トスカーナのとりこになる「魅せられて」

February 05 [Wed], 2014, 22:28
少女から大人へ変わる時期の微妙な感情を描いた美しい映画。トスカーナの美しい景色の中で交錯する恋愛感情がハリウッド映画とは違って芸術性を感じる。私はこの映画を見てトスカーナの大ファンになってしまった。

 個性豊かな人間が集まる場所で、初恋と本当の父親を探してトスカーナに来たルーシー。官能的とまではいかない芸術的なストーリーが好きだ。
 
 詩が所々に出てくるが、その言葉たちがこの映画を引き立てているし、単純な恋愛映画にしていないところがいい。ラストは17歳という等身大の一人女の子の恋が見れて、感情の変化を映像化した作品の上手さに感心。ベルナルド・ベルトルッチ監督の微妙な年頃を描いた作品は深い。
 
 この映画に使われているサンドラがどれもかっこよくて、サントラだけを聴いていても全然飽きないので、こちらもオススメ。

大人キュンとする「あなたが寝てる間に・・・」

January 31 [Fri], 2014, 0:52
サンドラ・ブロックがとってもキュート。毎朝会う人との偶然の積み重ねで、結ばれそうになったけれど、本当の運命の人は別にいた、という胸キュンなラブコメディ。

 平行して家族愛も描かれていてホッとする、やさしい映画だ。

 サンドラ・ブロックのラブストーリーは、それ程多くはないけれど、これは等身大の20〜30代女性の素直な姿が見れて、親近感がわくし、女性ならこの映画の展開に結構憧れると思う。お金持ちイケメンとの偶然の出会いよりも、普通の人との普通の出会いや、お互いが惹かれていくまでの自然な流れなど、そんな対照的な出会いを比較してみると、シンデレラストーリーを望んでいる女性も、素敵な運命的な恋のほうがいいと感じるのでは。

 ナチュラルな女性が見れて安心する。この映画は、シカゴの冬が舞台なのでこの時期見るのがオススメである。

さえない自分もきっと大丈夫!「プラダを着た悪魔」

January 22 [Wed], 2014, 23:07
 働く女子のバイブル的存在。現代の女性は運命の人に出会うようなシンデレラストーリーよりも、恋も仕事も上手くいく!といった成功パターンをシンデレラストーリーと思っているのではないだろうか。実感があるから。

 オシャレは好きだけど現実的に私たちはコレクションに出るようなスーパーブランドを手にすることは、それほどない。学生時代からの彼氏がいて、自分の世界の、自分の価値観の中で満足して生きている。でも、やりたい仕事がある。そんな、キャリアアップを目指す女性の圧倒的な共感を得ている。ただ、楽しい、面白いだけではなくて、自分が本当にやりたいこと、大切なことに気づくまでの純粋な人間らしい映画だ。

 頑張ろう!と思える映画の存在はとても貴重だ。そして、そんな映画にそれほど多くは出会えないと思う。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/carssi/index1_0.rdf