコン画像新妻Y
デジタルの波到来。 (2008年09月30日)
アイコン画像ikumi
デジタルの波到来。 (2008年09月28日)
アイコン画像みしゃ
デジタルの波到来。 (2008年09月26日)
アイコン画像ゆりり
デジタルの波到来。 (2008年09月26日)
アイコン画像50t
デジタルの波到来。 (2008年09月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:caseb_kazu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
更新と思いきや / 2009年06月22日(月)
久々に更新しようと思ったらログインパスワードを忘れ、ログインできなくなったので、ブログを新しくしました。

三代目はこちら
http://akmusic.exblog.jp/
 
   
Posted at 23:50/ この記事のURL
コメント(0)
多摩の奥のほう / 2008年11月30日(日)
奥多摩にきております。

すっかり秋ですね。

自宅から片道600円でこのクオリティ。

何を隠そうここも東京なわけです。
大都会と大自然。

東京はいろいろな一面を持っているようです。
 
   
Posted at 15:07/ この記事のURL
コメント(0)
読書週間 / 2008年10月13日(月)
10月ですね。
東京もここ2,3日ですっかり冷え込み、秋の入りを感じさせられます。

半年くらいこのブログを書いていませんが、ときどきこうやって
不定期更新とかしたくなったり、ならなかったり。

最近、といっても、ここ一年くらいなんですが、
読書が趣味?みたいになってまして、
月5冊くらいビジネス書を定期的に読んでます。
小説も面白そうなのがあれば手を出してます。

ビジネス書を読むきっかけになったのが、
レバレッジリーディングという本で、

スポーツマンは練習をしっかりとやり、その上で本番に臨んでいる。
しかしビジネスマンの多くは、練習をまったくやらず、本番に臨んでいる。

それで、日本のビジネスマンの平均読書時間みたいなのが書いてあって、
みんなぜんぜん本を読んでなくて、なるほどーって納得したわけです。


たしかに社会人になって、勉強するって聞いたことないし、
イメージ「仕事に追われてそれどころではない!」って感じじゃないですか。
でも、読書をしていない=基礎ができてない=いつまでたっても仕事に追われる
と書いてあって、
あー、これでは、おれも絶対こうなる
といった動機で本を読み始めました。


我が家の本棚も結構いっぱいになってきて、
結構たくさん本を読みました。

まあ、一年読んだまとめ的な感想ですが、
これは間違いなく読んでよかったなと思います。

なんというか、たしかに基礎的な力がついた感覚です。
いろいろな本のいろんな著者の人の意見があって、
それを吸収することで、地層ができていくイメージですかね。

それともうひとつ思い知らされたのが、
やはり”自発的な成長”という観点でしょうか。

企業に勤めるかぎり、仕事はどうしても”受身”になりがちですし、
自分の好む方向の仕事があるとも限りません。
だから、仕事に追われていると、会社に依存して成長できない。
成長してもかなり限定的なものになると思います。

だから、本を読むことで、自分を成長させることをやめない姿勢
ってのは大事だって思います。

ちなみに最近のお気に入りは
・7つの習慣
・夢実現脳のつくりかた
・思考は実現化する

です。ベタですが、よいですね。

では、おなかがすいたので、このあたりで。
 
   
Posted at 18:24/ この記事のURL
コメント(2)
デジタルの波到来。 / 2008年04月19日(土)
さてさて 先日CDプレイヤーが欲しいと思って ネットを彷徨っていたところ
面白い記事を見つけました。

とあるケーブルメーカーのページでしたが

CDプレイヤーは欠陥品
PCのあるこの時代、もはやCDプレイヤーとは時代遅れらしいです。


ことのしくみはこう。

CDのなかには デジタルデータという 0と1 がたくさん 詰まっています。
このたくさんの 0と1 から もとの音を再現するのがCDプレイヤーの役割です。
しかし、この変換てのが結構難しい。
それをするのがCDプレイヤーの役目なそうな。

しかし、現代のPCってのはこの 01 の扱いにめっぽう強い。
そりゃPCは 01 の世界ですからね。
だからPCのほうが 圧倒的に きれいな音を再現できるのだとか。

だから、PC録音用のちょっとした機材を使って、音を再現してやると
あら不思議。いい音。


たしかに話の流れとしては筋が通ってるし、
wav変換した音を、UA101を通して聞く音はかなりいい音ってことは体験済みですが。
まさかCDプレイヤーってのはそんな程度のレベルのものだったんですね。

とすると、あとはやっぱりアンプでしょうね。
いい音を完全に再現するにはPC+アンプが最強なのでしょうかね。

なにはともあれ、CDプレイヤーがまったく欲しくなくなってしまいましたとさ。



 
   
Posted at 15:09/ この記事のURL
コメント(12)
急がばTURN / 2008年03月16日(日)
もうすぐ4月。
東京に出てきてもう一年なのです。


>>鳥瞰
いやー、はやい。
世の中のしくみも少しづつ、見えてきたよな、きてないような。

とにもかくにも、満足な生活をおくらせてもらっています。

>>音楽的嗜好
あと、最近メトロノームで思いっきり遅いテンポ(50くらい)で
カッティングの練習をしたら、自分のリズム感の無さに愕然としました。

あー、何やってたんだろな、今まで。
的な思考と
おっ、これ練習すれば、すげえうまくなるんじゃね
的な思考が

頭のなかで渦をまいて、消えていきました。
最近なんだか音楽が楽しいです。

勉強にも少し飽きてきたので、音楽の時間を少し増やしたいと思います。


>>勉学に励む鰯・資格の意義
そういえば、資格とりました。XMLマスタ ベーシックというやつです。
年内にはプロフェッショナルとデータベース取りたいね。
あと、4月にはソフトウェア開発技術者の試験受けます。
こっちも取っておきたいところ。

あと英語とか、リナックスとか、JavaプログラマとかUMLとか・・・
言い出したらきりが無い。
 
   
Posted at 22:38/ この記事のURL
コメント(1)
偉そうな考察、衛星に乗る猫、気紛れな兎 / 2008年02月15日(金)
都会はせかせかしとる。なんでこんなに人に余裕がないのかなんてわからんし、自分自身そんな風にならんように努力はしよる。


最近読んだお気に入りの本に、タレブという人の書いた『まぐれ』という本がある。

人は偶然という要素を排除しすぎであるという考察が乗っていた。
つまり超要約してみると、

今のお前の位置は全てお前の実力であるんじゃない、偶然を考慮しろ、調子にのるなよ

ということだ。
たしかに!

つまり偉そうに、なんでせかせかしよるんかね、なんて意見はとても言えたものではない。

駅でとある時間に何回か見た情報からの考察であり、事実を判断するには絶対数が少ない。のである。


ずっとビジネス本読んできて、なんでみんなこういう本読まないのかなぁ、とか調子に乗ったとこありました。

ビジネス本に書かれていることを実践しても役にたたない“かもしれない”

役にたったと“勘違い”してるかもしれない

ここで大切なのはおれは他の人より“できる”なんて調子に乗らないことだ。

怖いのはその勘違いに足を掬われる、そのリスクを見逃すこと。


つまり、謙虚でなくてはならない。
冷静に謙虚に誠実に。が理想。

ですよねー。なかなかそんな人いないけど。
でもそんな人間になりたい。少なくともなるために努力は惜しまない自分でありたいですね。

 
   
Posted at 19:55/ この記事のURL
コメント(0)
都会的寿司人間 / 2008年02月15日(金)
人が詰まる
他人の迷惑も顧みず、電車のなかへ。

あーあ。

無情に響くアナウンス。

無理なご乗車はお辞め下さい。

新宿駅のホーム
ひとはあふれるばかり。
その名の通りの満員電車が視界から消える。それにしても見事な詰め具合だ。
みんな詰まるコツを心得ているらしい。


頭のなかで心地よく揺れるジャズを2曲聞く。
次の電車がくる。
ゆっくり座席に腰を降ろす。

詰められるのは御免だ。

さぁて、帰りますか。ゆっくりゆったり本でも読みながら。

 
   
