医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁されています。

February 11 [Thu], 2016, 20:54
私は某難病です。
他医療機関の内科医がステロイド、免疫抑制剤は金の成る木だから
いまだこの多様注意要する副作用ある治療法なままな現状が
おかしいと、伝えました。


うちの主治医が聞いたらどう思うでしょうか。そう言われた事を話したら。


米国では、日本が禁じたままの
副作用心配は殆ど無く致死量もない安全性かなり高い豊富なカンナビノイド成分により、私より重度域で予後不良伝えられた若い女性が、



ステロイドも免疫抑制剤も服用せず寛解完治し、禁じられた出産もしています。


某ステロイドのある量、某免疫抑制剤は
妊娠してはならない副作用がある。
数年前まで出産は可能だと医師から伝えられていた( しかし大学病院のみで )


若い女性には日本が禁じた、精神作用はない豊富なTHCAでこの難病は
ステロイド、免疫抑制剤かなり
量少なくて済むか、ゼロ可能かも
しれないのです。


厚労省の天下り先は製薬関係があまりに多く
減らすよう禁じられていた。


製薬関係先と、厚労省が癒着強いなら


取り締まり法を悪用し、日本が
禁じたカンナビノイド成分は


医療用解禁阻止する側は居る可能性。


化学治療法無効となり、または化学治療副作用により危篤な状態になった患者から


副作用殆どなく安全性高く、
難治レベルを寛解完治させた
高THA、精神作用はない豊富なTHCAを


取り上げた厚労省は大罪を犯しているのです。


欧米、カナダ、オーストラリアは医療大麻解禁。日本にもその波来て


未来解禁。取り締まり法により長く禁じさせた厚労省職員とその身内の難治レベル病の治療法とされ
助かり


現在、在すぐ必要な、末期患者( 海外では
化学治療法無効となったり、副作用で命危険となった患者に寛解完治を与えている子供から。


開業医スレで、医療大麻が完治与え延命与えるなら失敗した大人には不要な治療だとレスあり。開業医がレスしたなら


完治すぐ与えれば、患者減り
利益は医師にも薬局にも入らない。


ここ数年、わたしは薬漬けです。
昨年までは


副作用治療薬から、また副作用発生し、その治療薬がまた必要で
予後早め不良となる薬だったり。


予防医学で患者ぐんと減れば
ビジネスとしての医療製薬利益ターゲットは
患者になった難病、癌、成人病患者。


医療製薬のビジネス利益のターゲットとされている。
多様な副作用与える薬は利益が
入り。ステロイドなどは金の成る木。売る側からは。


患者が良くなれば製薬利益は減るから副作用ある薬その副作用治療法は、利益入る。


患者は副作用で、まだ若いのに心身体の障害と早め予後不良。


鎮痛剤など致死量もあり、予後不良副作用あり。
致死量ある薬は溜め込み自殺用として裏売買リスクもある。


医療大麻は致死量もないのです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:medical cannabis
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cannamedical/index1_0.rdf