電池の消耗に関して 

2004年11月20日(土) 9時46分
Rio Carbon は、20時間再生が可能と表示してありますが、当然、再生環境によって左右されます。ちなみに取説に書いてある初期の3時間充電は電池の持ちにあまり関係ないようです。

充電池の消耗に関しては、
・聴いてる曲のビットレート(kbps)
・再生ボリューム
・接続しているヘッドフォン
・『イコライザ』の使用(これは定かではない)
などに影響しそうですね。

Rio Japanが測定している20時間再生の環境は、
・MP3/64kbpsの音楽ファイル
・Vol位置15
・イヤホン接続
の連続再生時間だそうです。

PCに接続すると電源のオンオフ繰り返し 

2004年11月18日(木) 23時55分
Rio Carbonに付属の少し長めのUSBケーブルでPCと接続すると電源が入り、ファイルの中身を確認する画面が一瞬表示されて電源OFF。そして、すぐ電源が入りとループする現象が起きました。
最初から私が持っていた短めのUSBケーブルに挿し直すと現象は起きませんでした。何でだろなぁ。

SU35の値下げニュース 

2004年11月18日(木) 23時50分
Carbonじゃないけど、明日は我が身。
Rio、シリコンプレーヤー「SU35」を最大4千円値下げ FMチューナ内蔵128MBモデルが14,800円に

非Rioユーザは知らないと思うけど、Rio Japanは短期間の値下げが好きである。
というわけで、今回は"SU35"が値下げされました。

○Rio SU35 128MB
2004/7/15発売 -> 2004/11/19変更
16,800円 -> 14,800円

○Rio SU35 256MB
2004/7/15発売 -> 2004/11/19変更
21,800円 -> 17,800円


参考までに今まで機種の値下がり経歴。

○Rio SU30 256MB
2003/5/E発売 -> 2004/10/F(新色追加時にこっそり変更) -> 2003/12/18 -> 2004/5/20
31,290円 -> 29,190円 -> 26,040円 -> 22,800円

○Rio SU30 512MB
2003/10/9発売 -> 2003/12/18 -> 2004/2/14 -> 2004/4/9 -> 2004/5/20
41,790円 -> 39,690円 -> 34,440円 -> 31,290円 -> 29,800円

○Rio Karma 20GB
2003/12/10 -> 2004/2/12 -> 2004/3/4
45,990円発売 -> 41,790円 -> 36,540円

使い勝手 その1。 

2004年11月18日(木) 23時35分
Rio Karmaを所有していたG-ですが、Carbonになり結構使いやすくなっています。

□USB2.0対応外付けHDD化
Karma発売当時、携帯プレイヤーは専用ソフト経由のみでしかアクセス出来ない製品が多く。karmaも20GBも容量があったにも関わらず、音楽ファイル以外の保存も不可能で専用ソフトでの転送でした。しかも、削除の操作をしてもプレイヤ側のファイルをちゃんと消してくれないので、音楽ファイルのタグを修正して再アップロードをしても更新されないという細かい不具合が見られました。

今回、電源ケーブルもPCの接続も汎用USB端子になって使い勝手が向上し、PC接続時には外付けHDDとして機能するようになりました。もちろん音楽ファイル以外の保存も可能となり、ドラッグ&ドロップで簡単に転送できるようになりました。
また、PCに繋ぐとHDDモードと変化し、液晶には『USB接続済』と表記されます。HDDに非アクセス時は『待機中』、読み込み時・書き込み時にも状態が液晶に表示されるので、HDDのアクセス具合が一目で分かるようになっています。


□電源の長押し
プレイヤーの電源を押し電源を切る際には、電源ボタンを長押しする必要があります。Karmaなども規定秒数押し続けるとwait砂時計が表示されて終了処理が始まり電源が落ちました。今回のCarbonは長押しプログレスバーがついていて、長押し時間がバーになって表示され、バーがいっぱいになると終了処理が始まります。コレはちょっとしたことだけど操作していて楽しい♪

Carbon専用ケースについて 

2004年11月18日(木) 8時43分
どうやら、アルゼンチンの革製品メーカーVajaにて、専用ケースを売っているらしい。
ちょっとプックラ感はあるが、なかなかどうしてロゴマークが格好いい。
注文するといろんな所を経由して1ヶ月ぐらいかかり、送料含め76.9$らしい。
個人的には一番左上のハーベストムーンベージュが好き。
あ、外側のカッティングの仕方が一緒だ。私は間違っていなかったって事かな。

