そろそろ 

May 19 [Thu], 2005, 16:46
「1125計画」のストーリーを書きたいところです。
ストーリーを作り次第、本家で報告します。(リンクから行けます)

寿司好きv 

May 18 [Wed], 2005, 21:50
今日、家族と一緒にくら寿司に食べに行きました。
合計12皿食べてきました。
美味しかったですv。
また行きたいな〜と思ってます。
おわり。

・・・なんか、子供の書く日記みたい。

遂に完成。 

May 05 [Thu], 2005, 17:45
前にここで告知してました大鉄人17のオリジナル小説「dobulegills,kid」の後半が完成しました。
皆さん是非見に来てください。
次回作はキャプテン・ゴメスのサイドストーリーを予定しています。
完成次第、ここで報告します。

今日は雨 

May 01 [Sun], 2005, 14:20
毎日言い天気が続いていたんですが、大阪は今日は雨のようです。
私は雨が嫌いです。夏だと冷たくて気持ちいいんですが、冬だと冷たくてイヤになります。
今からレンタルビデオ返しに行くんですが、その前に久々に「怪奇大作戦」を見ました。
骨折で入院したときにPS2持って来て見てから一年ぶりです。
この後、映画の感想書くかもしれません。

夜空を見れば 

April 28 [Thu], 2005, 23:27
今日は夏日でしたなあ。
自分は学校の体育でマラソン1000m走りまして、へとへと状態になってぶっ倒れそうになりました。
保健室でしばらく休んで、その後教室に戻り給食を食べました。
未だに体がだるいです。

そしてあの列車事故である。
犠牲者は遂に百人を超えた。それと運転手も遺体で見つかった。
このニュースを見るたびに本当に悲しくなる。
今思うと痛い。本当に痛い。
あの不幸なニュースは絶対に忘れられない出来事になると思う。
謹んでご冥福をお祈りしたい。

いくらなんでも酷すぎる。 

April 27 [Wed], 2005, 17:23
三日前、伊丹市で承知のとおり世にも恐ろしい列車事故が起きた。
自分もそれも見て非常に暗くなってしまった。
今も犠牲者の数が増えていると聞いて凄く悲しい。
JRはそれを改めて反省しているのか、それもハッキリしてほしい。
その事故に関係ない自分も改めてご冥福をお祈りしたい。

お知らせ。 

April 24 [Sun], 2005, 13:07
大鉄人17オリジナル小説「Dobulegills,kid.」前半掲載中。
只今後半製作中です。
本作完成次第、ここでお知らせします。
皆さん是非見に来てください。(リンクから行けます)
次の作品はキャプテン・ゴメスを攻める予定(笑)

昔の水戸黄門に感動。 

March 31 [Thu], 2005, 13:00
えー、この前、メッチャ昔の水戸黄門のDVD借りて、有頂天気分です。
何せ、助さん格さんもカッコイイし、風車の弥七も素晴らしいほど素敵ですv
今度、感想文書くかもしれないんで、忘れていたらごめんなさいね。

「ゴジラ(54)」 

March 15 [Tue], 2005, 23:06
54年東宝・本多猪四郎監督。

今回はあの名作をレビューしMAXv(笑)

南海汽船所属の栄光丸が謎の事故を起こし、沈没した。
南海サルベージに所属する青年、尾形秀人(宝田明)はその事故の知らせを聞き、海上保安庁に向うが、その後、調査に向った備後丸も同じ事故を起こし沈没。しかし、その仲の三人が運良く大戸島の住民達の漁船に助けられるが、この船も同じ運命を辿ってしまう。
その後、東京で大戸島事件の公聴会が開かれ、古生物学者の山根恭平博士(志村喬)を中心とした調査団が結成される。
大戸島で調査をしたところ、井戸の水が放射能で汚染されており、巨大な足跡が発見された。そして、彼らの目の前に恐るべき怪獣が出現した!!

記念すべきゴジラシリーズの第一作目は"核"をテーマにしたとても意味深い内容になっており、ゴジラの着ぐるみもリアル。正に怖い。
そのストーリーの中には三人の男女の恋を巡るストーリーも、この作品のポイントです。
特にヒロインの山根恵美子役の河内桃子ちゃんが可愛いv
そして、もう一人注目してほしいのが、悲劇の科学者、芹沢大助役の平田昭彦っちの演技である。
隻眼で甘いマスクが輝きすぎて、私はこれを見て平田っちに夢中なったとも言える(笑)
そして、このストーリーのもう一つのポイントは、その芹沢博士が開発した恐怖の兵器「オキシジェンデストロイヤー」がこの物語のラストを握っているのである。
んで、はっきり言いますがラストの大助の行動はすごい"えっ、うそ!?"と信じられないくらい泣きます(T T)
って、言うかこの物語のラストの方、大助くんがマジでかわいそうに見えるんです。
特撮映画の金字路となり、その後の映画に大きく影響された名作。ここから、その後「FINALWARS」まで続く人気シリーズの原点となった。
☆×6!!

☆×1〜一応見といた。
☆×2〜イマイチみたい。
☆×3〜普通。
☆×4〜オススメ。
☆×5〜最高傑作。
☆×6〜正に完璧。

昔見たやつを。 

March 10 [Thu], 2005, 16:33
「キングコング対ゴジラ」
62年東宝・本多猪四郎監督。
2作目の「ゴジラの逆襲」から7年ぶりとなる、シリーズ3作目。
アメリカを代表する怪獣キングコングが正義の為にゴジラと戦うというんですが、そのキングコングはすごい酒乱です。
でも、すぐ眠ります(笑)
主人公の桜井君にサラリーマン喜劇で有名な高島忠男。その親友に藤木悠。この二人最高です。
それに桜井君の妹に浜三枝さん(可愛いv)その恋人にカッコイイ佐原健二。
そして極めつけはこの映画最強のキャラクター、多胡部長に有島一郎(暴れん坊将軍の初代じいだった人)
こんな豪華絢爛で濃すぎる俳優陣にはさすがの自分もこの時だけは笑えるぞ。
って言うか、ストーリー自体がおもろすぎるし。1作目の核を批判するストーリーは何処へやら、完全にプロレス色がこの映画の70%を覆ってるし(爆)
これぞ、娯楽映画の王様。
東宝特撮黄金時代の幕開けを飾ったこの作品は日本映画史上最多の観客動員を記録した。
完璧に★★★★★★!!

★☆☆☆☆☆←一応見といた。
★★☆☆☆☆←イマイチみたい。
★★★☆☆☆←普通。
★★★★☆☆←さすがと言いたい。
★★★★★☆←最高傑作。
★★★★★★←全て完璧。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:carrycan2005
読者になる
Yapme!一覧
読者になる