3ナンバー車の税金は高い? 

January 27 [Tue], 2009, 23:21
車の税金を安くする方法…

まず自動車の3ナンバーについてですが、3ナンバーとは普通自動車の事をいいます。

3ナンバーのナンバープレートの規定としては、排気量2000cc、長さ4.7m、幅1.7m、高さ2.0mと、これらいずれかを超えたものは3ナンバーの車両となります。
また、これらのすべての基準以下である車両は、5ナンバー(小型自動車)です。3ナンバーの自動車税・維持費ですが、3ナンバーと5ナンバーは共に課税基準の5パーセントと同率ですので基本的に大差はありませんし、自動車税は排気量により課税されますので同じ2000cc以下の車で、車幅1,700mmを超えるために3ナンバーの車と車幅が1,700mm以下で5ナンバーの車が存在しますが、自動車税は同じです。
また、グリーン課税といって、燃費基準より低燃費のガソリン車(ハイブリッド車など)は自動車税の軽減措置があり、(自動車税は地方税ですので地域により軽減率が異なる?)逆に古い車は税金が高くなるものもあります。

車は道具と割り切ってしまうと、掛かる税金は致し方ないかなとも思いますが、日本の経済は車によって支えられている部分も非常に多いので、購入しやすく、維持しやすい税制を検討していただきたいですね

自動車の排気量で異なる税金(自動車税)について 

January 27 [Tue], 2009, 23:12
ハイブリッドカーを買うなら…

自動車にかかってくる税金は、・ 自動車取得税・ 自動車税・ 自動車重量税・ 消費税・ 地方消費税などがあります。購入時の消費税だけでもかなり高額になりますね。

自動車の排気量によって税額が変わる自動車税はご存知かと思いますが、以下のようになっています。

乗用車であれば、排気量が1リットル以下のもの29,500円、1リットルを超え1.5リットル以下のもの34,500円、1.5リットルを超え2リットル以下、39,500円、2リットルを超え2.5リットル以下のもの45,000円、2.5リットルを超え3リットル以下のもの51,000円、3リットルを超え3.5リットル以下のもの58,000円、3.5リットルを超え4リットル以下のもの66,500円、4リットルを超え4.5リットル以下のもの76,500円、4.5リットルを超え6リットル以下のもの88,000円、排気量が6リットルを超えるもの111,000円となります。

一覧表になっているサイトがございますので紹介しておきます。
URL http://www.rikuriku.or.jp/download/shazei.html

排気量が大きければ燃費が悪いというわけでもありませんし、小さいからといって燃費がいいというわけでもありません。掛かる税金は異なりますが、維持費のほうが高くなりますから、税金を知ることは必要ですが、燃費や、メンテナンスに掛かる費用も検討したほうがいいですね

自動車取得、維持する時に払う必要のある税金について 

January 27 [Tue], 2009, 23:04
自動車にかかってくる税金には、『地方税』の「自動車取得税」・「自動車税」・「軽自動車税」と、それに加え『国税』の「自動車重量税」・「消費税」などがあります。
自動車を取得した時に支払う税金としては、自動車取得税、 自動車税、自動車重量税、消費税、地方消費税があります。
自動車を所有している期間には自動車税、軽自動車税、車検時に支払う、 自動車重量税など車を取得、維持するには多くの種類の税金が課せられています。
毎年支払っている自動車税は、自動車の所有に対して課税される税金の事で、自動車の主な定置場所となっている都道府県にて課税されます。自動車税は、道路をの整備費などを負担するという性格を備えたものです。
基本的に自動車の所有者に対して課税されますが、例外もありますので注意が必要です。

自動車税を納めるのは、普通自動車・二輪以外の小型自動車を所有している人が課税対象になりますが、個人売買やオークションなどで名義変更がきちんと処理されていないと以前の持ち主に課税されることになりますので、特に中古車の取得、売買時には注意が必要です。

こうしてみると自動車に関する税金って本当に多いですね。グリーン税制などの減税に対する対策もありますので、よく調べて車を購入、そして維持したいですね。