ファイル名によるバグ 

2004年11月18日(木) 0時54分
現在発売中のRio Carbon(ファームウェア Ver.1.22)におきまして、ファイル名に「/(全角スラッシュ)」および「\(全角バックスラッシュ)」を使用しますと電源がオン・オフを繰り返す動作が発生する現象が報告されました。(ID3タグ情報で使用する場合には問題はありません。)

現在、これらの修正プログラムを含んだファームウェアの開発を早急に進めておりますが、その間、「/(全角スラッシュ)」および「\(全角バックスラッシュ)」のファイル名での使用はお控えいただけますようお願い申し上げます。

とのことです。

不具合に関しては、Rio Japanが教えてくれるFAQを最初に見るのがよいでしょう。

// 普通ファイル名にそんなモノ入れる習慣がないので私には関係ない。。。

まずは、特徴と仕様をまとめた 

2004年11月18日(木) 0時18分
Rio Carbon
・2004年11月5日国内発売
・オープンプライス Rio eStore価格 \29,800
・本体重量88g(内蔵充電池含む)
・5GB(USBでPCに繋ぐと4.64GBの外付けHDDとして機能)のHDD内蔵
・WMA(32k-192kbps DRM=デジタル著作権管理 対応),MP3(16k-320kbps)およびAudible再生。
・ID3タグ Ver.1、Ver.2 対応
・内蔵マイク(液晶右上)によるADPCM形式(サンプリングレート8000Hz固定モノラル)
のボイスレコーダ機能。
・iTunesに対応し、Macintosh環境でも利用可能( Mac Only? 機能 )
・USB充電対応リチウムイオン充電池内蔵で、約20時間の長時間連続再生
・充電時間はACアダプタ->USBで3時間。PC->USBだと環境によって異なる3時間超。
・USB2.0ストレージクラス対応
・VBR(可変ビットレート)にも対応し、効率のよいオーディオファイルの保存が可能。
・プリセット設定にRock,Jazz,Classical,Pop,Tranceの5種類。ジャンルに合わせてイコライジング設定を行うことが可能。
・ジョグダイヤル(ロータリーホイール)で素早い操作。
・日本語,英語,フランス語,ドイツ語,スペイン語,イタリア語,ポルトガル語の7ヶ国語のマルチリンガル対応。
・ホワイトLEDバックライト付きディスプレイ。
・1曲リピート、全曲リピート、ランダム再生、ランダムリピート再生のプレイモードに対応。
・現在の再生モードや再生順などの設定を登録可能なブックマーク機能を搭載。
・レジューム機能にも対応し、楽曲単位や曲の途中から再生を再開するなどの設定も可能。
・曲の転送方法は、iTunes・付属のオーディオ管理ソフトウェア"Rio Music Manager"・外付HDDとしてドラックアンドドロップで転送することが出来ます。
・複数ラップ計測に対応したストップウォッチ機能。
・ファームウェアのアップグレードが可能
・外形寸法 62.0(W)×83.0(H)×15.5(D)mm
・付属品 キャリングケース・高品質ステレオイヤホン・ACアダプター・USBケーブル・インストールCD-ROM・ユーザーガイド・保証書

できあがり。 

2004年11月18日(木) 0時09分
届いて2時間後には、こんなもんになりました。

おもいっきりカット 

2004年11月17日(水) 23時53分
液晶は見えるようになったけど、操作ができないってのは意味がわからない。
ということで、ザックリ切ることにした。液晶部分と操作部を分けようと思ったが、大きく開けることにした。
角に丸みを持たせつつ、下部は半円にカッティング。

やっぱりフリーハンドで切るのは難しい。。。

Window CUT 

2004年11月17日(水) 23時44分
液晶部分を小さめに開けてみることにした。
もちろん『Rio』ロゴが無い面が表だ。
というわけで、下書き。

そして、名刺入れを突っ込みカット!

上側に丸みを持たせてみたが5層(上革・厚紙・ラバー・厚紙・裏布)にもなっていたので、カッターでのカットは汚くなりやすいことがわかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:carbon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる