重機買い取りなら『トラックジャパン』がいいみたい

September 15 [Sat], 2012, 20:32
キャリアウーマンの独り言です。
なぜだか親戚に、重機の買い取り業者を調べてって頼まれたんです。
重機買い取りなら『トラックジャパン』がいいみたいですよ。
選ばれてる理由は“高額買取”だけなく納得のサービスで安心です⇒重機買い取り
さて、奈良・平安時代の頃は宿屋なんてなく、旅人は野宿しながら旅をしたモノでした。
平安時代後期に成立した『今昔物語』によると、なんとお墓の中・・・・・といっても古墳の玄室で棺を納める部屋で一夜を明かす旅人もいたそうです。
旅人のための宿屋が出来たのは源頼朝の鎌倉時代の中ごろでした。
もっとも、宿屋といっても、当時の宿屋は単に人を泊めるだけで食事はありませんでした。
だから、旅人はお米を持参しながら旅をし、宿屋で自炊をしたのでした。
飯を炊くには薪が必要ですが、それを持って旅するのはくたびれますね。
もちろん、なかにはそうした旅人もいたようですが、ほとんどの旅人は米を宿屋から買ったのです。
買えば当然薪代、すなわち木賃を払わなければなりません。
安くて、あまり上等でない宿屋のことを「木賃宿」というのはここからきているのです。
また、宿屋のことを「はたご(旅籠)」とも言いますが、もともとは旅人が携帯した食料籠のことを「はたご」といったのです。

魚の塩の振り方

August 06 [Mon], 2012, 2:14
今日、料理教室でお魚の塩の振り方を習ったのでご紹介しますね。
魚を塩焼きにするときの塩の振り方は、「振り塩」が一般的。
この振り塩とは、30センチぐらい上から一つまみの塩を魚全体に振る方法の事ですよ。
そして、上手に焼くには、塩を振ったら15〜20分ほどおいて焼きましょうね!!

現代アーティスト「奈良美智」さんとのコラボ企画が注目のキャリーバッグ

August 06 [Mon], 2012, 2:13
キャリアウーマンの独り言です。
ハイクラス基準スーツケースの代表がドイツを代表する「リモワ」。
この「ビジネストローリー」、コンパクトにできていてしかもデザインがカワイイ。
キュートなデザインですね。
最近では、日本を代表する現代アーティスト「奈良美智」さんとのコラボ企画が注目です⇒キャリーバッグ
次はこんな情報を。
最近は“鶏肉料理”に凝っています。
鶏肉は淡泊ですが、骨が付いてるものなんかだと濃厚な味にもなりますよね。
基本的に鶏肉は淡泊でクセのない味ですが、部位によってはかなり異なってきますよ。
「もも」は脂肪が適度にあって、使いやすい部位ですね。
から揚げ、煮物、照り焼きをはじめ冬は水炊きなどどんな料理にはあいます。
「むね」は脂肪は少なく、柔らかいです。
足は超淡泊でパサパサ感があるので、蒸し鶏に最適です。
また、焼く場合にはオリーブオイルに20分ほどつけてから焼くと、ジューシーに仕上がります。
「ささ身」は脂肪はほとんどなく低カロリー。
お吸い物やサラダなどに。
鮮度が良かったらお刺身でも食べられます。
「手羽」の手羽先はゼラチン質でコラーゲンがたっぷり。
網焼きがから揚げがおすすめです。
どうしても鶏肉の臭みが気になる方はレモン汁を使ってみるといいですよ。
鶏肉をお皿に広げてレモン汁を振りかけます。
そして冷蔵庫に15分おけばOK。
酢でも同様にできますよ。
しかも、保水性を高めてくれるので、加熱しても肉汁が流れにくくなります。

【剣道防具コム】で安心して剣道胴着を買ってくださいね

July 22 [Sun], 2012, 9:54
キャリアウーマンの独り言です。
まずはこちらから。
剣道胴着・・・「剣道胴着」のご購入をお考えの方にお勧めの【格安販売】通販サイト、『剣道防具コム』のサイトを紹介しています。
お勧めのワケは”価格の安さ”もさることながら”無料サイズ保証”。
是非あなたも【剣道防具コム】で安心して剣道胴着を買ってください。
ところで、仏教では人間には百八の煩悩があるとされていますね。
煩悩というのは、心身を悩ますすべての欲望の事。
大晦日にお寺が鐘を108回鳴らすのは、この煩悩を滅ぼすためですが、それではどうして煩悩の数は百八つなのか?
人間は眼・耳・鼻・舌・身・意という六つの感覚器官をもっているとされ、それぞれが色・声・香・味・触・法という六つの対象をとらえるとき、好・悪・平の三つのとらえ方をするので、6×3=18になります。
そしてそれぞれに染と浄があって2倍にして36。
それから過去・現在・未来の三つがありまたまら3倍にして合計108になるのです。
また、これと少し違った数え方をすることもあるそうです。
眼以下の陸奥の感覚器官に、楽・苦・捨・好・悪・平があって、それに過去・現在・未来があるので108になるというものです。
まあ、いずれにしろ108もの煩悩があれば、人に悩みが尽きないのも当然ですね!

印鑑作るなら「通販」のほうがいい・・・納期もそんなかからないし!

July 21 [Sat], 2012, 18:41
キャリアウーマンです。
最初はこんな情報からお伝えします。
印鑑通販・・・町中にある印鑑屋さん。
意外と高いんですよ。
別に水牛や象牙じゃなくてもいいですがね。
やっぱり「通販」のほうがいいかもしれませんね。
納期もそんなかからないし・・・・・
話題はかわって、「ジェネリック医薬品」に関すること。
ジェネリック医薬品とは、特許権が消滅した先発医薬品について、特許権をもっていなかった医薬品メーカーが、その特許内容を利用して製造した、同じ成分の安価な薬で「後発薬」とも言われています。
当初の処方箋通りに調剤した場合に比べ、ジェネリック医薬品へ変更した場合の薬代は34%も低下したそうです。
薬代が安くなれば患者の治療費負担が軽減し、国家レベルの医療経済も膨大なコスト削減が期待できる・・・・・これが政策のネライですが、現実的にはまだまだいろんな問題があるようです。
たとえば、臨床現場においては、後発薬の効果について疑義をもっている医師たちもいるからです。
「薬をジェネリックに変えたら、血圧が思うように下がらない。睡眠導入剤を使ってもよく眠れない」などと患者に訴えられ、元の薬に戻すケースも少なくないそうです。
ある意見によると、成分が同じ薬でも、コーティングの材料が少し違っていたり、製造工程の微妙な違いがあったりすると、体内での薬の溶け方や代謝時間、効き目は違ってくるのではないか・・・・こう考えるお医者さんもいるそうです。
まあ、まずは病気で倒れないことが一番ですね!!


彼へのプレゼントして最適な財布情報

July 20 [Fri], 2012, 23:43
キャリアウーマンです。
まずは彼へのプレゼントして最適な財布のサイトに関する情報から。
メンズ財布・・・私がおすすめするメンズ財布はこちら。
見ただけで「素晴らしい出来栄え!」「カッコいい!」と誰もが納得!・・・・そんな財布をランキング形式で紹介しています。
ところで、変な植物話もついでに。
イエロー・スカンク・キャベジという植物があります。
今にもにおってきそうなこの名前。
アメリカに分布する植物で、もちろんのその臭気から名付けられました。
外見的な特徴は、黄色い包葉に包まれて、1本の太い軸がスッと伸びていること。
包葉は1枚の大きな花弁にも見えるのですが、これはあくまでも葉。
本当の花は4〜5ミリの小ささで軸の周りにたくさんついています。
ここまで言うとわかる人はわかりますよね。
そう、イエロー・スカンク・キャベジは「水芭蕉」の仲間なのです。
名付け方の発想の違いには驚かされますが、水芭蕉の種類は確かに臭いんですね。
花)に見えるだけで実は包葉)が開いているときは美しいのですが花期が終わったころに根を掘ってみると、強烈な悪臭を放つのです。
匂いのもとはハイドロシトリプタミンという成分。
スカンクと呼ばれても文句は言えませんね。

太陽エネルギーを蓄えた葉緑体の話

July 20 [Fri], 2012, 23:42
皆さんは「永田農法」というものを知ってますか。
今日、商談に行ったときに農業の話がでて、取引先の部長さんが「永田農法」について教えてくれたんです。
これは、トマトなんかを育てる時に、超極限状態まで水を控え、水分がなくてもうどうにもならないというトマトの状態になった時に水を与えてやる育て方なんです。
そして栄養はハイポネクスみたいな液体肥料。
これで十分なんです。
そうして育てれたトマトはとってもトマトらしい味で食べごたえがあるんだそうす。
これに似た栽培法で依然ユニクロがやったそうですよ。
今じゃあ、あのトマトの話題はどっかに吹き飛んでしまってますよね。
それで、植物の事に関して今調べてみたので、そんなことを今日はブログに書こうと思います。
太陽エネルギーを蓄えた葉緑体の仕事は木の成分を作ること。
その材料は根から吸い上げてきた水と、土の中の細かな成分と空気だけ。
こんな単純なモノから、気の遠くなるような作業を繰り返して、デンプンやセルロース、タンパク質をつくるのです。
ただ、口から取り込んで消化するだけの動物とは大違いですね。
まず最初につくられるのがブドウ糖。
水と空気中の二酸化炭素という単純な材料と、蓄えられた太陽エネルギーでブドウ糖という複雑なものがつくられます。
この時、大量に吐き出されるのが酸素なのです。
出来上がったブドウ糖の多くは、再度太陽エネルギーを使ってつなぎ合わされ、植物のからだの大半をつくっているデンプンやセルロースになります。
デンプンはブドウ糖300〜1000個も集まったもので、このデンプンがたくさん集まってようやく1粒のデンプン粉になるのです。
セルロースは何十万個という数のブドウ糖が結び付いたもので、植物の細胞の壁の材料になります。
こうして、光合成というとてつもなく膨大な作業の繰り返しによってできた物質は、植物の体になるばかりでなく、水を吸い上げたり、葉を太陽の方向に向かせたりと、植物が生きるためのあらゆるエネルギー源として使われるのです。