Posted at 19:52/ この記事のURL
コメント(0)
英語・日本語・ジミ・ヘンドリクス / 2008年01月04日(金)
閃いたかもしれません。

英語を日本語に変換せず理解すること。

できたような、
できてないような。


そういえば最近ジミヘンのDVDをみました。
アメリカ凱旋一発目のモントリオールのやつ。

モントリオールって始めてのロックフェスって言ってた。
愛と平和を叫びながら楽器を演奏し、人々が集まり、それに聞き入る。

あの映像を見てると、ほんとに音楽で世界は変わるんじゃないかと思います。

そんなステージで演奏できるなんて最高なんだろうね。

またふつふつと音楽への情熱がたぎってきたこの頃でした

 
   
Posted at 16:12/ この記事のURL
コメント(0)
帰郷08 / 2008年01月02日(水)
あけましたね。
2008年。
平成20年。
おめでとうございます。


英語と小説と音楽。
最近の知識の回る順番。


英語。
英語ってギターと似てる。

英語の早いやつ、あれを聞いてもさっぱりわからない。

そこでスピードを落とす。

すると一区切りの文節になり単語になる。

ちょうどギターソロが小節になり単音になるみたいに。

そんなことを思いながら英語の波を浴びています。



小説。
凄さに気付きました。今更ですが。

優れた文は読んでると情景が浮かんできます。また非常によく練られている。研ぎ澄まされている。

報告書などという様な文書を自分で書くようになると、いろいろ気付きます。

ちょいと余談ですが、晦日に心理学をやってる友達と話したんですが、“気付き”はタイミングと非常に密接な関係にあるらしいです。

なんで学生のときに気付かなかったかなぁとかいうことがあるけど、それはしかるべきタイミングではなかった。ということらしいです。
余談終わり。


さて最後に
音楽。

自分は最近ギターをあまり触ってなかったんですが、とある目標を立てたので、久しぶりに基礎練習をしようと思います。

ある目標とは、自分の思った音を鳴らすことです。
かのジミヘンもこの理論でソロを弾いてたとか。
これって完全に耳コピで培われる技術ですよね。でもおれは耳コピ嫌いだったから、この過程をすっとばして、自分の好きなように弾いてたわけです。

非常にもったいない。
ということで耳コピを頑張りたい次第です。
長々となってしまったので、終わります。

ではでは。

 
   
Posted at 14:47/ この記事のURL
コメント(0)
アイデアと音楽とおとな。 / 2007年12月14日(金)
それとなく書くこともないのですが、
なんとなく書きたくなったので
書くことにします。

最近、またいろいろな本を読みます。
面白かったのが、アイデアの出し方って本。
アイデアって、既存のものの新しい組み合わせなんだって。

そう考えると、音楽の創作活動でも同じことが言えると思った。
意気込んで、コピーを否定して、自分の中のオリジナルを追求しても
結局は耳に入った情報が頭の中で組み合わさってアウトプットされる。
それが、オリジナリティってことになるのかな。
頭のなかの音を混ぜる回路。
これがオリジナリティのもと。

だから、ギターのフレーズとかは、たくさんコピーしたほうがいいし、
いろんなジャンルの音楽を聴けば
音のもとをたくさん収集できて
それが頭の中で組み合わさって、新しい音楽ができるんだろうね。
うん。
なんかもっと早く、知りたかったなぁ。
まあ、知ってしまったので
よしとしよう。


あ、あと最近気付いたんですけど、
人間って自分のことしか、考えてないですよね、きほん。
そんななかで、常に、相手のことを考えて行動できるひとってそういないとおもうんですよね。
そういうひとを本当のおとなって呼ぶんじゃないだろか、
と勝手に確信してます。はい。
 
   
Posted at 23:43/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!