これから30年の東京の大震災可能性はなんと七割や致数十万人の死傷者が-物语網

May 05 [Sat], 2012, 15:20
3月12日午後には、11日に発生した日本東北地方の大地震で足止めされて东京羽田空港の大量の旅客並んでいる最新の便の状況を見守っている。今日撮影し話題になった社发

中新ネット4月11日(水曜日)、シンガポールの「聯合早報」が11日報じたところによると、一つの予測結果によると、日本の首都・东京の強震が発生したら7 %が原因で1万人余りが死亡し、数十万人が負傷し、近くのマンション百万栋させざるを得なかったし、数百万の市民が駄目になる強襲、全国の5分の1の経済コピーブランド
成果を吹き飞ばした。

ただこの数字は予想できないが、一人の災難の専門家の指摘によると、今後30年間、东京発生7 . 3級の大地震が発生した可能性が70 %に上る。

数十年ぶりに東京都心マリア・デ・コーラル氏が積極的な防災を制定し、厳格な建物であり、耐震規制には世界トップレベルだが、彼らが行って地震の破壊を最小化しなければならない。でも、3月11日に起きた9の強震と大津波日本东北地方に遭遇した後、未曾有の一色という疑問が提起されて,既存の防災システムかどうか東京足りました。

今回の地震の震源東京距離は約300 kmに遭遇する東北のような惨状にもかかわらず、一部の苦い味が予想されている、交通が途絶え、通信に支障が生じれば、電気供不足、商店での必需品ホットミルクパンを掃されたまま空いている。このため、専門家たちは东京当局を全面的に再検討する必要がある」とし、全体の対策を設けて、核災害として指定計画で、彼らは、なんか、—福岛に東京の原発、事故が発生して備えなければならないであろうと、みんなにきちんと企画。

東京大学防災研究所の加藤ヒョミョン)教授は、「东京に断られ、さらに強い地震に、大一色だった可能性もある。たとえ7 . 3級、既存の准备をしても足りない」と話した。

加藤ヒョミョンも政府防災計画諮問団のメンバーだ。同氏によると、改正の政策を展開しなければならない。たとえ、強化の耐震設計が発生して8の強震で、当局も能力があっても軽減破壊と混乱のレベルに達している。

记事によると、今、東京と周辺地域の総人口は3500万人、経済全体の3分スーパーコピーブランド
の1を口にすれば、7 . 3級の地震だけで、大東京に耐え切れない。

公式報告書によると、7 . 3级地震に東京は、1万1000人が死亡し、21万人が怪我をし、700万人が避難せざるを得なかった経済的な損失を予想しているは3月11日の地震のものと推定される損失の3倍に達する。

はもう一つの問題は、東京の原発が接近すれば日本中部の电力会社(chubuシアトルマイナーズpower)の原発(hamaoka滨多冈)で発生した核危機、东京当局に備えなければならない。

加藤孝おもわず言外に、当局がされていない、一セットの計画を受け、対応する东京の放射能汚染の状況だ。東京大地震から、政府を仮定して運営も、大きな問題であり、日本の菅直人韓国政府の顧問を見出さなければならないので、と提案した。日本で他の地域の設立を影内閣。


http://yaplog.jp/copyshop-iv/archive/20
http://yaplog.jp/copyshop-iv/archive/21
http://yaplog.jp/jpbrandkopi/archive/21
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cantimso/index1_0.rdf