崎陽軒伝授のシュウマイ はなまるマーケット 料理レシピ

January 21 [Fri], 2011, 15:45
スポンサードリンク



シュウマイの年間購入額が横浜市がぶっちぎりのナンバーワン。横浜のシュウマイといえば崎陽軒が有名。そこでTBS「はなまるマーケット」では、崎陽軒など横浜のシュウマイが紹介されました。
崎陽軒の総料理長阿部義昭さんによる、家庭で簡単にできるシュウマイレシピが紹介。

◆崎陽軒伝授のシュウマイ レシピ

<材料>(24個分)
豚ひき肉・・・300g
タマネギ・・・1/2個
片栗粉・・・大さじ1
塩・・・小さじ1
オイスターソース・・・小さじ1
しょう油・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ1
ゴマ油・・・少々
コショウ・・・少々
干しシイタケ・・・3〜4枚
片栗粉・・・大さじ1と1/2
シュウマイの皮・・・24枚

<作り方>
1.タマネギのみじん切りに、片栗粉(大さじ1)をまぶす。
2.豚ひき肉に塩をふり、叩くように混ぜ合わせて粘りと中の空気を抜く。
3. オイスターソース、しょう油、砂糖、ゴマ油、コショウを加え、合わせ調味料を作り、 お肉に加えて下味をつける。
4.そこにみじん切りにした干しシイタケを加え混ぜてからタマネギのみじん切りを加えてさらに混ぜ、 仕上げに2度目の片栗粉(大さじ1と1/2)を入れて混ぜ合わせる。冷蔵庫に1〜2時間寝かせる。
5. 皮に包むのに割り箸を使う。割り箸の太い部分で具材を皮にのせたら、具材の中央に割り箸の太い部分を立ててひっくり返す。手で握って形を整えて、さらにひっくり返してタネから割り箸を抜き、上から押す。裏にくぼみをつけて形を整えたら完成。
6.あとは家庭にある蒸し器を使って約10分蒸せば出来上がり。

<ポイント>
・豚肉は、粗びきがオススメ。食感や豚の香りが楽しめる。
・タマネギは旨みを閉じ込めるため片栗粉をまぶす。
・豚肉は、ボウルに叩きつけて粘りをつける。食感がUP。
・冷蔵庫に1〜2時間寝かせることで味がなじみ、美味しくなる。
 また、寝かせることで肉がしまり包みやすくなる。

<包みかたのポイント>
割り箸を使うことで、簡単に包めるとのこと。
見た目はコツがいるようにもみえましたが、薬丸さんもすぐにできたので誰でもできるとのこと。

結婚式の披露宴などで使われる崎陽軒名物「ジャンボシウマイ」も紹介。
このジャンボシウマイ、中には普通サイズのシウマイがいっぱい入っているんですね。
今回紹介の崎陽軒伝授のシュウマイには、味の秘訣といわれる干しホタテ貝柱はなかったですね。

スポンサードリンク
  • URL:http://yaplog.jp/cank/archive/297
スポンサードリンク




ブログ内検索

 ・ プライバシーポリシー