【 更新情報 】

スポンサードリンク

自動車保険の見直し最安値の疑問

ガソリンの高騰で自動車関係の出費で家計も大変ですよね。

車にかかるお金を少しでも安くするために自動車保険の見直しを見積もりして安い保険に切り替えました。
3箇所ともその見積もりした会社の自動車保険が一番安いのです。
その後で各自動車保険の見積もりがメールや手紙で届きます。

もちろん安いところに変更したいと思ったのですが、これがなかなかと気になることもあり自動車保険の見直しを調べてみると分かりますが、帯に短し襷に長しで、安いものは当然のことですが保証範囲が狭いですし、高額なものはいらない余計なサービスまで付いていたりと、見直しても自分に合った自動車保険を選ぶのに悩みました。
10万円以上の差がでるなんておかしいですよねここでも疑問がでてきます。

疑問に思っているとまた自動車保険 見直しの見積りをした各社から封書やハガキが届きました。

そのメールや封書に書かれている見積もり額は各社ともにまた少し安くなっています。自動車保険 見直しの見積り額の差自動車保険 見直しの見積りの最安値は7万9千円でした。
結局は自分に必要な契約を書き込んでいくのですが、自動車保険 見直しの見積り申請していて、疑問が・・・自動車保険の見直し一括見積もりの疑問私は、3箇所で自動車保険の見直しを見積もりしたのですが疑問がでてきました。

この差はなんなんでしょうか?
同じ契約内容です。

何十社の見積もりを一括見積もり、と宣伝されていてもすべてではなく私の場合は3社〜5社の自動車保険の見積もりがでました。
インターネットで自動車保険の見直しを一括見積もりすると自動車保険の見積もり会社によってはすぐに画面で見れる場合があります。
3箇所で自動車保険の見直しを見積もりしましたが不思議なことに、一括見積もりした会社の自動車保険の見直し保険料が一番安いのです。
でも高いです。
このようなことから自動車保険の見直しの見積もり結果をみてあわてて決めるのではなく、決めるのは最後に届いたメールや封書に書いてる金額の最安値で決めるようにすればいいと思います。

例えるとアクサダイレクトで自動車保険の見直しを見積もりをするとアクサダイレクトの見直し保険料が安くてソニー損保で自動車保険の見直しを見積もりするとソニー損保が一番安値になってました。

家計を助けるための自動車保険の見直しですから内容が同じなら、少しでも安いところにしましょう。
お見積もりされた自動車保険、登録お済ですか?ってまだならもう一度、当社のポームページから自動車保険の契約内容を見直して保険料を確認してくださいってアドレスが・・・するとまた安くなってます?

私の思うのは、自動車保険を一括見積もりした会社に有利にしているのかなってその後契約がまだなら自社に取り込む・・・あくまでも私の勝手な思い込みかもしれませんが自動車保険を見直して契約する場合は見積もり結果をちゃんと比べてからにしてくださいね。

自動車保険 見直しの見積りの最高値は19万円でした。
私が自動車保険の見直しを見積もりしたのはインターネットで自動車保険一括見積もりと宣伝している複数で自動車保険の見直しをしました。

無事故割引・長期優良割引・臨時運転者割引とは

★無事故割引(20%割引)

前契約の保険期間中(他の保険会社契約中も含む)に、事故がなかった場合に割り引きされます。
事故とは、ノンフリート等級制度上のカウント事故(ノーカウント事故は含まず)、および等級すえおき事故をいいます。

★長期優良割引(30%割引)

あなたが運転に自信が有れば、お得感が有る特約です。条件としては以下になります。

・前契約(他の保険会社契約中も含む)が20等級で有る事
・保険期間中に事故(ノーカウント事故は含まず)がなかった事
・契約車の使用目的が業務使用ではない事
・運転者の年齢条件が26歳以上担保、30歳以上担保または35歳以上担保である事

★臨時運転者割引(子供運転条件特約・臨時運転者特約)

運転する人にかける保険ですが、運転する人によって細かく分けて保険料を設定できるわけです。
その種類は、本人と配偶者限定特約・子供運転条件特約・臨時運転者特約等がありますが、運転者の年齢やその他の条件によってもいろいろ有りますので、あなたの条件に合わせて、出来るだけ保険料が安くなる設定を検討しましょう。

夫婦だけしか運転しないのであれば「本人、配偶者限定特約」、同居していても同居の家族が運転しないのであれば、家族限定特約は無駄になりますね。

子供が運転する場合には、子供運転条件特約が有ります。同居の子、その子の配偶者、別居の未婚の子などが対象になります。現在の年齢ではなく、子供運転条件特約で決められた年齢になります。
決められた年齢条件でのご使用であれば、年齢条件を引き下げるよりも、保険料が安くなります。

年齢条件を引き下げると保険料が高くなりますが、結婚後別居している息子(娘)夫婦が帰ってきた時にだけ運転するというのであれば、その子供の年齢に合わせて、年齢条件を引き下げる必要が有りませんので、臨時運転者特約がお得です。こちらも年齢条件を引き下げるより保険料が安くなります。

臨時運転者特約は、ご家族以外(別居の子供含む)の運転者(臨時運転者)を年齢に関係なくだれでも運転できる特約です。

普通は、年齢を下げると保険料が高くなりますので、年齢の関係ない臨時運転者特約は、ご家族より若い方が運転する場合にはお得です。

今回は、50代後半からの生活スタイルに合わせた保険や特約を抜粋してみました。自動車保険会社のサイトで詳細を見ながら、あなたの条件に最適な自動車保険、そして特約を検討して、補償も充実、そして節約も出来るよう頑張ってください。

自動車保険を年齢別生活スタイルから見直し

あなたの条件に合った自動車保険の見直しをして、経費軽減を検討して下さい。インターネットを利用して、不必要な補償や特約を取り除き、あなたの希望する条件に合うように保険料を見積もり、出来るだけ無駄を省き節約して下さい。あくまでも補償を減らすのではなく、あなたの必要な補償も充実していて、保険料も安く抑える事が出来るお得な自動車保険がきっと見つかりますよ。是非各社を比較して、あなたに一番合うプランを見つけて下さい。

利用しないのはもったいないですね。インターネットを利用すれば24時間いつでも簡単に、複数の会社へ見積もりを依頼できるようなサービスが出来ました。この事によって、自動車保険を見直しされるかたも増加の傾向にあります。

」以前は一律だった自動車保険も、近年保険会社によって商品も多種多様になりました。これほどガソリン代の値上げが騒がれている昨今、あなたも自動車保険を見直して、ご自分の条件にぴったりの補償を探しましょう。代理店任せにしてはいけません。

あなたの年齢や男女の区別、家族形態、車の種類、使う頻度、使用目的保険料の予算等々、それぞれの条件で比較検討してみましょう。「自動車保険一括見積・比較サービスを利用してあなたに合う自動車保険を見直しましょう。その人それぞれの生活スタイルにあわせて、新しい補償や特約を見直した、各社独自の特徴ある商品が次々と開発されています。


「自動車保険一括見積・比較サービス」
免許取得直後の20歳代から60歳代まで、年齢別の生活スタイルの特徴から自動車保険の補償や特約を見直しましょう。

「50代後半からの生活スタイルと自動車保険の見直し」

長年のベテラン運転手とはいえ、年齢からくる運転の危険性も、避けられないものが有ります。この事からも出来る事なら自動車保険も節約したいところです。

補償はしっかりつけても、特約の部分を見直す事で、節約も可能になりますよ。しかし、年金騒動による年金崩壊や支給額等の心配も少なからず有りますし、近い将来の介護の心配も有りますね。

事故の可能性も高くなるこの時期ゆえ、補償もしっかりして不安を取り除いておかなければなりません。この年齢に差し掛かる頃は、子供も独立し持家のローンもそろそろ終了の時期かと思います。

補償プランの例として、三井ダイレクト損保自動車保険から

・対人・対物賠償保険 は無制限
・歩行中も担保される人身傷害保険 は3000万
・搭乗者傷害保険 は死亡・後遺障害1000万
(ケガの部位と症状に応じて)

節約出来る内容としては、長期優良割引・無事故割引・臨時運転者割引等も条件に合えば嬉しいですね。

自動車保険の見直しなら

「ガソリン代が170円!?ガソリン税が戻ってきたぁ〜!!」

ガソリン代がこれ以上高騰するようだったら、車を売るか軽自動車に買い換えるという人は多いようです。

そりゃあ私だって高額なガソリン代なんか払いたくないし、ましてやガソリン税が役人や官僚たち、または道路族と言われる政治家達に喰い物にされているなんて聞いて、腹が立つわよ!でも、自動車が無い生活なんてできないの。また、保険会社によっても保険代が結構変わることもあるようなんです。そこで、友人にもいろいろ聞くところによると、自動車保険を見直すだけでかなりの節約になるそうなんです。

バスや電車、地下鉄が完備している都市なら自動車を手放すこともできるかもしれないけど、地方に住む私には無理ってものでしょう。これって、地域格差でもあるわよね。

等級プロテクトや特約についてもしっかりと踏まえた上で、各損保会社の保険を比べてみましょう。つまり車の保険は比較する時代だと言うんです。

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身障害補償保険なんてあまり高額な補償が無くても良かったりします。だからこそ、自動車に関わる無駄を省いたり節約したい訳です。

自動車保険を見直しして賢く選ぼう

自動車保険はさまざまな会社で取り扱われていて、各社で独自の商品を宣伝しています。保険の見直しをする時には色々な会社の商品を見比べてみましょう。そして保険料をできるだけ安く、かつ自分にとって最低必要な保障をしてくれる保険を選ぶようにすることが一番賢い選択方法です。

万が一、事故が発生した時のための必要な保障なのですから、慎重に選びたいものです。みなさんは同じ保障内容で自動更新していませんか?実は、あまり必要のない保障や特約が含まれていて、割高な保険料を支払い続けているかもしれませんよ。

自分でどんなに安全に運転していると思い込んでいても、いつ交通事故の当事者になるかわかりませんよね。あれもこれもと不必要な保険をつけることでそれに比例して保険料もアップしてしまうため、契約更新時には見直しをしてみることが肝心です。

自動車保険は自動車を運転している方なら加入している方がほとんどだと思います。自動車保険に加入している方は、毎年保険の更新が行われます。

自動車保険見直しのコツ 安くするためには

自動車を新しく購入したときは特に自動車保険の見直しが必要になります。自動車保険の継続するの時になんとなくやめんどくさいので、「前回の条件で」と言っていませんか。運転者の条件を制限するだけでも自動車保険を安くできます。

あなたのカーライフにあわせて自動車保険の見直しをしてみませんか。自動車保険は契約更新時や新規に自動車を購入すると時など自動車保険料を安くするチャンスです。家族運転者等の年齢条件でも、年齢制限なし、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上などがあり年齢条件が高くなると自動車保険料は安くなります。

運転者制限には、家族限定、本人限定、夫婦限定、年齢限定などがあります。自動車保険料を見直して少しでも自動車保険料を安くしましょう。また、環境対策車として低公害車・低燃費車などは、自動車保険料の割引対象となります。

自動車保険の割引が適用される自動車の安全設備には、アンチロック・ブレーキ・システム、エアバッグ、衝突安全基準に適合している衝突安全ボディ、盗難防止装置などがあります。自動車保険は、自動車の設備、年齢や特約などによって変化します。

P R