サンドマン 

July 30 [Mon], 2007, 13:48
サンドマン(Sandman)
 
     正体 フリント・マルコ
     
     もともと犯罪者として、警察に追われている。

     フリントマルコと言うのは偽名で、本名はウイリアム・
        ベーカーという。

     フリント・マルコは、砂浜の近くにある放射能の実験室で
     被爆してしまい体を自由に砂に変えれるようになった。

     体の大きさを変えて巨大化することが出来る。

     また、腕をハンマーやアイスピックなどの武器に変える
     ことができる

     また、体が砂で出来ているので、相手の攻撃を受けても
     また元通りの形に戻ることが出来る。
     

     弱点は水で、水に触れると触れた部分が固まってしまい
     体を変化させられなくなる。
 
     映画「スパイダーマン3」では、3人のヴィラン(ヴェノム、
     ニュー・ゴブリン、サンドマン)が登場するが、サンドマン
     の迫力のある描写は見所のひとつだ。

スパイダーマン 

July 28 [Sat], 2007, 10:38
スパイダーマン

本名 ピーター・パーカー
身長 178センチ 体重 75キロ

幼い時に両親をなくしたピーター・パーカーは、親類のベン・パーカーとメイ・パーカーに引き取られて育った。この善良な夫妻には子供がなく、ピーターをとてもよくかわいがった。

ピーターは成長し高校生になった。彼は裕福でないおじさんとおばさんのために、奨学金をもらおうとがんばって勉強し続けた。だが、そんなピーターのまじめな姿は周囲から浮いてクラスメイトからは、のけものにされがちだった。

そんなある日、ピーターはクモに放射線を放射する実験を見学した。そして、偶然そのクモにかまれてしまった。放射能で変異したクモの体液が血中に入り込んだためにピーターの身体は変異してしまう。やせっぽちでひ弱だった彼は突然クモのような能力を身につけた。

このすばらしいパワーに喜んだピーターは、覆面マスクマンになってプロレスに乱入し金稼ぎを始めた。無敵の強さを持つ「スパイダーマン」は注目を浴び、ピーターはすっかりのぼせ上がってしまう。

ピーターはある日、強盗の犯行現場にばったり出くわしたが自分には関係ないからとわざと犯行を見逃した。だがその強盗は、逃亡の途中で出くわしたベンおじさんを殺害してしまったのだ。

あの時強盗を止めていればベンおじさんは死ななかった。後悔と悲しみでいっぱいのピーターは、生前におじさんが言っていた「大いなる力には、大いなる責任がともなう」と言う言葉の意味を知った。そして、その強大な力を世の中のために役立てるために働くことを決心したのである。

ソー 

July 25 [Wed], 2007, 11:36
ソー

本名 ソー・オーディンサン
身長 193センチ 体重 290キロ
所属チーム アベンジャーズ

 北欧神話の父神オーディンの息子である雷神。絶対神オーディンと女神ヨルズの間に生まれた彼は、魔法のハンマー、ムジョルニアを与えられ有数の戦士に成長した。だがその力のために慢心することが多く、彼の精神を鍛える必要を感じたオーディンは、彼の記憶とパワーを奪い、脚の不自由な医師として地上に送った。弱者の苦しみを知りやめるものに救いの手を差し伸べることで、彼の成長を期待したのだ。

 こうして彼は、自分の正体に気づかないまま医師として暮らしていたが、あるとき旅行に行ったノルウェーで異星人に遭遇した。洞窟に逃げ込んだ彼がそこで見つけた杖は、かつて彼が手にしていた魔法のハンマーが変化した姿だった。本来の力を取り戻した彼は、異星人の侵略を撃退した。そして、スーパーヒーローとしてあくとの戦いを開始した。

 彼の成長を認めたオーディンの計らいで、ソーとしての記憶も取り戻した彼だったが、地球人への愛着から地球へ残留する事を決意する。アベンジャーズの一員として戦い続けた。

 彼の魔法のハンマーは、それを持つにふさわしい高潔な人物でなければどんなに力持ちでも持ち上げることが出来ない。また、ハンマーは、嵐を呼び、稲妻を操り、飛行能力も持っている。魔法のハンマーを持っている彼は、まさに宇宙最強のヒーローといえる。

ストーム 

July 24 [Tue], 2007, 13:04
ストーム

本名 オロロ・マンロー
身長 180センチ 体重 58キロ
所属チーム エックスメン

彼女の母は、ケニアの王族の生まれで、白髪と青い目を持ち、強力な魔術の使い手。彼女は母の特性をすべて受け継いでいる。ただし、彼女の能力はミュータント能力によるものである。

彼女の母は、アメリカ人の写真家と結婚してケニアを出て彼女を出産した。その後、エジプトのカイロに滞在していたが彼女が5歳の時に、中東戦争が起こり彼女の家に飛行機が墜落して両親は死んでしまった。彼女も家の下敷きになり長時間押し込められ,そのせいで閉所恐怖症になってしまう。

その後彼女は、カイロでスリをして生活していた。彼女はカイロでプロフェッサーXの財布をすろうとして失敗している。これが2人の初対面になった。

その後彼女は、徒歩でサハラ砂漠を渡り母の故国へ向かいこのときに、天候を操作できる能力を身につけた。彼女はカイロにたどり着き人々のために能力を使い、部族の女神としてあがめられた。

やがて、彼女のもとにプロフェッサーXが現れ彼女に力を貸してくれるように説得した。プロフェッサーXの熱意と理想に感動した彼女は新生エックスメンの一員となりストームと名乗った。

キャプテン アメリカ 

July 23 [Mon], 2007, 17:41
キャプテン・アメリカ

本名 スティーブ・ロジャース
身長188センチ 体重109キロ
主な所属チーム アベンジャーズ

 究極の肉体の持ち主で、あらゆる格闘技、戦略、戦術をマスターしている。手にしている盾は、決して破壊することが出来ない超合金で出来ている。

 「第2次世界大戦の生ける伝説」として知られるヒーロー
第2次世界大戦が始まる前に、ナチスの横暴を何とか阻止したいという理由で陸軍に志願するも、体格が貧弱なために不合格になってしまう。それでも、くじけない彼に陸軍上層部が「オペレーション・リバース」(超人的な肉体を持つ兵士を人工的に製造する計画)への参加を持ちかける。その申し出を承諾した彼は、「スーパーソルジャー血清」を投与された。その結果、彼は人類史上最高の肉体を手に入れた。その後、血清を発明したアースキン博士がナチスによって暗殺されてしまう。彼は、地球上で唯一の超人兵士となる。陸軍は彼をアメリカ軍の戦意向上に利用するために、「キャプテン・アメリカ」と言う名前とコスチュームを与え、連合軍の先頭に立って戦った。

 対戦終戦直後、彼は北極海で爆弾の爆発に巻き込まれ氷付けになってしまう。数十年後、アベンジャーズの潜水艦が彼を発見し、組成させた。現代によみがえった彼は、アベンジャーズの一員として新たな戦いを開始した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:captainamerika
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる