イベピン完成 

August 05 [Tue], 2008, 2:39



============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、新月・薫が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は新月・薫に、著作権は石川優雅に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================


あれだね……頼んでよかったよ。(ぐっ)






リアルタイムイベント、略してリアイベ 

June 22 [Sun], 2008, 18:24

何気に初参加なんだよね…。
リアイベやってる日曜っていうのは、いつもいつも背後が仕事だから;

でも、今日は夜勤なんだv

ちょっと寝不足の感が否めないけど、あとは最終ターンを残すのみ。

頑張るよ。(にこり

新アイコン完成w 

October 08 [Mon], 2007, 1:28

     


============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、新月・薫が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は新月・薫に、著作権は架神玲那に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================



左は考える、右は汗アイコンですw
いつもながら素晴らしい…!
しかも、新BU仕様なんですよね〜…かっこいいったらない!
次なに頼もう…?(*´д`)


へにょアイコン 

October 01 [Mon], 2007, 0:34


============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、新月・薫が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は新月・薫に、著作権は総裕に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================



…なんだってこんなものを。

や、だって黎慶(クレの恋人)のぷれいやーさんが見たいって言っただもん!

もんって…銀の僕には関係ないでしょう;

俺には関係あるもん〜( ̄^ ̄)

はぁ…(溜息)まあ、あなた意外に誤字脱字やら途中送信やら多いから、そのときにでも使いましょう。

Σそそそんなに多くないもん!

多いでしょう?(きっぱり
これ以上僕のイメージを崩さないように。

は、はい…(、、;





イグニッションカード。略してイグカ。 

September 17 [Mon], 2007, 1:01



============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、新月・薫が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は新月・薫に、著作権は架神玲那に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================



や…さすが架神絵師。いい仕事してくれたよ。仕事も早かったし。
ここまでイメージ通りに仕上げてくれるとはね。
今度背後の給料が入ったら、☆搾り取ってアイコン作って貰おう。(そんな




日常のひとコマ  ある朝の風景 

September 12 [Wed], 2007, 17:30
 彼の家は高台に向かう道筋の中程にある。
 白い壁が眩しい9階立てのマンション。そこの最上階の1室…いや、正確には2室を陣取って住んでいた。
 ひとつは自宅用、ひとつはアトリエ用。気分が乗るとアトリエに泊り込み、隣の自室に帰るのさえ面倒と、自室で寝ることは稀である。今日も今日とて、アトリエで夜を明かし、そして朝を迎えた。

 ちゅんちゅん
 
 彼の朝はキングサイズノベッドと鳥たちの声で始まる。周りはまだ薄暗がり。や、この部屋だけが暗いのだ。
 絵たちに日光は大敵と、窓という窓を黒く分厚いカーテンが覆っている。光を取り入れるようにという設計が台無しと言ってしまえばそれだけだが…。
 ともかくそれゆえに朝の訪れを告げるのは鳥たちだけとなる。だが、彼にはそれで十分だった。
「ん…」
 閉じていた口元から、僅かに吐息が漏れ、彼はけだるそうに起き上がる。まだ頭はぼーっとしているが、確実に目が覚めてしまった。
「…朝か」
 彼の眠りは浅い。何か少しでも物音、例えば蟲の羽音でも起きてしまうし、もちろん人の気配のあるところでは眠れない。だから睡眠時間も極端に短い。
 更に関係ないが、彼は偏食家である。嫌いなものは絶対食べないし、好きな素材でも美味しくなければそのままゴミ箱行き。
 驚くほど不健康極まりない生活だ。
 そのせいか、分からないが、肌は病的なほど白いし、腕も折れそうなくらい細いし、体重も平均をずっと下回っている。が、本人はさほど気にしていないようだ。
 人生細く長く生きるより、太く短く生きたほうがいいよ。いつかだったかそんなことをもらしていた。意外なようだが、これが彼の信条である。
 …まあ、これもどうでもいい余談だろう。
 彼はもそもそとベッドから抜け出した。すると、そこには彼の一纏わぬ姿が現れる。
 眠りの浅い彼は、当然肌さわりも敏感になる。とくに寝るときは服に張り付いてくるごわごわとした感触を嫌うため、寝るときは裸になる。これが1番楽らしい。
 彼はその黒髪を鬱陶しげに掻きあげると、そのままシャワー室へ直行した。
 目はまだうつろである。彼はいつものように、熱いシャワーを頭から浴びる。ここにきて、ようやく覚醒してきたようだ。
 いつものように髪を洗い、身体を洗い。彼のシャワーは30分ほど済んでしまう。
 そして風呂から上がると、洗い髪もそのままに真っ白なガウンを羽織った。
 向かうはリビング。ちなみにさっきま彼が寝ていたの入り口に程近い寝室というよりアトリエ。アトリエでベッドを運び込んだだけである。広い部屋なので場所には困らなかったからだ。人の気配を嫌う彼は入り口付近を寝室に選ぶはずはないが、生憎とここは地上よりもっとも遠く部屋数2つの最上階。つまり彼以外誰も住んでいないのだ。
 そしてリビングは入り口よりもっとも遠い位置、ベランダに面している。
 レ−スカーテンからキラキラと光が零れる。ベランダだから日当たりもいいい。朝の訪れをようやく視界でも実感する瞬間である。
 彼は冷蔵庫から取り出した牛乳をマグカップに注ぎ入れると、それを持ってベランダへ出た。
 寒くはない。むしろ風が心地よかった。だが、此処から見える景色は、あまり好きにはなれなかった。
「相変わらず無粋だな…。」
 立ち並ぶ家々。そこには彼が好きな四季折々の花もなければ自然もない。
 ふと、ここで彼は時間気にしだした。
 ここに時計たるものは存在しない。時間に縛られることを嫌う彼がおいていないからだ。唯一、刻を示すものといえば…。
「ああ、そういえば…携帯があったかな。」
 昨日脱ぎ散らかした服に入っているはず。またアトリエへと舞い戻ると、やはり服と一緒に携帯が転がっていた。
 時刻7時半を過ぎたところ。ちょっと散歩がらてに学校を遠回りするのにちょうどいい時間だ。
 ベランダ側では見えなかった景色が、実は反対側にはある。
「そろそろ見せばやが咲いてるかな。」
 薫はは少し楽しみに胸躍らせ、制服に身を通し始めた。

新バストアップ 

September 06 [Thu], 2007, 2:07


============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、新月・薫が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は新月・薫に、著作権は架神玲那に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================




カッコイイ…(*//) 何!?ロック版ですか!?ロックですか!

背後、興奮しすぎだよ。(笑

もう、イグカも頼んじゃおうぜ…!(ぐっ

まあ、☆くれるなら有難いけどね。(艶笑

(///)い、いくらでもあげちゃう!(ぁ


(こうして背後は更にアトリエに☆をつぎ込むのでした(チャンチャン

初・談話v 

September 05 [Wed], 2007, 0:57
(べたり/なんか題名を貼っつけてる

背後…?何だい、それ?

ん?みたまんま(・ω・)

ってか、最初の更新が談話って何?

んー…なんてっかさー。お前ら似すぎぎてるから、実際会話にすりゃあ分かりやすいかなーって

似すぎてるも何も、同じ人物設定なんだろう?

口調だって変わらないしさ。意味ないんじゃないかい?

Σや、でもさ!周りの環境によっても性格変わるし、年齢だって違うし、微妙ーに2人違うんだよ!

「微妙に」なんだ。(クス

ふぅん…どうでもいいけど、進めてくれる?

ん、んとね…(、、*) 呼び名決めよう、呼び名!ほら、同じ名前だし!

ああ、なるほどね。そういえばそうなんだよね。

君のところの世界、なんていうんだっけ?

『シルバーレイン』。略して銀雨かな。

ふぅん…じゃあ、『銀の』でいんじゃないかい?じゃなきゃ『銀』とか。

じゃあ、その理屈でいうと僕は…『クレの』って呼んだ方がいいかい?

好きに呼びなよ。こっちも好きに呼ぶからさ。

じゃあ、お言葉に甘えて。(にこり

壁】’’)

ん?どうしたんだい、背後?

何やってるんだい、中の人?

せっかく会話させてんのに、2人の違いがよくわかんない(´・ω・`)

だから意味ないって言ったのに…;

(クス)だったら、手っ取り早く違い見せ付けたらいいんじゃない?

だから、どうやって?

こうやって、さ…(抱きつき

Σなっ///ちょっ…離してくれる!?(←抱きつかれるの慣れてない子

嫌だと言ったら?(クス

銀×クレ!?銀クレなの…!?(キラキラ

そこ!喜んでないで止めナよ!

ヤダv(てへ

くっ…

味方いないねー…(クスクス

と、とにかく離して!(引き剥がし

ワォ、酷いなぁ…こんなに愛してるのに。

へぇ…君ってナルなのかい?

冗談だよ。それはツッコむ処だろう?

そーだよ。銀ちゃんはナルじゃないよ。タラシでテーソウナシなだけなんだよ!

…背後、それもどうかと思うんだけど?

だってそうだもん。ちなみにね、クレちゃんはツンデレだよ。(ぐっ

誰がツンデレだって?

へぇ…ツンデレなんだ?

うん!りぼーんでいうと銀ちゃんが骸で、クレちゃんがヒバリみたいな!

え…あの2人全然キャラ違う気がするんだけど。

ねぇ、人のこと無視しないでくれる?

キャラ付けしたの後になってからだから…;これから頑張って変わって☆(ヲイ

だから、人のこt

クレ。ちょっと君煩いよ。(口押さえ

ん〜(じたばた

で、僕達の最初のモデルは誰なんだい?

え…アンジェリークのセイラン様


え…それこそ全然違うじゃん(ハモッた

自己紹介 

September 04 [Tue], 2007, 3:59
紫苑…2人の薫を操るぷれいやー。銀雨では【背後】、クレでは【中の人】と呼ばれる。
  文字色:赤紫、ピンク
  年齢:企業秘密(ぇ
  呼び名:背後、中の人
  性格:BL好きな腐女子。
      積極性はあるが意外にチキン。
      負の感情とかに弱い。(食らうと猛烈に落ち込み
      基本的には友好的な元気っ子。


新月・薫(シルバーレイン)…有限会社トミーウォーカー運営のゲーム『シルバ^レイン』(略して銀雨)に生息中
  文字色:青紫、青
  年齢:17
  呼び名:銀の、銀
  性格:Sなバイでリバな人。
      クレのよりちょっと大人の余裕。
      天然タラシ。気にいりゃ誰でもいいのか。
      面白い子とか好き。
  生まれ:妾腹として生まれたが、本妻に息子がいなかった為に本宅へ引き取られる
       さまざまな才能を発揮され跡取りとして期待されたが、一方で侮蔑のまなざしも。
       酷い扱いを受け、彼らに復讐を誓う
       幼馴染みの少女の提案で許婚となる。互いを干渉しない契約を交わす。(14歳
       だが、本妻に息子ができた為、高校進学を期に家を出る。(15歳
       現在は1人暮らしし中。



新月薫(クレアール学園)…なりきり型オンライン学園コミュニティサイト『クレアール学園』に在学中
  文字色:青、明るい青
  呼び名:クレの、クレ
  性格:受け寄りリバ(誘い受けがいいのに
      S、ワガママ、ツンデレ? ちょっとプライド高し?
      実は変わった小動物(鳥とか亀とか)好き
      可愛いもの好き
  生まれ:愛人の子として誕生。
       父に男子がいなかった為に、母の病死をキッカケに引き取られる(3歳
       だが、本妻に息子ができた為に自ら家を出る(14歳
       現在は1人暮らし
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:新月 薫
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月24日
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像乙女野苑子
» 自己紹介 (2007年09月04日)
http://yaplog.jp/capriciousblue/index1_0.rdf