時間がない時は彩湖♪

October 14 [Wed], 2015, 16:57

せっかくの休みなのに。午前中は用事で潰れてしまい、時間が中途半端に・・・
こんな時はすぐいけるローディーの地元聖地の彩湖です。


ここに来たら例によってグルグル練になるんですがw ローラートレーニングのアウトドア板みたいなこの練習が嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで(笑)

ですから単調にならないように変化をつけます。本当は山方面にヒルクラに行きたかったので、山に行ったつもりで平地の山練です。アウタートップで坂を上るペダリングでごりごり漕ぎます。これが想像以上にキツイことキツイこと・・・






ごりごりやった後は疲労回復に猫チャージですw
猫はほんと癒されるなぁwww


ってかここのノラどもは本当に人に慣れすぎ(笑)

帰りに自転車屋に寄りました。というのもリアの変則が渋くて、乗ってる方みなさんわかると思いますが、変速が決まらないことほどストレスはありませんよね。彩湖周回していた時もストレスでストレスで我慢も限界に。

この自転車自体が中古ですから、チェーンも中古なわけで、リアディレーラーの調整、それからチェーンも新調することにし、それならついでだからと・・・・


禁断の乙女ギア(30t)をインストール・・・・(滝汗)

数々の激坂(先週の子の権現とか)をこれまで27tでやりすごしてまいりましたが・・・や、やっぱり・・・
ら、楽したい・・・(笑)

これのインプレッションは来週ヒルクライムでもしたときに改めてw

秋桜が綺麗でした♪

October 10 [Sat], 2015, 16:32
昼休みにSingle speed FELTで近所をポタポタ。



これが咲いてるんですよ。
桜って寒暖差で「春が来た」と錯覚し花が開くみたいですね〜。


途中のセブンでシナモンロール&コーヒーをおやつにGET。
シナモンロールはちょっと温めるとより美味しいですよね。




途中のミニ植物園にて秋桜が咲き誇ってます。
土曜日ということもあり、立ち寄って写真を撮られてる方が多かったですねぇ。


このポタリングコースはいつも走る自分のランニングコースなんですけども(笑)

でもランニングで息が上がりながら見る感じる景色と、ゆる〜く自転車でポタリングしながら味わうそれとは別モノ、新鮮なんですよね、なぜか。

っていうか、シングルギアのバイクはやっぱり楽しいです〜♪



子の権現南口

October 07 [Wed], 2015, 18:07
今日は台風の影響で風が強烈でした。しかも今シーズン初の寒さ、、、
こういうコンディションの時って、ロードバイク堪えるんですが、でも自分は平日のこの日しか乗れないのでw 冬場の予行演習だと思って出撃します(笑)

今週も先週に引き続きの名栗路で、恐怖の激坂子の権現(南口)に挑みます♪


この分岐点は先週も来ています(笑)そう。左側の竹寺方面(仁田山峠)からここへ下ってきたわけです。


今週はこっちへ行き(登り)ます。

ここから子の権現まではおよそ4km。
ここまでも登りますが大したことありません、ゆるゆると登るかんじで10%を超える登りはなし。

この分岐点から鬱蒼とした林道の中の行くことになり、脇には小川のせせらぎがあり涼やかでいいかんじです。

この分岐から1kmほどはゆるゆるで、1km過ぎたあたりから徐々に勾配の牙を剥きます。

10%超、13〜4%の登りが頻発するんで脚を削られます。しかしここで力を使うと、子の権現の激震部を登頂できなくなるので、軽いギアとか回復重視のダンシングでできるだけ温存するようにしてください。

そして、いよいよここに到着。



本領発揮の残り1.5km地点です。

(※ごめんなさい。今回は事情によりこちらに降りなかったので途中写真無しですw 鬼勾配の画像は他サイトをご参照ください。たとえば有名なマッキータウンぶろぐとか。)

子の権現「南口」1.5kmを三つのパートに分けるとすると・・・

・1.5km地点からの500M⇒ きつい登り(斜度15%弱)だがシッティング中心で温存すべし

・500Mから残り300Mの看板まで⇒ かなりキツイ登り(20%手前、和田峠の最大区間ぐらいの斜度)だがワインディング部で緩むので水飲むなり息入れられる。ラストに備えて温存すべし。

残り300Mのプレートからラスト⇒ 路面がアスファルトからスリット入りのコンクリートに変わります。変わったところから20%超えてると思ってください。坂を見上げると心が折れて足付きたくなるので極力ハンドル部と登ることだけに集中してください。ワインディングは1つだけ。斜度は28〜30%はあります。尋常じゃありません。ダンシングでタイヤが若干すべりますが、極力重心を低くして体を起こさずにダンシングするのがポイントで、体を起こそうとすると、たぶん自転車ごとひっくり返ると思われます(笑)

ワインディング部を大外回りで登れば若干傾斜が緩むので、あとは最後の直線の登りをひたすらシッティングでいきます。ただここまでで相当に体力も根気も使っていますが、傾斜が緩んだといっても軽く15%は超えてるふつうに激坂レベルなので集中は切らさずにラストスパートです。


ゴオオオオォォォォォォォル!!!!!!

いやぁ〜なんとか足付きなしで登り切ることに成功しました。先週の東都飯能CC坂に続き相当に辛かったですw


この日は小学生の遠足かな?団体が来ていましたね。登山客もけっこういました。

その小学生の集団や登山客に「こんなところ自転車で登ってきたのか?」などと、あきれ顔で声をけっこうかけられましたw いやぁ〜我ながらもそう思いますね(笑)

せっかくきたので子の権現寺院によってみましょう♪
ボロボロだったビンディングのクリートを新調したばかり。クリートを削りたくなかったのでちゃんとカバーをつけて寺院内へ向かいます。


仁王像がお出迎え〜♪


金の草鞋です。こんな山奥にある寺院に大昔は草鞋でみな登ってきました。
この草鞋に象徴されるように、ここは脚・健脚にご利益があります〜。


夫婦下駄です。夫婦円満のご利益があります。


ちゃんとお祈りしてまいりました。



子の権現北口の登り口に出たところ。こちらは皆野方面でこの山々はおそらく奥武蔵グリーンラインの尾根道を形成する山々でしょう。

この北口をいったん下って県道395号との合流部までいき、合流したら今度は名栗方面へ向けて山を登り返します。

この下りが、逆をいえばこの北口の登りが、南に負けないかなりの激坂で、自分が登ってきた南口のラストのような激烈な斜度はないですが、でもこの3kmの登りの残り2kmまでが10数%と登りで、ラスト1kmは和田峠の激震部ぐらの斜度のがずっと続くというかなりとんでもないことになっていますw

子の権現は南に劣らず北からの登りもヤバいですね。こんどこちらも挑戦しますw



子の権現南口は県道との合流部を3kmほど下りこちらに出ます。

下の画像の方面を行くと、天目指峠(あまめざすとうげ)をパスして先週来た名栗湖へ向かう県道53号と合流します。



天目指峠に到着です。ここは名栗側、皆野側のどちらから登っても大したことはないですね。ただ、子の権現を登ったダメージが残ってますから、激坂ではなくとも、もう普通に登り自体が辛いですw

そして県道50号をぐいぐい下って、次はこちら。


はい。ラストパスの山王峠を登りますw

名栗側からは、県道50号から交差点を峠へ向かう路に折れてすぐに登ります。はい直登ですw
距離にして1.5〜2km弱ぐらいのまっすぐな登り。山頂部前後は10%ぐらいあるのかな?
脚にダメージ蓄積してるので、もう斜度関係なく登りという登りはすべて辛いですがww


こんなふうに登頂部からは奈落に落ちるような感じで(笑)
ここはイメージとしては大東文化大の坂(物見山)に似ている。


はい。最後の峠の山王峠です。

ここから成木側に降りて、再びまた飯能方面に登り返し、帰路につきました。山王峠は成木から登った方が距離が長い分きついかもしれないですね。

帰りも川越回りで帰ったので、飯能の登り、宮沢湖周辺の登りを行きと帰りで登坂して、本当に今日は登り満載でした。今度は東都飯能CC坂と子の権現をセットでやるか、久しぶりの成木峠(ロードではもちろん初めて)を登ろうかな。

今の季節の名栗路は最高です☆彡

秋晴れが気持ちいい♪

October 03 [Sat], 2015, 16:33

昼休みに見沼用水縁をポタリング。


シングルギアLOVE


でもフロントダブル(手動w)みたいな(笑)

今からいっしょに これからいっしょに 名栗に行こうか♪B

September 30 [Wed], 2015, 20:28
Aからの続き

名栗湖(有馬ダム)から県道53号に戻り、秩父方面に向かうとすぐに林道原市場名栗線へ向かう道との合流地点に出ます。


こちらが名栗側の起点になりますね。そうです。仁田山峠を目指すスタート地点になります。

ただ、ここで注意点があって「ここが仁田山峠です」的なモニュメントが存在しないので、どこか仁田山峠なのかわからないということです(爆)

この林道原市場名栗線自体がいわば尾根伝いを走る林道で上がったり下がったりを繰り返しながら、いつの間にかピークを過ぎてしまっているという塩梅です。ですので、どうしても峠と思われる場所を見つけたい方は、他ブログをご参照ください。

さて、ここから登り始めますが、この道は登り始めがいちばんきついです。2kmあたりぐらいまで10%過ぎの登坂が続きます。


一度、ワインディング部を折れてからこちらに出ます。ここいらは道も非常によく(ここいらだけw ほかは全般的に基本的に荒れ気味注意です)、春になると桜の名所らしいです。



見晴らしがないなぁ〜と思いながら3kmほどいくと尾根部に出るんでしょうね。このように眼下に名栗の山々が望める道をしばらく行きます。ここいらは登ったと思ったら下り、そしてまた登って下る・・・この繰り返しです。グリーンラインなんかもそうですが、尾根道の特徴ですよね。斜度は序盤のに比べれば大したことはありません。

ただ、落石したかと思われる石が散乱しているし、クレーチングの点在も厄介なのでくれぐれも下りでスピードをつけぬように慎重に行った方がよいかと思われます。


4kmほど行くといつのまにかピークを越えて下り基調となり、竹寺へ行く林道との合流地点に来ます。全長はおよそ5kmですね。物足りない人は、竹寺への登りもかなりエキサイティングらしいのでぜひ寄り道してください(笑)


竹寺に行かずに下ると、魔の子の権現へ向かう分岐点に来ます。自分はもう今回はやめておきますww

そのまま下って小瀬戸の交差点から行きに来た県道70号に再合流し、帰路につきましたとさ。走りごたえのある145kmでした♪
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒ホッピー
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2015年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる