【 更新情報 】

スポンサード リンク

低金利の融資だからとカードキャッシングに慣れてしまわないように

低金利で簡単に融資を受けられたからと、カードキャッシングをするのが普通になってしまわないように気をつけましょう。
始めて融資を受けるときは低金利で安心な銀行のカードキャッシングを探して恐る恐る借りるはずです。

金額も安く返済も無事に終わってしまうと融資を受けるのはもう止めようと思う人もいるでしょうが、逆に簡単に返せるからと融資を重ねていってしまうタイプもいます。
カードキャッシングの怖さは、自分のお金でもないのにATMから簡単にお金が出てくることです。

最初は低金利で低額であってもだんだんと回数を重ねていくうちに膨れ上がってしまい、返済のために違うカードキャッシングを繰り返すことにもなっていきます。
そうなると低金利や返済のしやすさなどではなく、すぐに大金を貸してくれるところということにもなります。

廃止されることになったグレーゾーン金利などの問題もありましたし、消費者金融なども生き残りのために必死です。
身の丈に合った生活で自分自身を守ることも必要です。

低金利の銀行とサービスの消費者金融でのカードキャッシングを比較する

銀行のカードキャッシングは実質年率はたしかに低金利です。
ただ、短期間での返済が可能な場合には消費者金融からのカードキャッシングの方が低金利で済むように、銀行、消費者金融ともメリットとデメリットがあります。

銀行でのカードキャッシングは低金利で安心な分、手続きや査定なども厳しくカードの申込み手続きから融資までに時間がかかってしまうこともあります。
すぐにお金が必要な方には手続きも簡単ですぐに融資してもらえる消費者金融の方が良いかもしれません。

特に低額で短期間で返済できるなら方が銀行よりも低金利で済むし、無利息期間で返せば利息なしで借りることもできます。
カードキャッシングはしないに越したことはありませんが、消費者金融も有名タレントを起用したCMなどで怪しげなイメージはずいぶん払拭されてきていますし、低金利になってきています。

カードキャッシングの会社を選ぶときにはなるべく大手を選んで、金利や返済方法などをしっかり調べて、自分に合ったところを選びましょう。

最も低金利のカードキャッシングは?

カードキャッシングでは最も低金利のもので5%。
最も低金利で安心なカードキャッシングをと考える方は、やっぱり銀行系のクレジット会社です。

みずほ銀行のカードローンは、最大利用限度額500万円までで実質年率は最も低い5%〜14%です。
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、5.1%〜14.6%と低金利でカードキャッシングができます。

どちらも銀行系ですので、返済も銀行やコンビニのATMからか、同銀行の返済用の口座からの引き落としもできますので、始めてカードキャッシングをする方でも比較的安心して借りることができます。

銀行系でもインターネットや携帯のモバイルからの申し込みもできて来店の必要はなく、問題がなければ即日借り入れもできますが、低金利の分査定は厳しくなり融資限度額にも差が出てきます。

最も低金利をというなら銀行系ですが、短期間で返済できるならプロミスや三洋信販ポケットバンクなどでは、30日間無利息キャンペーンなども行っています。

低金利のカードキャッシングなら銀行系のクレジット・カード

カードキャッシングのクレジット・会社はたくさんありますが、なるべく低金利で返済のしやすいところにしましょう。
低金利だと審査に時間がかかることもあり、急ぐ場合は困りますが、後々を考えればその方が安心ではあります。

カードキャッシングは一般的に銀行系のクレジット・会社が低金利で、消費者金融では金利が高くなります。
すぐに返済できるのであれば数日は無利息という消費者金融もあります。

低金利は後々の負担を考えても重要視したいところですが、返済のしやすさも大切です。
延滞したりせずなるべく早く返済をすることが低金利にもつながるので、返済の方法などもしっかりとチェックして決めたいですね。

カードキャッシングでお金をおろせるATMはたくさんありますが、近くに返済の入金ができるATMもあるかチェックしておきましょう。
カードキャッシングは返済までの期間が短いほど低金利で済みますので、忘れずに期日までに返済しましょう。

銀行からの口座引き落としができればそれが一番安心ですね。

低金利のカードキャッシングを探す

カードキャッシングは基本的に無担保でスピーディに融資を受けられますが、どうしても金利が高くなるのでなるべく低金利のものを探したいですね。

カードキャッシングは品物を買ったときに使うカードショッピングと違い、現金を直接借りるために利用目的がはっきりしません。
そのため信用性にも欠けるので金利も高くなり借りられる金額も少なくなります。カードキャッシングは低金利でも5%以上の金利がつきますのでなるべくなら使わない方がいいのですが、これだけクレジット会社があるということは必要としている人は多いということなんでしょう。

急にお金が必要になった場合、目的を問わずにすぐに融資を受けられるカードキャッシングは確かに便利です。
返済を早くすれば金利も低金利で済みますので、上手に利用すれば特に問題はありません。

特に明日銀行でおろせばお金はあるのに今支払いが必要という場合など、銀行ATMの時間外手数料よりも金利の方が安くなる場合もあるので、上手に利用したいですね。