考え事 

August 03 [Thu], 2006, 5:26

ここのトコロ何もない平和な毎日が続いておりますo
刺激がなくてちょっと物足りないような気がしますが、きっとコレを幸せっていうんだろうなぁ・・・なんて思ってみたりo

If you want white,I'll look for black.
君が白を求めるなら…僕は黒を探そう。


どういう意味なのか知りたくなったo
聞いても良いのか悪いのか・・・o

時々、人の思考回路を覗いてみたくなるo
どんな考えをしててどんなコトを思っているのか知りたくなる(´・ω・`)

アタシは自分に嘘を吐き過ぎたo
あの人にもそれを指摘されたo

『お前はそうやって自分にも嘘吐いてるから人のコトとか俺のコトも信じられへんのとちゃうん?俺が本音見せても信じられへんのはお前が自分自身に嘘吐いてるからと違うの?』

確かに間違いないo
だけどそれを言われた時、すごくショックだったのを覚えてるo
きっと傷付いてる自分とか、自分を犠牲にして相手を想ってるというシチュエーションに酔っていたかっただけなのかなo
会いたい時に合いたいと言えないo
声が聞きたい時に声が聞きたいと言えないo
寂しくて構って欲しい時でも寂しいと言えないo

言わなくても気付いて欲しかったんだもんo

だけどそれは思ってる程、簡単なコトじゃないって気が付きましたo
アタシは少し、勘違いしてたみたいo

『お前は自分に嘘吐いてるから人のコト信じられへんのとちゃうの?俺が本音見せてもお前は信じようとせんやん。どんだけ俺も傷付いたかわかってるん?』

わかってなかったo
傷付いてるのは自分だけだと思ってたo
可哀想な自分に酔っていたに違いないo

それをあの人は教えてくれましたo
アタシの優しさは間違った優しさだったというコトo

今ならきっと言えるのにな・・・o
『会いたいよ』

すきなひと 

July 29 [Sat], 2006, 23:11
あの人はきっと世界で一番素敵な人ですo
アタシがこの世で一番好きな人(yωy*)

あの人みたいな人間に憧れるo

大きな手o
白くてキレイな指先o
一見冷たそうだけど実は温かい目o

アタシを包んでくれるあの人はとても温かかいo

頬に、そしてくちびるに触れるあの人のくちびるo
頬に触れるあの人の指先o
細くてキレイな指先がアタシをなぞるo

『こんな表情でアタシを抱いてくれるんだ…』

その瞬間、アタシはとても幸せですo
細くてキレイな指先も突き刺すようなその目も少しだけ俺様なその性格も、

全部全部、大好きですo

ドアが閉まる音が嫌いo
さっきまであの人がいた部屋に取り残されるo
部屋にはあの人の匂いだけが残っててo

・・・切なくなるo

あの人は何も知らないアタシに良いコトも悪いコトも教えてくれたo
意識があの人を欲しがるo
カラダもあの人を欲しがるo

いつの間にか全てがあの人以外じゃダメになってしまったo
あの人以外じゃ満たされなくなってしまったo

アタシに跨るあの人が愛しくて愛しくてしょうがないo
そのキレイな手でアタシの首に手をかけるo

愛しくて愛しくて堪らないo

あの人にそっと手を伸ばすo
握り返してくれるあの人の手が温かいo

あの人以外、考えられなくなってしまったo

色々なあの人の表情o
全部全部見たいから瞬きするのも惜しくなるo
・・・アタシばっかりo
こんなに愛しくて愛しくてしょうがないのはアタシだけo

『俺のコト好きで好きで仕方ないんやろ?』

・・・o
・・・悔しいけど好きo

好きなままで長くo
好きなままで長くいれたらいいなo

右手にペンを、くちびるには歌をo 

July 20 [Thu], 2006, 2:13
小学校の卒業式、担任の先生が生徒一人一人に対しての"言葉"でアタシの時の"言葉"はこうでしたo
『いつも右手にペンを、そしてくちびるには歌を…見ていて人を和ませるような子』
みんなにドッと笑われた記憶がありますo
それだけ聞いても、ただのバカっぽい人みたいじゃん!!
そういう風にみんなにも思われたのかなぁ?って(´・ω・`)
だけど続けて話す先生の話を聞いてアタシは思わず照れ臭くなたっけo
絵を描くのが好きでしたo
授業中もノート写しの合間を見ては教科書やノートの隅っこに絵を描いていたコト、先生はちゃんと見てたみたいですo
アタシの絵は解り易いo
その時の気分やその時考えてるコトや見てるモノなどが鮮明に解るo
色使いやペンのタッチの仕方が解り易過ぎるからo
そしてアタシは常に唄っていましたo
その歌も絵と同じo
『人に指を指されて笑われようが罵られようがお前は間違ってない。だからその"真っ直ぐ見つめる目とココロ"をいつまで経っても忘れるな!』
あれから結構時間も流れて今、本当疑問に思うo
『本当にこんなのでいいの?』
だけどそんな時、
『そういう真っ直ぐな性格、アタシは好きやで!』
って言ってくれる人が居たo
アタシを理解してくれる人が居たo

それがとっても嬉しかったんです(yωy*)

『いつも右手にペンを、くちびるには歌を』
このまま真っ直ぐに見つめる目とココロを忘れずに居られたらいいな…o

それが現在、アタシのモットーです(*´∀`*)
P R
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:candypop0283
読者になる
Yapme!一覧
読者になる