第二夜。〜間空けすぎでしょう、ヘルマンソンさん〜 

2005年04月18日(月) 19時03分
大学院生ってしんどいのね…_| ̄|○<プシュー…

うちの研究室では、教務補助といって所属教官の大学での授業に大学院生が付いて行って授業が行えるように様々な準備をします。例えばスライドやビデオなど視聴覚メディアの準備やプリント配り、授業履修する書類の整理…覚えることがなかなか一杯で、それに奨学金やらバイトやらで、ここ一週間は落ち着いて日記も書けない状況でした。


_| ̄|○ノ 〜あとはキャラにパス。



4/18 騎士レッドロータス記す

後ろの人の苦労なぞ知ったことではないが、こちらもそれなりに波乱万、かつドロドロで、とてもじゃないが記載できるレベルじゃないぞ…。

ただ、機械人形、いわゆるBOTがすっかり減ったのが印象には残っている。俺の向かう狩場などは大概機械人形がうろうろしているものでな…。まぁ、グラストヘイム騎士団にモンク姿の機械人形がいるに及んではこの世界に奴らが存在しない狩場は利益のない狩場か、一人では絶対に狩れない狩場だけなのかも知れんな。

この平和が、少しでも長く続いてくれればいいのだが。

第一夜。 〜Lov輝くフラッシュバックに〜 

2005年04月10日(日) 0時23分
基本的にいろいろと三日坊主で飽きっぽいレタスではありますが、さるケミのえらい人に感化されまして、ちょっくらブログをはじめて見ます。RO日記を織り交ぜつつ、ちょっと色々RPじみた事をしてる随想とか、キャラ視点からのROとか、そんなんもちまちま書き連ねていけたらいいなと。


4/9 騎士レッドロータス記す プロンテラ迷宮の森掃討戦

プロンテラ迷宮の森と言えば、言わずと知れた魔物の巣窟。しかし、そこに住まう魔物が落す収集品や薬草、さらに魔力秘めしカードは高値で取引され、またその迷う構造から一部の酔狂者を除いて訪う者も少ない。
まぁ、なんだ。早い話が競争相手も少なく、まとめてボウリングバッシュで〆てハーブだのイグドラシルの恵みだのがごっそり入る、個人的にはステキなところって訳だ。

可愛い顔して高速で襲い来る魔神の仔やら、黒い鱗に身を包んで確実にこちらを捉える毒蛇やら、硬い茎で殴りかかる脚付き球根やら薙ぎ倒していると…
入った先が、これまた殺気、殺気、殺気…魔物がみっちり詰まった空間。対小型用に短剣、エンシェントダブルギガンティックグラデウィスを抜き払い、群れの中心にボウリングバッシュを一撃、二撃と叩き込む。

魔物がぶつかり合う中を衝撃波が伝い、魔物の体を砕いていく。そして魔物がすっかり姿を消した時、ひらりとカードが舞い降りた。赤い姿と俊敏さ、そして強力な戦闘力から恐れられるハンターフライのカードだ。体力吸収の加護を与えるこのカードは、ひどく高値で取引される。

そんなこんなで森の回廊を抜けた瞬間、凄まじい爆発と雷撃に巻き込まれる。立ち向かう討伐隊に向けて放たれた大魔法、ロードオブヴァーミリオン。それを放つのはバフォメット。
一撃で倒されるダメージではないが…相応の装備も準備もない今は、この魔王に一矢報いることすら未だ適わない。
後ずさりした先がこれまた魔物の巣窟となっており、そこで魔物を倒してから意を決して向かうと…ただ、高圧電流で焼け焦げた草の匂いだけが、そこに満ちていた。

因縁浅からぬあいつを、いつかこの手でシメてやるとは思うのだが、あれと闘り合えるだけの装備を整えることを考えると、胃が痛くなってきた。このカード10枚あっても確実に足りないからなぁ…
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:carmine-night
読者になる
Yapme!一覧
読者になる