【 更新情報 】

スポンサード リンク

カスケーディングカラーも進化

ウエラジャパンが2007年に発表したことで話題になったカスケーディングカラー。カスケーディングカラーと一言で言ってもどんどん進化しているようで、1月23日に東京青山のウエラスタジオ東京で行われた、ウエラジャパン主催のカスケーディングカラー発表会では、今年の春夏向けのカスケーディングカラーのキーワードは、色で遊ぶということ。ウエラジャパンは、クールシトラス、パッションオレンジ、スウィートベリーなど、最旬の色をポイントで使ったデザインを発表しました。どのカラーも素敵ですね。自分に合ったスタイルが選べます。カスケーディングカラー発表会の中では、今なぜカスケーディングカラーなのかをimaii中村太輔さんがお話したりもしていました。ますます充実しているカスケーディングカラーから今年も目が離せないですね。今後はどんな進化を遂げるのか楽しみ。

カスケーディングカラーは流行のヘアカラー

ヘアスタイルは女の子なら誰でも気にするもの。ヘアスタイルを少し変えるだけで結構印象、雰囲気って変わってきますよね。最近注目を集めているヘアスタイルにカスケーディングカラーがあります。カスケーディングカラーは、毛先に向かってグラデーションが広がるように(滝のように)カラーをいれるヘアスタイル。カスケーディングカラーは、自分の好みの色をいれたい場所にいれて楽しみます。気軽なヘアカラーです。流行のファッションは、色を遊ぶということがトレンドになっています。そしてファッションだけではなくて、ヘアスタイルも色で遊ぶスタイルが広がっています。海外セレブたちの間で火がついたカスケーディングカラー、世界で注目されているヘアカラーのスタイルであるカスケーディングカラーは、日本でも一般的になってきました。カスケーディングカラーを上手く使えば、ヘアスタイルに立体感を出したりゴージャスな印象にしたりできます。

ヘアカラーの基礎

ヘアカラーは髪の毛を脱色し、それから色素を浸透させるカラーリングのことを言います。ヘアマニキュアはコーティングで、ブリーチは脱色です。それぞれ特徴がありますが、ヘアマニキュアの場合は、髪の毛が傷みにくいので良いのですが、髪の毛を明るくすることが出来ないので、 髪の毛の色が暗い人は使いにくいです。ブリーチは、髪の毛は明るくなるのですが、多少髪の毛が傷みやすいのが難点。ヘアカラーも脱色をするので、髪の毛にダメージは与えます。ヘアカラーは色のバリエーションが豊富なので、 色々なカラーデザインを楽しめますカラーリングのテクニックでメッシュ、ハイライトがあります。くっきりと色の強弱をつけた状態をメッシュ、自然な感じに明るいトーンの筋を入れたものをハイライトと呼びます。ですがヘアデザイナーごとに認識の違いもあるので、きちんと確認をしてからヘアカラーをいれるのがいいでしょう。マット系やアッシュ系など様々な色があり、自分の好みのカラーが選べるのは楽しいのですが、自分に合った色もあります。例えば色白のj肌なら、ちょっと暗めのブラウン、小麦色の肌ならイエローやオレンジがあったりします。
P R
カテゴリアーカイブ